ダイハツ ウェイクの内装画像レビュー【マイチェンの変更点とは?】

ウェイク画像00002

ダイハツのウルトラハイト系ワゴンのウェイク(WAKE)が
2016年5月にマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

今回のマイナーチェンジでは、不評だったフロントグリルがメッキ調の
デザインに変更され、高級感・上質感ある感じに…。

このように外装・エクステリアのデザインの変更が注目を集めている
マイナーチェンジをしたウェイク(WAKE)ですが、内装・インテリアの
デザインも良くなっていました。

そんなウェイク(WAKE)の内装・インテリアのデザインの写真を撮ってきたので、
徹底的にレビューをしたいと思います。

※2016年7月1日の記事です。

Chapter
新型ウェイクの内装画像インプレ:インパネについて
センタークラスター部分に注目
収納スペースの多さに感動
新型ウェイクの内装画像インプレ:シートについて
後部座席は前後にスライドする事が可能

新型ウェイクの内装画像インプレ:インパネについて

今回マイナーチェンジをして新発売されたウェイク(WAKE)の内装・インパネは、
このようなデザインになっています。

ブラックが基調になっていて、オシャレなデザインになっていますよね。
ルーフもブラックカラーになっており、シックな雰囲気の内装・インテリアに
なっていました。

また、今回私が見たウェイク(WAKE)のモデルは最上位グレードの
“GターボSAⅡ”だったのですが、カーナビが設置される部分のオーディオ
クラスターや中央部分の送風口がシルバー加飾されています。

ブラックが多用されているこのウェイク(WAKE)の内装・インテリアで
このシルバーの加飾がワンポイントになっていて、なかなか良い
デザインだと思いました。

センタークラスター部分に注目

また、今回マイナーチェンジをしたウェイク(WAKE)の
内装・インテリアを見て驚いたのが、シフトレバーやエアコンの
コントローラーが装備されているセンタークラスター部分。

先代モデルでは、このセンタークラスター部分はちょっとシンプルな
シルバーのプラスチック素材を使用したデザインになっていました。
なので、少し安っぽい感じが…。

しかし、今回マイナーチェンジをして新発売されたウェイク(WAKE)は、
このように高級感のあるピアノブラックに変更。

個人的にはセンタークラスター部分の周りをシルバーやメッキで
加飾してくれたら尚良かったのですが、先代モデルと比較して
高級感のあるデザインになっているのは、好印象でした。

<次のページに続く>
次ページ
収納スペースの多さに感動

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ