バレーノXTグレードのインパネ画像レビュー。XGとの違いとは?

インドからの逆輸入車として発売されたいバレーノ(BALENO)からターボエンジンを搭載した最上位モデルXTグレード。先日、このバレーノ(BALENO)のXTグレードを試乗してきたのですが、乗り心地は思ったよりも良い!また、それ以上に驚いたのは内装・インテリアのデザイン性。特にインパネのデザインや機能性は、XGグレードよりも格段に良くなっていました。バレーノのXTグレードのインパネはどのようなデザインなのか?また、下位モデルのXGグレードとの違いはどこにあるのか?バレーノ(BALENO)のXTグレードのインパネを徹底的にレビューしていきます。

2016/7/28

Chapter
バレーノ内装・インパネ画像インプレッション
バレーノXTグレードの注目装備1:ハンドル
この2つのグレードでは機能面でも違いが…
バレーノXTの注目装備2:エアコン&ヒーター
スズキ  バレーノ 2016

バレーノ内装・インパネ画像インプレッション

バレーノ(BALENO)の最上位モデル”XTグレード”の内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

スズキ  バレーノ 2016

ちなみに下位モデルの”XGグレード”の内装・インパネは、このようになっています。

スズキ  バレーノ 2016

XTグレードとXGのインパネは、基本的には同じデザインを採用。ただエアコンまわりのデザインが異なるだけで、内装・インパネの雰囲気はまったく異なって見えました。

スズキ  バレーノ 2016

バレーノ(BALENO)のXTグレードの内装・インパネを見てみると、XGグレードで感じたような安っぽい雰囲気は全くなく、競合車・ライバル車に劣らない上質感のあるデザインになっているのは、好印象でした。他のクルマと一線を画すようなインパネの中央に向かって伸びていく曲線的なデザインがインパクトがありますよね。この流線的なデザインはバレーノ(BALENO)の魅力の一つなのかなと思いました。また、バレーノは、プッシュ式のエンジンスターターやシートヒータも標準装備。

スズキ  バレーノ 2016
スズキ  バレーノ 2016

このように基本的なクルマの機能や装備が充実しているのも、このクルマの魅力・メリットなのかなと思いました。

バレーノXTグレードの注目装備1:ハンドル

バレーノのXTグレードの注目の装備の一つは、ハンドル。この上位モデルのXTグレードのハンドル・ステアリングホイールに採用されているデザインや機能は、下位モデルのXGグレードと全く違いました。こちらがそのXTグレードのハンドル・ステアリングホイール。

スズキ  バレーノ 2016

そして、こちらが下位モデルのXGグレードのハンドル。

スズキ  バレーノ 2016

この2つのモデルの違いの一つが、使用されている素材。バレーノ(BALENO)のXGグレードのハンドルがシンプルなウレタン素材を使用しているのに対し、今回新発売されたXTグレードは高級感のある本革巻きを採用。しかも、今回このXTグレードの採用されていた本革は手にシットリと馴染むようなスムーズレザーのような素材を採用。

スズキ  バレーノ 2016

見た目のデザイン性だけではなく、実際にハンドルを握ったグリップ感・握り心地もかなり良かったです。この手にしっとりと馴染むようなグリップ感は、このバレーノ(BALENO)のXTグレードの魅力の一つなのかなと思いました。

この2つのグレードでは機能面でも違いが…

また、バレーノ(BALENO)の上位モデルXTグレードとXGグレードでは、ハンドル・ステアリングホイールに装備されている機能も異なります。XTとXGグレードのハンドル・ステアリングホイールの違いの一つが、パドルシフトで、バレーノのXTグレードのハンドルの左右の付け根には、このようにパドルシフトを装備。

スズキ  バレーノ 2016
スズキ  バレーノ 2016

そしてXTグレードのシフトパネルを見ると、XGグレードには無かったマニュアルモードが装備されています。

■XTグレード

スズキ  バレーノ 2016
スズキ  バレーノ 2016

■XGグレード

スズキ  バレーノ 2016
スズキ  バレーノ 2016

バレーノXTグレードを試乗した時、このマニュアルモードも試させてもらったのですが、シフトチェンジもとてもスムーズで使いやすく、また、しっかりとシフトチェンジをしているのがわかる乗り心地。素早くシフトチェンジをして山道やワインディングロードをキビキビと走り抜けたい時や、急勾配でエンジンブレーキをかける時にはとても良いのかなと思いました。

このレスポンスも良いバレーノ(BALENO)のシフトレバーは、山道を頻繁に運転する人にとっては重宝するのかなと思いました。

また、バレーノ(BALENO)のXTグレードは、センターコンソールなどが装備されているセットオプション装備車でした。

スズキ  バレーノ 2016
スズキ  バレーノ 2016

そのため、ハンドルの左側にはステアリングオーディオスイッチが装備されていました。このステアリングオーディオスイッチの有無もXGグレードとの違いの一つ。ただセットオプション装備車を搭載していない普通のXTグレードでは、このステアリングオーディオが装備されないのでご注意を…。

バレーノXTの注目装備2:エアコン&ヒーター

また、バレーノ(BALENO)の上位モデルXTグレードとXGグレードの大きな機能の違いの一つが、エアコンコントローラー。XGグレードではこのように見た目もシンプルなマニュアルのエアコンだったのに対し、上位モデルではフルオートエアコンを採用。

■XTグレード

スズキ  バレーノ 2016

■XGグレード

スズキ  バレーノ 2016

見た目の違いも大きいですが、エアコンとしての機能面も違いもかなりありました。バレーノ(BALENO)のXTグレードのエアコンは、温度設定も0.5度の刻みですし、また、風量の調節もXGグレードと比べて大幅にアップ。バレーノ(BALENO)はインドからの逆輸入車ですが、競合車となるフィット3(FIT3)やデミオ(DEMIO)など国産車に劣らない機能になっていたことが、何よりも良かったです。温度調節や風量調整のスイッチが若干小さいのが試乗をしていて少し気になりましたが、機能面では不満を感じることなく使えるレベルになっていたのは、好印象でした。

スズキ  バレーノ 2016

また、個人的にはこの丸い液晶ディスプレイのデザインもオシャレでなかなか良いなと思いました。

スズキ  バレーノ 2016

バレーノ(BALENO)XTグレードのの内装・インパネは、このようなデザインになっていました。少し遅れて登場したXTグレードですが、XGグレードのインパネと比べて見た目も機能も大幅に良くなっていました。また、国産車の競合車・ライバル車と比べても遜色のない出来になっているなと思いました。

 

 

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報