イグニスの内装の画像、インパネのアクセントカラーに注目!

スズキ イグニス 2016

イグニス(IGNIS)は、ハスラー(Hustler)のように街乗りだけでは無く、カンタンなオフロードにも対応できる小型クロスオーバー車。16インチの大径タイヤを装備しており、ちょっとした悪路ならスイスイと乗り越えていってくれそうな感じがしました。そんなイグニス(IGNIS)ですが、外装・エクステリアはちょっとレトロなデザインになっていますが、内装・インテリアもかなりポップなデザインに・・・。特に最上位グレードのハイブリッドMZはオレンジの加飾がオシャレでクルマを運転するのが楽しくなるようなデザインに・・・。そんなイグニスの内装・インテリアの様子を東京モーターショー2015、そして、東京オートサロン2016で取ってきたので紹介します。

2016/7/28

Chapter
イグニスの内装画像インプレ1:全体の様子
イグニスの内装画像インプレ2:ハンドルの様子
イグニスの内装画像インプレ3:センタークラスター
イグニスの内装画像インプレ4:センターコンソール
イグニスのコンソールで残念だったのは・・・
実際にイグニスのインパネを見て・・・

イグニスの内装画像インプレ1:全体の様子

イグニス(IGNIS)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

私が見たイグニス(IGNIS)はボディカラーがはフレイムオレンジパールメタリックだったので、内装色にもオレンジが施されているデザインに・・・。このオレンジがワンポイントになっていて、ポップな内装・インテリアになっている印象を持ちました。一方、東京モーターショー2015で見たネオンブルーメタリックの内装・インテリアはこのようにシャンパンゴールド風の色がワンポイントに・・・。

室内の華やかさ・ハデさ最上位グレードのオレンジカラーに劣りますが、上質感のあるシャンパンゴールドがアクセントカラーになっているのもなかなか良いと思いました。

ドア内側パネルにも注目

また、イグニス(IGNIS)の内装で注目なのは、ドアの内側パネルのデザイン。イグニス(IGNIS)のドア内側パネルは、このようなデザインを採用。

ドアノブの部分がボディカラーと同色のオレンジメタリックを採用。ベースカラーがホワイトなので、オレンジが映えて見えますよね。このドアの内側パネルのオシャレで良いと思いました。

イグニスの内装画像インプレ2:ハンドルの様子

イグニス(IGNIS)のハンドル・ステイアリングホイールは、このようなデザイン。

私が見たのはイグニス(IGNIS)の最上位グレードの“ハイブリッドMZ”だったので、本革巻きのステアリングホイールを採用。また、最上位グレードは機能面でも十分。ハンドルの左右の付け根にはこのようにパドルシフトを装備。

また、ハンドルの右側にはクルーズコントロールも標準装備。

コンパクトカーとしては、十分な機能を装備していると思いました。

<次のページに続く>
次ページ
イグニスの内装画像インプレ3:センタークラスター