【試乗インプレ】乗り心地が良いウェイクのおすすめのグレードは?

ウェイク画像00002

背の高さ特徴のダイハツ ウェイク(WAKE)ですが、釣りやキャンプなど
アウトドアをする人にとっても人気のようですね。

先日、このダイハツ ウェイク(WAKE)を試乗してきたのですが、
実際に運転してみると若干の乗り心地の固さが気になりました。

ただ、今回新発売されたこの新型モデルはグレードによって
タイヤサイズが異なり、また、乗り心地も異なります。

どのグレードの乗り心地が良かったのか?
実際にウェイク(WAKE)を試乗した感想を紹介したいと思います。

※2016年8月3日の記事です。

ウェイクのL系グレードの方が乗り心地が柔らかい理由

ダイハツ ウェイク(WAKE)のL系グレードの方が乗り心地が柔らかい一番の
理由は、タイヤサイズと扁平率の違い。

ウェイク(WAKE)の最上位モデルのGグレードと中間モデルのLグレードでは、
このようにタイヤサイズと扁平率が異なります。

■ウェイクのタイヤサイズ比較
・G系グレード
タイヤサイズ:165/55R15 75V
扁平率      :55%
・L系グレード
タイヤサイズ:165/55R15 75V
扁平率      :65%

ここで注目なのは、扁平率。

タイヤの扁平率とは、タイヤの断面の高さをタイヤの幅で割った数値。
そして、この数値が低ければ低いほど薄いタイヤとなっており、
固めの乗り心地になります。

今回私が試乗をさせてもらったダイハツ ウェイク(WAKE)の場合、扁平率を
比較してみると、G系グレードの方がL系グレードよりも数値が低くなっております。

このタイヤの薄さ・扁平率の違いが、この2つのモデルの
乗り心地の違いに大きく影響を与えているのかなと思いました。

今回ダイハツ ウェイク(WAKE)の中間グレード”Lレジャーエディション”を
試乗してみたのですが、思ったよりも乗り心地が良くて少々驚きました。
また、個人的には最上位モデルのGグレードよりも良いように感じました。

もしウェイク(WAKE)のGグレードを試乗して乗り心地の悪さが気になった方は、
ぜひともLグレードも試乗をしてみてくださいね。もしかしたらあなた好みの
乗り心地になっているかもしれませんよ。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ
商品詳細