視界が良く感じた3つの理由|新型プリウスの運転席に座った感想

トヨタ プリウス 2016

4代目モデルでは、エクステリア・インテリアのデザインが大幅に進化し、水素で走る燃料電池自動車”MIRAI”のようなデザインに・・・。また先日行われた東京モーターショー2015でプリウス(Prius)に乗車してみたのですが、運転席からの視界が広く、運転のしやすさもしっかりと考慮されているように感じました。私が運転席からの視界が良く感じた3つの理由を紹介したいと思います。

2016/7/29

Chapter
視界が良い理由1:フロントガラスが見やすい
視界が良い理由2:センターメーターのデザイン
視界が良い理由3:斜め前方の死角も少なめ!?

視界が良い理由1:フロントガラスが見やすい

4代目となるプリウス(Prius)の運転席に座ってみて、まず一番最初に思った事はフロントガラスの下端付近がスッキリとして先代モデルよりも見やすくなった事。特に違いを感じたのは、フロントガラスとボンネットの境目の部分。

運転席から見下ろすようにクルマの先端を見ると、視線を遮るものが無いので、前方が本当に見やすいと感じました。ちなみに、こちらが今回発売されるモデルのインパネとフロントガラスの様子。

また、こちらが先代モデルのインパネとフロントガラスの様子。

インパネのデザインの違いもありますが、フロントガラスの下端の部分がスッキリとしたデザインになっているのが分かりますよね。また、先代モデルに比べて低重心化されている事もプリウス(Prius)の特徴の一つですが、この事も視界の良さに影響を与えています。今度のモデルの運転席の着座位置も先代モデルよりも低くなったものの、それ以上にボンネットの位置が低くなりました。

それにともない、フロントガラスの下端の位置も低くなり、前方の見通しが良くなったように感じました。東京モーターショー2015にいたプリウスの開発に携わったスタッフの人の話によりますと、プリウス(Prius)では先代モデルよりもノーズを70mm、フードが62mm低くなっているようです。また、プリウス(Prius)では、運転席の着座位置からワイパーが見えないような工夫もなされています。このような工夫のおかげで運転席から視界はスッキリとした印象を持ち、先代モデルよりも運転がしやすいように感じました。

視界が良い理由2:センターメーターのデザイン

また、運転席からの視界の良さに影響を与えているなと私が思ったのは、メーターのデザイン。プリウス(Prius)のメーターは、先代モデルと同様にセンターメータを採用。

しかし、先代モデルと比べてメーターのデザインが大幅に改善されました。こちらがプリウス(Prius)のセンターメーター。

そして、先代モデルのメーター。

注目してもらいたいのは、メーターを囲っているフードのデザイン。先代モデルはメーターフードはこのように山のようにアーチを描くようなデザインになっているので、視界の妨げになっていました。

このメーターはフロントガラスの下端の部分や他の部分よりも明らかに盛り上がっていますしね^^;;一方、プリウス(Prius)の
メーターフードは、アーチ状ではなく上の部分も直線状になっていてスッキリとした薄型デザインに・・・。

また、注目なのがメーターの高さ。プリウス(Prius)のメーターは、フロントガラスの下端のラインを超えないようなデザインになっていました。

このスッキリとしたデザインのメーターのデザインのおかげもあり、4代目プリウス(Prius)の運転席からの視界はしっかりと確保されているのだなと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
視界が良い理由3:斜め前方の死角も少なめ!?