外装の3つの違いは何?|クラウンアスリート ターボとガソリン比較1

フロントマスクのデザインが特徴のトヨタの高級セダン車クラウンアスリート(Crown Athlete)がビッグマイナーチェンジをして発売されましたね。

今回発売されたクラウンアスリート(Crown Athlete)では、2.0リットルターボエンジンを搭載したモデルを新発売。

私も先日このクルマを早速試乗をしてきたのですが、2.0エンジンのクルマとは思えないほど加速力が良く快適でした。まさにスポーツセダン車と言った乗り心地を楽しめました。

そんなクラウンアスリートのターボ車とノンターボガソリン車では、エクステリア・外装のデザインが多少違いがありました。そんなクラウンアスリート(Crown Athlete)のターボ車とノンターボ車のエクステリア・見た目の違いについて紹介しちゃいます。

2015/10/14

Chapter
違い1:フロントグリルガーニッシュのカラー
違い2:タイヤ&アルミホイールのデザイン
違い3:リヤバンパー&マフラーのデザイン

違い1:フロントグリルガーニッシュのカラー

トヨタ クラウンアスリート 2015

クラウンアスリート(Crown Athlete)のターボ車とノンターボ車の違いの一つがフロントグリルのデザイン。

こちらがクラウンアスリート(Crown Athlete)のノンターボ車フロントグリルのデザイン。

トヨタ クラウンアスリート 2015

そして、こちらがターボ車のフロントグリルのデザイン。

トヨタ クラウンアスリート 2015

このように見比べてみても、大きな違いはありませんよね。

しかし、実はクラウンアスリート(Crown Athlete)のターボ車とノンターボ車ではフロントグリルのまわりを囲っているガーニッシュのカラーが微妙に異なります。

このモデルのターボ車のフロントグリルガーニッシュは、このようなデザインになっており、スモークがかったカラーを採用。

トヨタ クラウンアスリート 2015

一方、このモデルのノンターボガソリン車では、ターボ車よりも明るいメッキ調のフロントグリルガーニッシュを採用。

トヨタ クラウンアスリート 2015

この2台のモデルのフロントグリルのガーニッシュのデザインは言われないとまったく気が付かないレベルです。

私もお台場のメガウェブ(MEGA WEB)の女性スタッフに言われて近くによって注視してみて、ようやく違いに気が付きました。

このクラウンアスリート(Crown Athlete)のターボ車とノンターボ車のフロントグリルの違いに気が付いていないお客さんも多いと思います。

ただ、このように細かい部分でターボ車とノンターボ車の違いを出しているのは、個人的には好印象でした。

また、スモークメッキタイプのフロントグリルガーニッシュは、クールな印象のターボのエクステリアのデザインやホイールにピッタリだと感じました。

違い2:タイヤ&アルミホイールのデザイン

標準装備の17インチタイヤ&ホイールを比較

また、クラウンアスリート(Crown Athlete)のターボ車とノンターボ車ではタイヤ&ホイールのデザインが異なります。

基本的にターボ車の方がクールでスポーティーな印象を持ちました。

こちらがターボ車に標準装備されている17インチのタイヤとアルミホイールのデザインです。

トヨタ クラウンアスリート 2015

そして、こちらがクラウンアスリート(Crown Athlete)のガソリン車に標準装備されているタイヤとアルミホイールのデザイン。

トヨタ クラウンアスリート 2015

基本的なタイヤサイズ&アルミホイールのデザインは一緒になっていました。

しかし、ターボ車のアルミホイールのデザインはガソリン車と異なり、スポーク部分がブラック塗装されていました。

こちらが17インチの標準装備のタイヤを装備したターボ車とノンターボ車の様子。

■ターボ車の横からのデザイン

トヨタ クラウンアスリート 2015

■ノンターボ車の横からのデザイン

トヨタ クラウンアスリート 2015

アルミホイールのスポークをブラック塗装するだけで、クルマの印象がだいぶ変わりますよね。

私個人としてはスポーティーな印象のあるクラウンアスリート(Crown Athlete)のターボ車のタイヤ&アルミホイールのデザインの方が良いと思いました。

標準装備の17インチタイヤ&ホイールを比較

また、クラウンアスリート(Crown Athlete)のターボ車・ガソリン車ともに18インチのメーカーオプションのタイヤ&アルミホイールを用意しています。しかし、このメーカーオプションのタイヤのデザインもターボ車とノンターボのガソリン車では異なります。

こちらが今回新設定されたターボ車のメーカーオプションのタイヤのデザイン。

トヨタ クラウンアスリート 2015

一方、こちらがノンターボのガソリン車の18インチタイヤのデザイン。

トヨタ クラウンアスリート 2015

クラウンアスリートの標準装備されているタイヤ&アルミホイールと同様にこのメーカーオプションのタイヤも基本的なデザインは全く一緒になっていました。

しかし、この2台のモデルではアルミホイールのスポークのカラーが異なっていました。ターボ車とノンターボ車のそれぞれのサイドからのデザインは、このようになっています。

■ターボ車のタイヤ&アルミホイール

トヨタ クラウンアスリート 2015

■ノンターボ車のタイヤ&アルミホイール

トヨタ クラウンアスリート 2015

ターボ車のアルミホイールはキラキラとした光沢感を抑えたブラックカラーのアルミホイールを採用。渋く黒光りするアルミホイールは、とてもオシャレだと思いました。

一方、クラウンアスリート(Crown Athlete)のノンターボ車はキラキラとした高級感のあるメッキ調のアルミホイールのデザイン。

ターボ車はスポーティーセダンと言ったイメージに対し、このノンターボガソリン車は高級セダン車と言ったイメージ。

スポーティーさではターボ車に劣りますが、上質感・高級感に関してはこのノンターボガソリン車の方があるように感じました。

違い3:リヤバンパー&マフラーのデザイン

また、クラウンアスリート(Crown Athlete)のターボ車とノンターボ車ではリヤバンパーので陣も異なります。

クラウンアスリート(Crown Athlete)のターボガソリン車に装備されているリアバンパーは、このようなデザインになっていました。

トヨタ クラウンアスリート 2015

クラウンアスリート(Crown Athlete)のターボ車のリヤバンパーの特徴は、リヤバンパー部分のカラーがボディカラーと同系色になっている事。

なので、他のカラーのターボ車のリヤからのデザインもこのようにボディーカラーと同色のリヤバンパーが装備されていました。

トヨタ クラウンアスリート 2015
トヨタ クラウンアスリート 2015

また、このモデルのターボ車では2本のマフラーが出ているデザインになっているのもこのターボ車の特徴の一つ。

トヨタ クラウンアスリート 2015

ターボ車のリヤからのデザインもかなりスポーティーな印象を持ちました。

一方、ノンターボのガソリン車はこのようにブラックカラーのリヤバンパーを装備。

トヨタ クラウンアスリート 2015
トヨタ クラウンアスリート 2015

また、私が見た2.5リットルエンジンのガソリン車では、ターボ車のようなマフラーも装備されていませんでした。

ここらへんもクラウンアスリート(Crown Athlete)のターボ車とノンターボ車の違いの一つだと思いました。

トヨタ クラウンアスリート 2015

このようにクラウンアスリート(Crown Athlete)のターボ車とノンターボ車では、エクステリア・見た目の装備が多少異なります。

フロントマスクからではターボ車とノンターボ車の違いを見極めるのは少し難しいと思います。

しかし、アルミホイールやリアからのデザインを見れば、クラウンアスリート(Crown Athlete)のターボ車とノンターボ車のどちらのクルマかすぐにわかると思いました。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報