カムリ、ハイラックス、シビックなど…逆輸入車のメリット・デメリットとは?

トヨタ カムリ 2017

トヨタのカムリやハイラックス、スズキのバレーノ、ホンダのシビックなど、国産メーカーなのに海外で生産されたモデルが増えている印象です。いわゆる逆輸入車と呼ばれる、それらにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょう?

Chapter
急増する逆輸入車
かつての代表的な「逆輸入車」
最近の逆輸入車は、本気の量販車が多い
逆輸入車のメリット
逆輸入車のデメリット

急増する逆輸入車

スズキ バレーノはインド、三菱 ミラージュはタイ、トヨタ カムリは北米と、ひと口に逆輸入といってもその生産国はまちまちです。その理由は、多く売れる地域の近くで生産することで販売コストを下げるため。これは、わりと昔からある話です。

日本の自動車メーカーでは、2輪分野でその手法を積極的に進めていたホンダが先駆者的存在でしたが、その後日本車の輸出が増えると、貿易の不均衡による国際摩擦を解消する意味合いもあって、北米での生産が増えました。

その一方で、膨らむアジア市場に対応するため、東南アジア地域に現地法人を設立し、工場を建設。最初は型落ちのクルマや、技術育成的な意味合いもあって簡単なクルマを作り、次第に品質を上げていくという、いわば戦後日本の自動車業界と同じような立ち上げ方(日産や日野、いすゞはそれで技術を磨きました)をしたわけです。

世界中の工場で品質の高いクルマを作れるようになり、需要の拡大で生産規模が拡大したこと。同時に、国内生産車を輸出にまわすと、関税や輸送コストによってときには法外に高価になってしまうなど、メーカーにとって国内で生産するメリットが無くなったことも、「海外製日本車」が増えた要因です。

かつての代表的な「逆輸入車」

最近では増えているとはいえ、昔も海外製日本車の逆輸入が無かったわけではありません。

日産のスペイン工場で作られたミストラル、ホンダ米国工場生産のアコードワゴン、タイ生産のフィットアリアなど、結構な数がありました。なかでもミストラルとアコードワゴンは売れ行きも良かったようです。

ただし、それらの多くは「国内生産するまでもないけれど、ある程度の需要が見込める」という理由であったり、メーカーの資本提携の関係で輸入したなど、メーカーとしてもそれほど売る気は無かったのです。

ですから販売台数が振るわないのも当然で、三菱のピックアップトラック、トライトンのように最初からマニア向けに100台限定とされたものがあるくらいでした。

<次のページに続く>
次ページ
最近の逆輸入車は、本気の量販車が多い