シエンタ ホワイトパールの画像レビュー|他の色よりもオシャレ!?

トヨタから発売されている3列シートのコンパクトミニバン、シエンタ(SIENTA)がフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

今回発売されたシエンタ(SIENTA)は、単色(モノトーン)で8色、そして、ツートンカラーのフレックス トーン(FLEX TONE)では5色、合計13色用意されています。

カラフルなカラーが多いシエンタ(SIENTA)の中で、売れ行きが一番良い人気色・人気カラーだったのが、”ホワイトパールクリスタルシャイン”

そんなシエンタの一番人気のカラーホワイトパールクリスタルシャインを見てきたので、画像・写真をいっぱい使ってレビューします。

2015/8/27

Chapter
ホワイトパールクリスタルシャインの画像レビュー
横から

ホワイトパールクリスタルシャインの画像レビュー

正面から

トヨタ シエンタ 2015

シエンタ(SIENTA)のホワイトパールクリスタルシャインのモノトーンを正面からみるとこのようなデザインになっています。

トヨタ シエンタ 2015
トヨタ シエンタ 2015

モノトーンのホワイトパールクリスタルシャインは、メガウェブにも無く、初めてみたのですが、思ったよりも上品なカラー。オシャレな感じがしました。

また、フトントマスクを見ると、黒いガーニッシュのヒゲも違和感が無く、ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャインにマッチしていると思いました。

また、今回見たホワイトパールクリスタルシャインは、ブラックなどに比べて、クルマが一回り大きく見えるような感じがしました。

一方、シエンタ(SIENTA)こちらがフレックストーン(FLEX TONE)のホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパールのデザイン。

トヨタ シエンタ 2015
トヨタ シエンタ 2015

ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパールの2トーンカラーもかなりオシャレ。

メガウェブのスタッフの方に聞いたところ、特に女性に人気の高いカラーになっているみたいです。

カタログやホームページの画像を見る限りでは、ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパールのフレックストーンは、もう少しブラウンが強いと思っていました。

トヨタ シエンタ 2015

しかし、実際にシエンタ(SIENTA)を見てみると、ブラウン感が無い。

近くに寄ってよ~~く見てみると、ヒゲの部分がブラウンになっているなと分かるのですが、遠くからパッと見るとブラックに見えました。

トヨタ シエンタ 2015

また、シエンタ(SIENTA)の単色のホワイトパールクリスタルシャインとフレックス ストーンのガーニッシュ部分を比べると、カラー以外にも違いが・・・。

それは、ガーニッシュ部分の素材の光沢感。

シエンタ(SIENTA)のフレックストーン(FLEX TONE)のホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパールのガーニッシュの部分は、キラキラとした光沢感のあるプラスチック素材のダークブラウンを採用。

トヨタ シエンタ 2015

一方、単色のボディカラーの場合、黒いガーニッシュが光沢感の無いマットな感じのプラスチック素材を使用。

なので、単色とフレックストーン(FLEX TONE)触り心地も全く異なりました。また、見た目の雰囲気も全く異なりますよね。

個人的には、キラキラとしているフレックスストーンのガーニッシュも良いなと思いました。

特にボディーカラーとマッチしているシエンタ(SIENTA)のホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパールのフレックストーンはオシャレなカラーだと思いました。

横から

シエンタ(SIENTA)のホワイトパールクリスタルシャインの単色を横から見ると、このようなデザイン。

トヨタ シエンタ 2015

ホワイトと後輪付近にある三角形の黒いガーニッシュとのコントラストがオシャレで良いですね。

サイドから見ると、ホワイトパールクリスタルシャインの場合、フロントライトから伸びている黒いガーニッシュが少し目立ちますが、スポーティなデザインで良いと思いました。

そして、こちらがシエンタ(SIENTA)のフレックストーン(FLEX TONE)ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパールのサイドからのデザイン。

トヨタ シエンタ 2015

こちらのデザインも単色(モノトーン)同様にオシャレですよね。

サイドからのデザインもフロントマスクと同様に、後輪ちかくの三角形のガーニッシュがダークブラウンカラーになっています。

あまり目立ちませんが、近くで見るとこのような感じ。

トヨタ シエンタ 2015

近くで見るとダークブラウンと言うのがわかります。

また、モノトーンのホワイトパールクリスタルシャインとは異なり、フレックストーン(FLEX TONE)のホワイトパール×ブラウンパールのサイドミラーのカラーは、ブラウンになっています。

トヨタ シエンタ 2015

ちなみに、モノトーンのホワイトパールクリスタルシャインでは、ホワイトのサイドミラーになっています。

個人的には、シエンタ(SIENTA)のフレックストーンの方が、サイドミラーのブラウンがワンポイントになっていて、オシャレなデザインだと思いました。

後ろから

シエンタ(SIENTA)の単色ホワイトパールクリスタルシャインを後ろから見るとこのような感じ。

トヨタ シエンタ 2015

フロントマスクは、黒いガーニッシュが違和感のないデザインになっていたのですが、後ろからの雰囲気はイマイチ・・・。ちょっとボテっとしたデザインに感じました。

また、オシャレなフロントマスクのデザインとは、まったく別のクルマのような印象を持ちました。

他のカラーを見ても思いましたが、個人的にはリアのデザインをスッキリとしたデザインにして貰いたかったです。

フロントからみたシエンタ(SIENTA)はスタイリッシュでオシャレな雰囲気があっただけに、少し残念でした。

一方、フレックス トーンのホワイトパール×ブラウンパールを後ろから見るとこのような感じ。

トヨタ シエンタ 2015

フロントマスク同様にパッと見るだけでは、ガーニッシュのカラーがダークブラウンとは、思えませんよね^^;;

個人的には、ガーニッシュも光沢感のあるデザインにになっているフレックス トーンのホワイトパール×ブラウンパールの方が高級感のあるデザインのように感じました。

トヨタ シエンタ 2015

このようにシエンタ(SIENTA)のホワイトパールクリスタルシャインは、落ち着いた感じのオシャレなカラーになっていました。

実際にシエンタ(SIENTA)のホワイトパールクリスタルシャインを見て、このカラーが一番人気なのも分かる気がしました。

ホワイトパールクリスタルシャインは雨染みや黄砂・花粉などが気になりますが、お手入れをしっかりとする方には、良いカラーだと思いました。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報