アコード ハイブリッド外装画像レビュー【ヘッドライトに注目】

ホンダのプレミアムセダンアコード ハイブリッド。先日、東京の青山にあるショールーム”Hondaウエルカムプラザ青山”に、このアコード ハイブリッドが展示してあると聞き、早速見に行ってきました。そして、今回のビックマイナーチェンジで特に目を引いたのがフロントマスクのデザイン。ヘッドライトやフォグランプのデザインが変更され、よりシャープで高級感のあるエクステリアになったように感じました。また、タイヤやホイールのデザインも変更されよりスタイリッシュな雰囲気に…。そんなアコード ハイブリッドの写真をいつも通りたくさん撮ってきたので、外装・エクステリアの様子を紹介したいと思います。

2016/7/28

Chapter
アコード ハイブリッド画像レビュー1:正面から
アコードHVはフロントグリルも進化
アコードHV注目の装備1:ヘッドライト
アコードHV注目の装備2:フロントフォグランプ
アコード ハイブリッド画像レビュー2:横から
アコードHV注目の装備1:タイヤ&アルミホイール
アコード ハイブリッド画像レビュー3:後ろから
ホンダ アコードハイブリッド 2016

アコード ハイブリッド画像レビュー1:正面から

アコード ハイブリッドのフロントマスクは、このようなデザインになっています。

ホンダ アコードハイブリッド 2016
ホンダ アコードハイブリッド 2016
ホンダ アコードハイブリッド 2016

今回私が見ることができたモデルは最上位の”ハイブリッドEX”。そして、カラーは新色の”ディープオーロラメタリック”。今回初めてこのディープオーロラメタリックを見たのですが、ホームページ上で見たカラーと若干雰囲気が…。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

ホームページ上ではこのように光沢感のあるブルーといった印象を持っていたのですが、実際に見てみるとブルーとシルバーを混ぜたような思っていた以上にメタリック感のあるブルーに仕上がっていました。最初イメージしていたカラーとの違いに違和感を感じました。アコード ハイブリッドの”ディープオーロラメタリック”ですが、見慣れてくるとちょっと珍しいメタリック感の強いスタイリッシュなブルーもなかなか良いなと思いました。

アコードHVはフロントグリルも進化

また、アコード ハイブリッド(Accord Hybrid)は、フロントグリルのデザインも大幅に進化。


ホンダ アコードハイブリッド 2016

先代モデルではフロントグリル上部にブルーの樹脂パーツが装備されていましたが、今回は廃止。また、メッシュタイプだったフロントグリルも高級感のあるフィン(バー状)のタイプに変更。より高級感と押し出し感の強いデザインになっていました。若干ホンダの高級セダン車”レジェンド”LEGEND”っぽいなと感じましたが、プレミアムセダン車らしい上質感のあるデザインは好印象でした。


アコードHV注目の装備1:ヘッドライト

アコード ハイブリッドの注目の装備の一つが、LEDになったヘッドライト。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

このように見るだけでも、普通のヘッドライトのデザインと異なるのが、わかりますよね。アコード ハイブリッドは、ヘッドライト部分全体が一面光っているように見えるインラインタイプのヘッドライトを採用。実際にこの特徴的なヘッドライトを点灯すると、このような感じ。

ホンダ アコードハイブリッド 2016
ホンダ アコードハイブリッド 2016

かなりインパクトがありますよね。先代モデルよりも車格があがったように感じました。また、アコード ハイブリッドで印象的だったのは、
ウィンカーライトのデザイン。アコード ハイブリッド(Accord Hybrid)のウィンカーを点灯させるとこのような感じ。

ホンダ アコードハイブリッド 2016
ホンダ アコードハイブリッド 2016

このクルマのウィンカーは細めのラインのようなデザインを採用。スタイリッシュな新型アコード ハイブリッドのフロントマスクにピッタリのワイドなデザインになっており、このウィンカーも好印象でした。

アコードHV注目の装備2:フロントフォグランプ

また、アコード ハイブリッドは、フロントフォグランプのデザインも変更。ビッグマイナーチェンジをして新発売されたこのクルマのフォグランプは、このように角型LEDフォグランプを採用。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

実際にLEDのフォグライトを点灯させるとこのような感じ。

ホンダ アコードハイブリッド 2016
ホンダ アコードハイブリッド 2016

この5つのライトが連なった角型のフォグランプもインパクトがありますよね。ヘッドライトとマッチしたワイドな感じのLEDフォグランプも先代モデルよりもインパクトがあって、良いと思いました。

アコード ハイブリッド画像レビュー2:横から

また、アコード ハイブリッド(Accord Hybrid)を横から見ると、このような感じ。

ホンダ アコードハイブリッド 2016
ホンダ アコードハイブリッド 2016
ホンダ アコードハイブリッド 2016

クロームメッキ調のデザインを採用しているアウトサイドドアハンドルやウインドウモールがインパクトがあって良いですよね。また、今愛ビッグマイナーチェンジをした新型アコード ハイブリッドは、先代モデルよりも伸びやかなデザインになっているなと思ったら、どうやら全長が4,945mmとなっており30mmほど長くなっていました。ただ、実際にこのアコード ハイブリッドを見てみると、数値以上にボディサイズが大きくなったように感じました。

アコードHV注目の装備1:タイヤ&アルミホイール

また、アコード ハイブリッドの注目装備は、タイヤ&ホイール。今回私が見る事ができたのは最上位の”ハイブリッドEX”だったのですが、このEXグレードは、18インチサイズのタイヤを標準装備。


ホンダ アコードハイブリッド 2016

また、アコード ハイブリッド(Accord Hybrid)を見て良いと思ったのは、アルミホイールのデザインを変更。切削加工&ブラック塗装されたアコード ハイブリッドのアルミホイールは、よりスポーティーなデザインになっているように感じました。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

また、注目なのは、装備されているタイヤ。なんと、アコード ハイブリッドに標準装備されているタイヤは、ブリヂストンのレグノ(Bridgestone REGNO)。“Hondaウエルカムプラザ青山”にいた女性スタッフの方に話を聞いたところによると、タイヤサイズは大きくなったものの、乗り心地や静寂製も格段に良くなったとの事ですよ。これはちょっと楽しみですね。ブリジストンのレグノを装備した新型アコード ハイブリッドの乗り心地や走破性もかなり気になるので、今度ディーラーさんに試乗に行ってこようと思います。何はともあれ、アコード ハイブリッドにブリヂストンのレグノが装備されていて、少しテンションがあがっちゃいました^^


アコード ハイブリッド画像レビュー3:後ろから

また今回ビッグマイナーチェンジをしたアコード ハイブリッドを後ろから見ると、このような感じ。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

フロントマスクのデザインが大幅に進化したアコード ハイブリッドですが、リヤのデザインも変更。先代モデルと比べて、印象が変わったように感じました。このモデルのリアのデザインを見て印象的だったのが、エンブレム下にあるメッキ調のドアガーニッシュのデザイン。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

先代モデルは一直線だったのに対し、今回発売されたモデルはサイドの部分が釣り上がっているデザインを採用。またリアコンビネーションランプ自体も”ツリ目”のようなデザインに…。フロントマスクと同様に先代モデルもシャープなデザインになっているように感じました。そして、アコード ハイブリッドのLEDのリアコンビネーションランプを点灯すると、このような感じ。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

3本ラインに点灯するストップライトがオシャレですよね。このライン状に点灯するリアコンビネーションランプもオシャレで良いデザインだと思いました。

ホンダ アコードハイブリッド 2016

アコード ハイブリッドの外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。このモデルは先代モデルよりもシャープで高級感の
あるデザインになっているように感じました。ただ、特徴的なヘッドライトのデザインも含めて好き嫌いの分かれるデザインになっているように感じました。ただ、個人的にはホンダの高級セダン車レジェンド(LEGEND)っぽくなったこのアコード ハイブリッドの外装・エクステリアはとても良いと思いました。

画像 試乗レビュー速報