木目調パネルを徹底チェック【プリウス モデリスタの内装レビュー】

トヨタのプリウス。クルマをカスタマイズして、よりオシャレにしたい人に人気なのが、トヨタの純正アクセサリブランドのモデリスタ(Modellista)。プリウスでは2種類のエアロパーツを用意しているのですが、個人的に良いと思ったのは上質感のあるデザインが特徴のアップグレードスタイル。この上質感が特徴のアップグレードスタイルにマッチした外装・内装のデザインが好印象。このプリウス モデリスタのアップグレードスタイルは、嫌味が無いデザインになっているので、幅広い年齢に人気が高いのかなと思いました。そんなアップグレードスタイルのパーツを装備したプリウス(Prius)の内装・インテリアの様子を紹介したいと思います。

2016/8/2

Chapter
モデリスタ アップグレードスタイルの内装レビュー
パーツその1:木目調インテリアパーツセット
ドアの内側パネルも木目調パネルを採用
パーツその2:シフトレバー
トヨタ プリウス 2016

モデリスタ アップグレードスタイルの内装レビュー

プリウス(Prius)に上質感のあるアップグレードスタイルのモデリスタパーツを装備した時の様子はこのようになっています。

トヨタ プリウス 2016

そして、こちらがベースとなっている標準モデルの内装・インパネの様子。

トヨタ プリウス 2016

このように見比べると、雰囲気が異なりますよね。プリウス(Prius)のモデリスタアップグレードスタイルの内装・インテリアの特徴は、このようなブラウンカラーの木目調パネルを採用している点。ブラックパネルを採用している標準モデルよりも高級感&上質感があるデザインになっているように感じました。このようなオシャレな内装・インテリアをしているプリウス(Prius)のモデリスタ”アップグレードスタイル”ですが、次のようなパーツが装備されていました。

パーツその1:木目調インテリアパーツセット

プリウス(Prius)のモデリスタ”アップグレードスタイル”の内装・インパネには木目調デザインをしたインテリアパネルセットを装備。

トヨタ プリウス 2016

今回私が見たモデルではモダン&シックなデザインが特徴の茶木目調のパネルを採用。

トヨタ プリウス 2016

実際にこのパネルを見て良いと思ったのは、木目調のデザインに高級感がある事。たまに木目調パネルでもちょっと安っぽいなデザインで高級感がイマイチだな~っと思う事ありますよね?しかし、このプリウスのモデリスタ”アップグレードスタイル”で推奨している木目調パネルは、高級感のあるちょっと濃い目の木目調のデザインを採用。艶のあるデザインになっており、見た目も美しくて一目で高級なデザインだとわかります。また、木目調パネルの下部にはメッキ調のガーニッシュの加飾もされており、このメッキ調ガーニッシュもアクセントカラーになっていて、良いと思いました。

トヨタ プリウス 2016

ちなみに、この茶木目調のパネル以外に黒木目調のパネルも用意しており、そちらも全く同じ価格で選ぶことができるようです。私が実際に見たプリウス(Prius)のクールグレーカラーの内装色には、黒木目調のインテリアパネルを選択してもシックなデザインでオシャレなのかなと思いました。

ドアの内側パネルも木目調パネルを採用

また、プリウス(Prius)のモデリスタ”アップグレードスタイル”推奨の木目調インテリアパーツセットを装備すると、ドアの内側パネルもこのように木目調パネルがドアノブ付近に装備されます。

トヨタ プリウス 2016
トヨタ プリウス 2016

ちなみに、こちらが標準装備されているドアの内側パネル。

トヨタ プリウス 2016

このドアノブに装備された木目調パネルがワンポイントになっていて個人的にはお気に入り。プリウスの内装・インパネのデザインでは、室内を広くするためにインパネとドア内側パネルが一体化しているようなデザインになっています。

トヨタ プリウス 2016

広さを考えた点ではこのようなデザインは良いと思います。しかし、このプリウス(Prius)のインパネをちょっと遠くから見ると、ただただ真っ白でベタッとしたインパクトに欠けたデザインに感じてしまうと言うデメリットも・・・。(少なくとも私はこのように感じてしまいました。)しかし、モデリスタのインテリアパーツセットを装備し、ドアノブの部分に木目調パネルが装着されるだけで、クルマの室内の内装の雰囲気が一新。

トヨタ プリウス 2016

デザインにメリハリが出て、広さを確保しつつも、よりオシャレな内装・インテリアになっているような感じがしました。個人的にはプリウス(Prius)のモデリスタ”アップグレードスタイル”おススメの木目調インテリアパーツセットは、内装・インテリアに高級感・上質感が出てとても良いデザインだと思いました。

パーツその2:シフトレバー

また、プリウスモデリスタ”アップグレードスタイル”の内装には、ホワイトレザーを採用したシフトレバーとピアノブラック調のパネルをセットにしたシフトノブ&パネルセットが装備されていました。

トヨタ プリウス 2016

実はこの”シフトノブ&パネルセットは私が東京オートサロン2016で見たプリウス(Prius)のモデリスタ”アイコニックスタイル”にも装備されていました。

トヨタ プリウス 2016

この”アイコニックスタイル”にもピッタリだったホワイトレザーのシフトノブですが、高級感のある茶木目調のインパネパネルを装備した“アップグレードスタイル”のデザインにもしっかりとマッチ。

トヨタ プリウス 2016

高級感のあるピアノブラック調のパネルも含めて、好印象でした。もしモデリスタの”アップグレードスタイル”を装備するのなら、一緒にこのホワイトレザーのシフトノブも装備した方が良いのかなと思いました。

トヨタ プリウス 2016

プリウス(Prius)のモデリスタ”アップグレードスタイル”に推奨されている茶木目調パネルを装備した内装・インテリアはこのようなデザインになっていました。木目調パネルを様々なパーツに使いすぎるとオジサンのクルマっぽくなってしまうのが欠点・デメリットの一つですよね。しかし、プリウス(Prius)のモデリスタ”アップグレードスタイル”のように木目調のデザインがサラリと入っていると、嫌味やオジサンのクルマっぽさが無くて良いのかなと思いました。実際にこのプリウスのモデリスタ”アップグレードスタイル”を見て、幅広い年齢の方に受け入れられやすいデザインになっているのかなと思いました。プリウスのアップグレードスタイルは、エクステリアのメッキ部品の使い方が上手ですよね。あまりゴテゴテとしすぎていない感じがとても良いと思いました。

 

 

画像 試乗レビュー速報