ダイハツ ウェイクの内装・インパネ比較【ウェイクシリーズとの3つの違いとは?】

ウェイク画像00004

ダイハツからウルトラハイト系ワゴンのウェイク(WAKE)が
マイナーチェンジをして、2016年5月に新発売されましたね。

今回のマイナーチェンジでフロントグリルにメッキを採用するなど、
高級感・上質感のあるデザインに変更。また、内装・インテリアも
若干デザインに変更がありました。

そんなウェイク(WAKE)の内装・インパネの3つの変更点を先代モデルと
比較しながら紹介したいと思います。

※2016年7月5日の記事です。

Chapter
ウェイクのインパネ画像レビュー:先代モデルと比較
違い1:センタークラスター部分のデザイン
違い2:大型インパネトレイ
違い3:オーディオクラスラーのデザイン

ウェイクのインパネ画像レビュー:先代モデルと比較

今回マイナーチェンジをしたダイハツ ウェイク(WAKE)の内装・インパネは、
このようなデザインになっています。

一方、こちらはマイナーチェンジ前の内装・インパネ。

センターメーターを採用している点やブラックが基調になっている点など
基本的なデザインは、同じになっています。

しかし、細かい点を見ると今回マイナーチェンジをしたウェイク(WAKE)と
先代モデルでは、若干の違いがありました。

違い1:センタークラスター部分のデザイン

今回マイナーチェンジをしたウェイク(WAKE)と先代モデルのインパネを
比較していて、スグに気が付く違いの一つがシフトレバーなどがある
センタークラスター部分のデザイン。

先代モデルは、このようにシルバーのプラスチック素材を採用しておりました。

しかし、今回マイナーチェンジをして新発売されたダイハツ ウェイク(WAKE)の
センタークラスター部分は、ツヤツヤとしたデザインが特徴のピアノブラック調の
パネルを採用。

このように見比べると、センタークラスター部分の高級感や印象が
全く異なりますよね。

個人的にはより高級感がアップしたピアノブラック調のパネルを使用した
マイナーチェンジ後のデザインの方が圧倒的に良いと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
違い2:大型インパネトレイ

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ