ホンダ ヴェゼル ガソリン車とハイブリッド車の外装4つの違いとは?

ホンダ ヴェゼル(DAA-RU3、DAA-RU4、DBA-RU1、DBA-RU2)のハイブリッド車とガソリン車に対して気になるのは、ハイブリッド車とガソリン車のエクステリア(外装)では違いがあるのか?という人も多いはず。結論から申し上げますと、ホンダ ヴェゼル(VEZEL)のハイブリッド車とガソリン車は外装・見た目に大きな違いがあります。なので、一目見るだけでハイブリッドとガソリン車の違いを見分けることが可能です。

そんなヴェゼルのハイブリッド車とガソリン車の外見・エクステリアの4つの違い、また、外装から見分ける方法を紹介したいと思います。また、内容を分かりやすくするために、まずはヴェゼルというクルマに触れてからハイブリッド車Zとガソリン車Xグレードのエクステリアの違いを中心にお話いたします。

Chapter
ホンダ ヴェゼルはどんなクルマ?
ホンダ ヴェゼルの違い1:エンブレム
ホンダ 初代ヴェゼルの違い2:ロアガーニッシュ
ヴェゼルの違い3:タイヤ&ホイールデザイン
ホンダ ヴェゼルの違い4:フロントグリル
ホンダ ヴェゼルの中古価格は?

ホンダ ヴェゼルはどんなクルマ?

ヴェゼルは、2013年12月20日に発売を開始したコンパクトSUVです。ハイブリッド車は、システム最高出力が152PSと高出力なことに加えて、燃費がJC08モード27.0km/Lと当時クラス最高水準の低燃費を実現しています。

2018年2月にはマイナーチェンジされ、全てのグレードに安全装備のホンダセンシング(Honda SENSING)が標準装備され、ガソリン車の燃費が0.4~0.6km/L向上しました。

さらに2019年1月にはターボエンジン搭載のツーリング ホンダセンシング(TOURING・Honda SENSING)が登場し、同年11月にモデューロ X(Modulo X)が発売されました。

 2020年7月現在ヴェゼルのラインアップは次のようになっています。

■ガソリン車
・G ホンダセンシング(FF/4WD)
・X ホンダセンシング(FF/4WD)
・RS ホンダセンシング(FF)
・ツーリング ホンダセンシング(FF)
・ツーリング モデューロX ホンダセンシング(FF)

■ハイブリッド車
・ハイブリッド ホンダセンシング(FF/4WD)
・ハイブリッドX ホンダセンシング(FF/4WD)
・ハイブリッドZ ホンダセンシング(FF/4WD)
・ハイブリッドRS ホンダセンシング(FF)
・ハイブリッド モデューロX ホンダセンシング(FF/4WD)

パワートレインは基本的に発売当初から変わりませんが、2019年に追加されたターボ仕様のツーリング ホンダセンシングには最高出力127kW(172PS)/5,500rpm、最大トルク220Nm(22.4kgm)/1,700~5,500rpmとパワフルなユニットが与えられています。

ホンダ ヴェゼルは発売当初から人気沸騰し、2014年度、2015年度、2016年度、2019年度で国内のSUV新車販売台数第1位獲得しました。ホンダを代表するクルマへと成長したヴェゼルは、2020年までに累計販売台数は国内で約43万台、全世界で約327万台に達しています。

そんなヴェゼルのハイブリッド車とガソリン車の外見・エクステリアにはどんな違いがあるのでしょうか。

ホンダ ヴェゼルの違い1:エンブレム

ホンダ ヴェゼルのハイブリッド車とガソリン車のエクステリアの大きな違いの一つが、エンブレム。

このクルマのハイブリッド車では、ハイブリッド専用のエンブレムを搭載しております。ハイブリッド専用エンブレムが搭載されているのは、次の2箇所。

・ボディーサイド前方
・リヤボディー右下

実際にヴェゼルのハイブリッド車を見ると、このような専用エンブレムが装備されています。

■サイドボディのエンブレム

■リヤボディのエンブレム

ハイブリッド専用エンブレム自体はそれ程大きくありませんが、ヴェゼルは渋いカラーが多いので、遠くから見ても意外と目立ちます。もし前にヴェゼルが走行していたら、リヤの右側を見るとスグにハイブリッド車かガソリン車を見分けることができるのかなと思いました。

ちなみに、ヴェゼルRSの場合、このようにRS専用エンブレムの下にハイブリッドエンブレムが装備されています。

これもちょっとレアでカッコいいですよね。このデザインもなかなか良いと思いました。

ホンダ 初代ヴェゼルの違い2:ロアガーニッシュ

ヴェゼルのハイブリッド車とガソリン車における2つ目の違いが、ボディー下部のロアガーニッシュのデザイン。この2つのモデルではロアガーニッシュのデザイン・カラーが異なるためハイブリッド車とガソリン車では、クルマの雰囲気が異なります。こちらはガソリン車の前後左右からのデザイン。

■フロントマスク

■サイドから

■後ろから

注目して欲しいのは、ロアガーニッシュのデザインとカラー。

今回私が見たヴェゼルのボディーカラーはルーセンブラックメタリックなので少し分かりづらいですが、ガソリン車では光沢感のないブラックのロアガーニッシュを採用しています。

なので、SUVらしい少しゴツゴツとした無骨な印象を持ちました。一方、こちらは、ハイブリッド車の外装・エクステリア。

■フロントマスク

■サイドから

■後ろから

ガソリン車と見た目の雰囲気が異なりますよね。

ホンダ ヴェゼルのハイブリッド車では、ロアガーニッシュはボディーカラーと同じ色に塗装されています。

そのためガソリン車よりもスタイリッシュな雰囲気になっているように感じられました。ヴェゼルはロアガーニッシュにあるカラーの違いでクルマの雰囲気も全く異なっているので、ぜひとも注目してみてくださいね。

ホンダ ヴェゼルRSは専用のロアガーニッシュを採用!

ちなみに、ヴェゼルRSのロアガーニッシュは、このように専用のデザインになっています。

■フロントマスク

■サイドから

■後ろから

このRSのロアガーニッシュには、艶やかな光沢感のあるクリスタルブラックが採用されていました。ガソリン車のブラックとも雰囲気が異なりよりスポーティーな感じに・・・。

このスタイリッシュなホンダ ヴェゼル RSのロアガーニッシュのデザインもなかなか良いと思いました。ただRSの場合、ハイブリッド車もガソリン車もともにこの光沢感のあるクリスタルブラックのロアガーニッシュを採用しております。なので、ロアガーニッシュからガソリン車とハイブリッド車を見分けることができないので注意。

ヴェゼルの違い3:タイヤ&ホイールデザイン

ヴェゼルのハイブリッド車とガソリン車における3つ目の大きな違いが、タイヤ&ホイールのデザイン。この2つのモデルではホイールのデザインが全く異なります。こちらがヴェゼルのハイブリッド車のタイヤ&ホイールデザイン。

こちらは人気グレードのハイブリッドZのタイヤ&ホイールなのですが、ブラック塗装&切削加工されておりオシャレなデザインに・・・。また、このヴェゼル/べゼル(VEZEL)のハイブリッドZに採用されているタイヤサイズも17インチとなっており、見た目のインパクトも十分。スタイリッシュなこのクルマにあった良いデザインだと思いました。

一方、こちらがマイナーチェンジをして新しくなったヴェゼル/べゼルのガソリン車のタイヤ&ホイールのデザイン。

このガソリン車でもアルミホイールを採用していますが、ハイブリッド車のような切削加工などはされておらずシンプルなデザインに・・・。

また、このガソリン車に採用されているタイヤサイズは16インチとなっており、ハイブリッド車と比べると1インチ小さいことに・・・。

このようにヴェゼルのガソリン車のタイヤ&ホイールデザインは、ハイブリッド車のものよりもデザイン性で劣るような感じがしました。

個人的にはもう少しガソリン車のタイヤ&ホイールデザインもハイブリッド車のようにこだわってもらいたかったなと思いました。

また、このようにヴェゼルのハイブリッド車とガソリン車では、タイヤ&ホイールのデザインが異なるので、この部分を見ればどちらのモデルかスグに見分けられるのかなと思いました。

ホンダ ヴェゼルの違い4:フロントグリル

注視してみないと分からないのですが、ヴェゼルのハイブリッド車とガソリン車では、フロントグリルのデザインも異なります。 

こちらがハイブリッド車のフロントグリル。

そして、こちらがガソリン車のフロントグリル。

一見すると、ハイブリッド車とガソリン車も違いがなさそうに見えますよね。しかし、この2つのモデルではフロントグリルのカラーに違いがありました。(私もディーラーさんに教えてもらって気付いたのですが・・・)、ヴェゼルのハイブリッド車は、ダーククロームメッキのフロントグリルを採用。

一方、ガソリン車ではブラックのフロントグリルを採用。

ブラックカラーのフロントグリルを採用したガソリン車の方がより引き締まったデザインの印象を受けました。また、私が見たガソリン車が、紫がかったブラックの”ルーセンブラックメタリック”ということも影響していると思いますが、ブラックカラーをしたフロントグリルの方がボディーカラーにマッチして違和感のないような感じが・・。

一方、ハイブリッド車のフロントグリルの方がよりスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

このフロントグリルのデザインに関しては個人の好みの影響も大きいですが、個人的に良いと思ったフロントグリルは、ブラックパネルを採用しているガソリン車の方が統一感もあって良いように感じました。

ホンダ ヴェゼルの中古価格は?

最後にヴェゼルの中古価格について確認しておきましょう。

ヴェゼルは販売台数が多く、中古市場でも人気車種となっています。大手中古車情報サイトでは、販売価格が85万円~350万円となっていて、年式、グレード、走行距離等によってかなり差が出ています。

ヴェゼルは、パワーもあり燃費が良いということでハイブリッド車の人気が高いクルマ。中古市場でもその人気度が反映されていて、初期型となる2013年式でも100万円を切るクルマはほとんど見かけません。状態の良いものは120万円以上です。

2018年のマイナーチェンジ後のクルマは、約170万円と、現在のハイブリッド車の新車価格が250万円~なのを考えると、あまり価格落ちは期待できないかもしれません。人気が高く中古車価格もあまり下がらないヴェゼルですが、モデルチェンジも近いと予想され、新車の値引きも期待できるようになっています。狙いを中古から新車へ変えてみるのもいいかもしれませんね。

ヴェゼルのハイブリッド車とガソリン車ではこのように外装・エクステリアのデザインが異なるため、クルマの雰囲気も異なりました。ヴェゼルの2台のモデルでは様々なパーツや装備に違いがあるので、もしこれからこのクルマを試乗しに行く方は細部までしっかりと確認してみてくださいね。意外な違いが発見できるかもしれません。

また、ヴェゼルは2代目の登場が噂されています。しかし中古車でもその性能の良さから高値をキープし続けています。2代目の発売が正式に発表されると現行型の大幅な値引きが期待できるので、ヴェゼルに興味のある方はリリース発表を心待ちにしてください。