ホンダ シャトルのエクステリア・外装で不満に思った点は?

ホンダ シャトル 2015

2015年5月15日にホンダからステーションワゴンのシャトル(Shuttle)が発売されましたね。このシャトル(Shuttle)は、ホンダの人気コンパクトカーフィット3(FIT3)をベースに作られた派生モデル。今まではフィットシャトルとしていて発売されていましたが、今回からシャトル(Shuttle)として発売。そんなシャトル(Shuttle)を早速見に行ってきました。

※ 2015年5月19日現在

Chapter
ホンダ シャトルのエクステリア・外装で不満に思った点は?
シャトル(Shuttle)の正面
シャトル(Shuttle)サイドから
シャトル(Shuttle)後ろから

ホンダ シャトルのエクステリア・外装で不満に思った点は?

今回、私がディーラーで確認できたシャトル(Shuttle)のグレードは、ハイブリッド車の最上位グレード”ハイブリッドZ”

そして、カラーはミスティックガーネットパールでした。

シャトル(Shuttle)の正面

シャトル(Shuttle)の正面からのデザインは、一見するとベースとなっているフィット3(FIT3)に雰囲気は似ています。また、このように見ると、ステーションワゴンではなく、セダン車に見えるのが面白いですよね。

シャトル(Shuttle)のフロントマスクの一番の特徴は、最近のホンダのクルマらしい鋭いヘッドライト。シャトル(Shuttle)はベースとなっているフィット3(FIT3)よりもヘッドライトのデザインがさらに鋭くシャープになりました。

また、フロントグリルのシルバーのガーニッシュがヘッドライトを貫いているようなデザインに。これは、フィット3(FIT3)には無いデザインでちょっとオシャレだと思いました。

ちなみに、シャトル(Shuttle)の最上位グレードのヘッドライトは、LEDライトを採用。また、最上位グレード”ハイブリッドZ”では、フォグランプが標準装備となっています。また、シャトル(Shuttle)がフィットⅡがモデルとなった先代フィットシャトルから進化した点は、ボンネットの部分。

先代モデルと比べて、エンジンルームが小さくしたことによりホイールベース部分を長くしたようです。ホイールベースが長くなり、室内が広くなったのは嬉しいですね。

<次のページに続く>
次ページ
シャトル(Shuttle)サイドから