後方視界が悪いと感じた原因とは?プリウスを試乗した感想5

私も実際に試乗をして走破性や乗り心地は大幅に良くなったと思いましたが実際に試乗をして気になったのは視界。プリウス(Prius)は、視界をしっかり確保するための工夫がされており、前方の視界は良くなった印象がありました。しかし、後方視界、そして、斜め後方の視界は先代モデルと同様に悪いまま・・・。改善された感じが全くしませんでした。

私が試乗をしていて私が感じた後方視界、そして、斜め後方の視界が悪い理由・原因について紹介したいと思います。

2016/7/29

Chapter
後方の視界が悪い理由とは?
斜め後方の視界が悪い理由・原因とは?
トヨタ プリウス 2016

後方の視界が悪い理由とは?

理由1:リアのガラスエリアが小さい

先代モデルでも後方視界は悪いといわれていましたが、4代目プリウス(Prius)も相変らず良くありません。この後方視界に関しては、それほど改善された跡が見えませんでした。まずプリウス(Prius)を試乗して気になったのは、リアガラスの小ささ。実際に運転席からリアガラスを見ると、このようになっています。

トヨタ プリウス 2016

かなり小さいですよね。また、低いですよね。車高が低いプリウス(Prius)のデザインの影響も大きいと思いますが、
リアガラスの上端の位置が低いので、ガラスエリアが小さく感じてしまいました。

個人的にはもう少しリアガラスに高さがあっても良かったのかなと思いました。

理由2:同乗者がいると後方視界が遮られる

また、プリウス(Prius)は先代モデルと同様に車高が低くなっており、頭上空間に余裕はありません。

トヨタ プリウス 2016

実際に身長175cmの私が後部座席に背筋を伸ばして座ると、頭が天井に触れます。なので、後部座席に同乗者がいると後方視界はかなり制限されます。先日、プリウス(Prius)を試乗した際、妻と試乗に同行した営業マンに後部座席に座ってもらったのですが、やはり後方視界はかなり狭い・・・。リアガラスの端の4/1くらいの後方視界が同乗者で遮られ、中央部分しか確認できませんでした。

トヨタ プリウス 2016

もし、このモデルの後部座席に3人座ったらリアガラスは同乗者で遮られ、後方を確認するのはほとんど出来ないのかなと思いました。もともと良くないプリウス(Prius)の後方の視界ですが、後部座席に人が座るとさらに悪くなるのかなと思いました。

理由3:リアガラスを区切るピラーの存在

また、プリウス(Prius)を試乗をした際、バックミラーを見て気になったのは、リアガラスとサブウィンドウを仕切っているピラー。正確な用語はちょっと分からないのですが、私が気になったピラーは、このリアガラスとサブウィンドウの間にあるコレです。

トヨタ プリウス 2016

外側から見ると、ちょうどリアスポイラーにあたる部分です^^

トヨタ プリウス 2016

今回久しぶりにプリウスを運転したのですが、バックミラーを見るとこのリアガラスとサブウィンドウの間にあるこのピラーが邪魔。バックミラーを見るたびにこのピラーが気になってしまいました。また、このピラーでさらに困ったことが・・・。それは、時々後方を走っているクルマがこのピラーの死角に隠れてしまう事。バックミラーで後方を見るとこのようになります。

トヨタ プリウス 2016

後ろに売っているクルマがピラーで遮られているのが、わかりますよね。クルマが全く死角に入って見えなくなるわけではありませんでしたが、ピラーがある分、後方の視界が悪いので普段乗っているクルマに比べて後方確認にかなり気をつかいました。プリウスも先代モデル同様に、高速道路などで車線変更する際は他のクルマよりも注意が必要だなと思いました。

斜め後方の視界が悪い理由・原因とは?

理由1:サイドウィンドウが小さい

残念ながら後方視界に関しては良くなった印象を持たなかったプリウス(Prius)ですが、斜め後方の視界もあまり良くありません。プリウス(Prius)では、後部座席の横にあるピラーが細くなり開放感はアップしたなと思っていたのですが、気になったのはサイドウィンドウのデザイン。

トヨタ プリウス 2016

プリウス(Prius)はサイドウィンドウは、もともと下端の位置は高めに設定。

トヨタ プリウス 2016

また、横からのデザインを見ればわかりますが、サイドウィンドウは羽のようなデザインになっており、後ろに向けて急角度で持ち上がっています。このようにみるとサイドウィンドウが急激に小さくなっているのがわかりますよね。

トヨタ プリウス 2016

このようにサイドウィンドウのエリアも小さいので運転席から見て斜め後方の視界も良いとは思いませんでした。

理由2:リアの三角窓がない

また、東京モーターショー2015に乗ってみて気が付いたのですが、プリウス(Prius)は、リアの三角窓が装備されていません。プリウス(Prius)のリアのデザイン。

トヨタ プリウス 2016

一方、こちらが先代モデルの後部座席の付近のデザイン。

トヨタ プリウス 2016

現行モデルの方がサイドウィンドウの高さが低くなっただけでは無く、リアの三角窓は無くなっていますね。そのためプリウスのボディ後端の死角は、大きくなっている印象を持ちました。実際にフロントシートから斜め後方を見ると、このような感じになります。

トヨタ プリウス 2016

サイドウィンドウとリアガラスの間(クルマの角のあたり)の柱が大きく、死角になっているのがわかりますよね。プリウス(Prius)は、リアの三角窓が無くなり斜め後方の死角が大きくなったのは、少し残念でした。

ちなみに、外から見るとこのように黒いパネルで覆われているため一見すると斜め後方の視界も良さそうに感じるのでご注意を・・・。

トヨタ プリウス 2016

三角窓が大きくなるなど前方の視界は良くなったこのプリウスですが、後方視界に関しては、先代モデル同様にあまり良くない印象を持ちました。また、死角が多くて運転するのが不安に思っている方はブラインドストップモニタリングなどが装備されていて安全装備が充実しているA以上のグレード選択した方が良いのかなと思いました。

先代モデルからの乗り換えの方は、後方視界について違和感はそれ程感じないと思います。ただ、違うクルマから乗り換える方は試乗した際しっかりと後方視界を確認した方が良いと思いますよ。

 

 

画像 試乗レビュー速報