装備・機能の違いは何? | プリウス AプレミアムとAグレード比較

トヨタから発売されている人気ハイブリッドカー、プリウス(Prius)が6年ぶりにフルモデルチェンジをして、4代目となります。

2015年12月9日の発売に先駆けて予約が開始されましたが、先代モデル同様に注文も予想以上に入っているようです。

注文が殺到しているプリウス(Prius)の人気グレードのひとつが、安全装備”トヨタセーフティセンスP”が表重装備されている上位グレードのAグレード。

そして、人気のAグレードの上位に位置するグレードが豪華なデザインが特徴の”Aプレミアムグレード”。

そんなプリウス(Prius)のAプレミアムとAグレードの装備・機能の違いを紹介したいと思います。

2015/11/20

Chapter
AプレミアムとAグレードの機能・装備の違い
プリウスAプレミアムとAグレード 外見に違いは?

AプレミアムとAグレードの機能・装備の違い

トヨタ プリウス 2015

違い1:シートの機能&素材

プリウス(Prius)のAプレミアムとAグレードの一番の違いは、シートのデザインと機能。

東京モーターショー2015でAプレミアム・Aグレードの両方を確認する事ができたのですが、この2台で使用しているシートの素材も装備されている機能も全く違いました。

プリウス Aプレミアムのシート

今度フルモデルチェンジをして発売されるプリウス(Prius)の最上位グレード”Aプレミアム”のフロントシートは、このようになっています。

トヨタ プリウス 2015

こちらは内装色をクールグレーを選択した時のシートですが、最上位グレードのAプレミアムグレードでは、本革を使用。

トヨタ プリウス 2015

見た目もかなり豪華ですよね。また、このプリウス(Prius)のAプレミアムグレードのシートは機能面でも充実。

例えば、このモデルのシートでは、腰の部分の張り出しを電動で調節できるランバーサポートや、運転席の電動調節機能が装備されています。

トヨタ プリウス 2015

実際に東京モーターショー2015で新型プリウス(Prius)のAプレミアムグレードの本革シートに座ってみたのですが、座り心地もバツグン。

トヨタ プリウス 2015

ランバーサポートなどがあるので、カラダにシートがしっかりとフィットする感じがあり、好印象でした。

また、プリウス(Prius)のAプレミアムグレードの後部座席は、このようになっています。

トヨタ プリウス 2015

こちらもフロントシート同様に本革シートを採用。

背もたれの肩口の部分やヘッドレストがブラックカラーになっているのは、オシャレですよね。

フロントシート同様に後部座席の座り心地だけでは無く、デザイン性もかなり良いように感じました。

プリウス Aグレードのシート

一方、プリウス(Prius)のAグレードでは、このようなシートになっています。

トヨタ プリウス 2015

ちなみに、先代モデルとなる3代目プリウスのシートは、このようなデザインになっていました。

Aグレードに採用されている上級ファブリックシートは、先代モデルよりも見た目だけでは無く、座り心地も良くなっているのは間違いありません。しかし、Aプレミアムグレードと比べると、やはり物足りなさを感じてしまいました。

そして、こちらがAグレードの後部座席のシートの様子。

トヨタ プリウス 2015

見た目もちょっと異なりますよね。

Aプレミアムが本革シートを採用していたのに対し、Aグレードでは、上級ファブリックシートを採用。

トヨタ プリウス 2015

この後部座席に使用されているフロントシート同様に上級ファブリックを採用。座り心地などは良かったですが、やはり本革シートと比べると物足りなさが残るデザインになっていました。

また、機能面でもAプレミアムグレードのシートに劣ります。今回プリウス(Prius)のAグレードのシートでは、Aプレミアムに装備されていたランバーサポートは装備されていません。

また、シート位置を電動で調整する機能ではなく、手動で操作するデザインに・・・。このように素材だけでは無く、機能面でも大きな違いがありました。

違い2:エアコンの機能

また、プリウス(Prius)のAプレミアムとAグレードでは、エアコンに装備されている機能も多少異なるようです。

エアコンコントローラーの使い勝手など基本的な部分はAプレミアムとAグレードでは、違いはありません。

しかし、プリウス(Prius)のAプレミアムグレードのみエアコンにナノイー機能が装備されているようです。

トヨタ プリウス 2015

最近ナノイーやプラズマクラスターを標準装備しているクルマが増えて来ましたが、今回このAプレミアムグレードに装備されているナノイーは、ウィルスの抑制と、脱臭、美肌に効果があると言われているみたいですね。

私自身このナノイーの効果を実感した事はありませんが、もし車内の空気の消臭に役立っているのなら嬉しいですよね。

ちなみにプリウス(Prius)のAグレードにナノイー機能などをオプションで追加する事はできないので、ご注意を・・・。

ただ、最近では多くのクルマにこのような機能が追加されているので、Aグレードにも標準装備しても良かったのかなと思いました。

違い3:ハンドルの素材

また、プリウス(Prius)のAプレミアムグレードとAグレードの違いの一つが、ハンドル(ステアリングホイール)に使用されている素材。

今回、最上級グレードのAプレミアムグレードでは、シートにマッチした本革巻きのステアリングホイールを採用。

こちらが東京モーターショー2015で見たAプレミアムグレードのハンドルのデザイン。

トヨタ プリウス 2015
トヨタ プリウス 2015

一方、Aグレードでは合成皮革巻きのハンドル採用。そして、こちらが東京モーターショー2015で見たAグレードのハンドルのデザイン。

トヨタ プリウス 2015
トヨタ プリウス 2015

このように見た目では大きな違いは感じませんよね。実際に2つのモデルのハンドルを握ってみても、若干Aプレミアムグレードの方が若干シットリとした握り心地になっていて、手にフィットしたような・・・。

ただ、東京モーターショー2015で確認した限りでは、この2つのグレードのハンドルの大きな違いは感じませんでした。

そのくらい僅かの差しかなかったように思います。今度プリウス(Prius)が発売されてから改めてしっかりと確認してきたいと思います。

プリウスAプレミアムとAグレード 外見に違いは?

このように内装の機能やシートの素材に違いがあるプリウス(Prius)のAプレミアムとAグレード。

そこで気になるのは、この2つに外見やエクステリアに違いがあるかという事ですよね。

ディーラーさんの話によると、AプレミアムとAグレードでは外見・エクステリアの大きな違いは無いようです。

なので、走行しているプリウス(Prius)を見てもAプレミアムかAグレードかを見分けるのは少し難しいみたいですよ。

トヨタ プリウス 2015

今度フルモデルチェンジをして発売される新型プリウスのAプレミアムグレードとAグレードでは、シートの素材や機能面に多少の違いがありました。また、Aプレミアムグレードの内装・インテリアの方が高級感・上質がありました。

もし内装・インテリアの質感にもこだわりたい方は、Aプレミアムグレードの方が良いかもしれません。

しかし、それ程内装などにこだわらない方はAグレードでも十分かも!?と、思いました。プリウス(Prius)のAプレミアムとAグレードでは、約35万円も違いますからね。

もしどちらのグレードを購入しようか迷っている方は、両車のクルマの内装の機能や質感の違いをしっかりと確認してみてくださいね。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報