イグニスの荷室サイズはどう?【スズキのSUV車と比べて広さを検証】

スズキ イグニス 2016

東京オートサロン2016や東京モーターショー2015で実際に見たのですが、SUVと名乗っているだけあって荷室・ラゲッジスペースはこのサイズにしては広め!使い勝手も良いように感じました。そんな使い勝手が良さそうなイグニス(Ignis)の荷室サイズをディーラーさんに教えてもらったので、紹介したいと思います。また、同じスズキから発売さているSUVエスクードやハスラーとどれくら荷室サイズが異なるのか比較してました。

2016/01/25

Chapter
イグニスの荷室サイズを確認してきた
ケース1:後部座席使用&最後端時の荷室サイズ
ケース2:後部座席使用&最前端時の荷室サイズ
ケース3:後部座席格納時の荷室サイズ
エスクード・ハスラーの荷室サイズと比べてみると・・・
ケース1:新型エスクードの荷室
ケース2:ハスラーの荷室と比較

イグニスの荷室サイズを確認してきた

イグニス(Ignis)の中間グレードの”ハイブリッドMX”、そして、上位グレード”ハイブリッドMZ”では後部座席スライド機能が装備されており、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整することが可能です。

また、後部座席を格納して広い荷室・ラゲッジスペースにする事も可能です。そして、それぞれのアレンジをした時の荷室サイズはこのようになっています。

ケース1:後部座席使用&最後端時の荷室サイズ

後部座席を一番後ろにした時のイグニス(Ignis)の荷室・ラゲッジスペースは、このようになっています。

そして、荷室サイズはこのようになっています。

■後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室サイズ
荷室高:  725mm
荷室幅:1,160mm
奥行き:  430mm

後部座席を一番後ろにスライドした状態でも荷室・ラゲッジスペースの奥行きは430mmの広さを確保。ディーラーさんに話を聞いたところによると、イグニス(Ignis)の後部座席を一番後ろにした状態でも10kgのみかん箱(100サイズダンボール)をスッポリと積み込めるだけの収納力を備えているそうです。

後部座席を一番後ろにさいた状態でもこの荷室・ラゲッジスペース量を確保しているのは、小型サイズながらサスガSUV車と思いました。

<次のページに続く>
次ページ
ケース2:後部座席使用&最前端時の荷室サイズ