【ベースのXグレードと違いは?】ホンダヴェゼルの特別仕様車ブリリアント スタイルエディションの内装

ホンダ ヴェゼル

街乗りにピッタリのホンダのスタイリッシュSUVのヴェゼル(VEZEL)から新しい特別仕様車”ブリリアント スタイルエディション”が発売されましたね。今回新発売されこの特別仕様車は、プレミアムイエローパールⅡやルージュアメジストメタリックなど新色が追加され、今までのモデルよりもハデになった印象が…。また、専用のカラーになっているサイドシルガーニッシュも見逃せないポイントの一つになっているのかなと思いました。

2017/9/29

Chapter
ホンダ ヴェゼル ブリリアント スタイルエディション
ホンダ ヴェゼルの特別仕様車ブリリアント スタイルエディションの内装レビュー
ベースとなっているXグレードとの違いは?

ホンダ ヴェゼル ブリリアント スタイルエディション

そんな特別仕様車の”ブリリアント スタイルエディション”ですが、内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?ベースとなっているXグレードと大きな違いは、あったのでしょか?

先日、この”ブリリアント スタイルエディション”を見てきた際に、この新型モデルの内装・インテリアのデザインも確認をしてきたので、紹介したいと思います。

ホンダ ヴェゼルの特別仕様車ブリリアント スタイルエディションの内装レビュー

今回新発売されたヴェゼル(VEZEL)の特別仕様車”ブリリアント スタイル エディション”の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

外装・エクステリアは新色を追加して、ハデな印象になっていたのですが、内装・インテリアは、この特別仕様車のベースとなっているXグレードと同様のブラックカラーに…。

本革巻きのハンドル・ステアリングホイールや黒光りするピアノブラック調のシフトレバーパネルを採用しているので、インパネのデザインは安っぽいとは感じませんでした。しかし、上位モデルのハイブリッドZやウルトラスエードを採用したRSの内装・インテリアと比較をしてしまうと、この特別仕様車の内装は、若干見劣りをしてしまうのかなと感じました。

シートもファブリック素材を使用

また、今回新発売されたこの特別仕様車”ブリリアント スタイルエディション”のシートも、Xグレードと同様にブラックを基調としたファブリック素材になっていました。

後部座席の中央にアームレストが装備されていたり、また、シートの座面を跳ね上げて広いスペースを作り出すチップアップ機能を備えるなど、この特別仕様車のシートの使い勝手は、相変わらず良さそうです。

ただ、前面にファブリック素材を使用しているこの特別仕様車のシートのデザインは、サイドの部分にプライムスムースを取り入れたコンビシートを採用しているハイブリッドZグレードやウルトラスエードを採用したシートを備えているRSと比較すると、物足りなさを感じてしまいました。

個人的には、今回新発売された特別仕様車”ブリリアント スタイルエディション”は、コンビシートにして貰いたかったです。

<次のページに続く>
次ページ
ベースとなっているXグレードとの違いは?