イグニスの後部座席。スライド&リクライニング等を画像で確認!

コンパクトカーサイズの小型SUVイグニス。最近街乗りでも活躍できるコンパクトSUVがトレンドになっていますが、スズキイグニス(IGNIS)は、ありそうでなかった1.2リットルサイズの小型SUVと言う事で発売前から大注目。売れ行きもなかなか好調で納期・納車待ちも長くなっているようです。そんなイグニス(IGNIS)の内装・インテリアで注目なのは後部座席。小さなボディサイズには軽自動車のノウハウを活かしたデザインになっており、使い勝手はかなり良いように感じました。普通乗用車では珍しいスライド機能など使い勝手が良いこの新型イグニス(IGNIS)の後部座席・リヤシートを徹底的にレビューしていきたいと思います。

2016/7/28

Chapter
イグニスの後部座席レビュー1:シートデザイン
イグニスの後部座席レビュー2:スライド機能
イグニスの後部座席レビュー3:リクライニング機能
スズキ イグニス 2016

イグニスの後部座席レビュー1:シートデザイン

イグニス(IGNIS)の後席はこのようなデザインになっています。

スズキ イグニス 2016

一応この新型モデルの後部座席は3人掛けになっていますが、
新型イグニス(IGNIS)は横幅がちょっと狭い感じが・・・。

スズキ イグニス 2016

なので、大人3人がこの後部座席に座るのはちょっと厳しいのかなといった印象を持ちました。後部座席の中央シートにはヘッドレストが装備されていない事を考えるとゆったりと座るには大人2人くらいがちょうど良いのかなと思いました。

後部座席の収納スペース&ユーティリティーは?

また、イグニス(IGNIS)にはドリンクホルダーが3つ用意されています。1つはこのようにセンターコンソールの後ろの部分。

スズキ イグニス 2016

このドリンクホルダーにはペットボトルのドリンクだけでは無く、缶やカップのドリンクも置けるようになっています。このようなドリンクホルダーが装備されているのは、ちょっと嬉しいですよね。ちなみに、イグニス(IGNIS)を再び見に行ってきたのですが、このようにドリンクホルダー部分に白い傷が・・・。

スズキ イグニス 2016

後部座席を横移動する際にこの部分に足が当たりやすいので、ちょっと注意が必要だと思いました。また、イグニス(IGNIS)の後部座席のもう一つのドリンクホルダーは
ドアパネルの内側に装備されているペットボトル用のスペース。

スズキ イグニス 2016
スズキ イグニス 2016

取り出しは特に問題なかったのですが、個人的にドリンクを置いたときに斜めになるのが少し気になりました。

イグニスの後部座席レビュー2:スライド機能

また、イグニス(IGNIS)の後部座席は、左右独立して前後にスライドする事が可能です。イグニス(IGNIS)の後席の片側を一番前までスライドするとこのような感じ。

スズキ イグニス 2016
スズキ イグニス 2016

このように見るとスライド幅は意外と大きいですよね。カタログによると、このクルマの後部座席のスライド幅は165mm。小型サイズのクルマとしては十分なスライド幅があるなと感じました。ちなみに、イグニス(IGNIS)の後部座席のスライド機能のレバーは背もたれの肩口と座面下に用意されています。

スズキ イグニス 2016
スズキ イグニス 2016

足元のレバーはちょっと小さめなので手探りで探すのは大変なのですが、どちらからでも後部座席をスライドできるようになっているのは好印象でした。

後部座席を一番前にスライドした時の画像

そして、実際にこのイグニス(IGNIS)の後部座席を一番前にスライドした時の様子は、このようになっています。

スズキ イグニス 2016
スズキ イグニス 2016

このようにイグニス(IGNIS)の後席を一番前までスライドさせると足元空間はこの程度。

スズキ イグニス 2016

このようにすると子供でも足を下ろして座るのは、大変そう・・・。後部座席を一番前にスライドすると荷室・ラゲッジルームの奥行きが広くなりメリットがありますが、もし後部座席に同乗者がいるのならここまでスライドするのはちょっと難しいのかなと思いました。

後部座席を一後ろにスライドした時の画像

一方、イグニス(IGNIS)の後部座席を一番後ろまでスライドするとこのようなデザインになっています。

スズキ イグニス 2016
スズキ イグニス 2016

かなり足元空間が広くなりましたよね。

スズキ イグニス 2016

成人男性がこの後部座席で足を組んで座るのはちょっと厳しいと思いましたが、足元空間が十分に広いのでとても快適に凄く事ができました。ただ、後部座席を一番後ろにして座ると、頭上空間が少し狭く感じ、窮屈な感じを受けるのが難点ですが・・・。また、イグニス(IGNIS)の後部座席を一番後ろにスライドすると、荷室・ラゲッジルームも狭くなるのも注意が必要なのかなと思いました。

イグニスの後部座席レビュー3:リクライニング機能

また、イグニス(IGNIS)はスライド機能だけでは無く、リクライニング機能も装備されていいます。こちらがリクライニングしていない状態。

スズキ イグニス 2016

後部座席の背もたれと座面が直角になっているので、この状態で座ると腰が疲れそうですよね。(荷室・ラゲッジスペースの広さを最大限にするには、この方が良いみたいですが・・・)

そして、こちらが後部座席をリクライニングした時の様子。

スズキ イグニス 2016

背もたれの角度が若干変わったのが分かりますでしょうか?実はこれがイグニス(IGNIS)の後部座席のリクライニング幅の最大限。

スズキ イグニス 2016

ちょっとリクライニング角度が小さいですよね^^後部座席をもう少し前にスライドすると、もうちょっとリクライニングするのかなと思ってためしたのですが、これ以上角度は変わりませんでした。個人的はもう少し後部座席のリクライニング角度があっても良かったのかなと思いました。

スズキ イグニス 2016

イグニスの後部座席(リヤシート)は、このようなデザインになっていました。左右独立の後部座席スライド機能やリクライニング機能などを装備しており、ヴィッツやパッソなど同クラスのライバル車・競合車よりも後席の使い勝手は良いように感じました。これでリヤシートの中央にヘッドレストが装備されていたら、完璧だったのですが・・・。

ただ、後部座席のスライドや左右独立した格納など軽自動車並みの機能性には大満足でした^^このクルマで車中泊するには、ちょっと工夫が必要そうですね^^

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報