360度ドライブレコーダー+リアカメラ!メーカー別おすすめ機種を紹介

ドライブレコーダー

前後左右・車内も記録してくれる360度カメラにリアカメラが付いたドライブレコーダーは、万がいちの事故はもちろん、あおり運転やその他ドラブル対策にも効果の高いアイテムです。そこでここでは360度ドライブレコーダーの基本性能と、リアカメラがあるとどんなメリットがあるのか、さらにはメーカー別のおすすめ機種など詳しく解説します。

Chapter
ドライブレコーダーはどうして必要なの?
撮影形態で見るドライブレコーダーの特徴
360度録画タイプドライブレコーダーの長所
360度+リアカメラドライブレコーダーのおすすめ
1:コムテック「ドライブレコーダー HDR360GW」
2:THANKO(サンコー) 「ミラー型全面液晶360度ドライブレコーダーリアカメラ付き SMFSD3DR」
3:ユピテル「360°撮影対応ドライブレコーダー marumie Q-30R」
4:ケンウッド「360°撮影対応ドライブレコーダーDRV-CW560-K」
5:セルスター工業「CS-361FHT 」
6:WATEX(ワーテックス) DVR-360
7:Carmate(カーメイト) d'Action 360D DC4000R
8:THANKO ドライブレコーダー CARDVR32
ドライブレコーダー360度タイプの選び方
お気に入りの360度ドライブレコーダーを見つけよう

ドライブレコーダーはどうして必要なの?

事故の記録だけでなく、近年急増しているあおり運転の対策にもおすすめのドライブレコーダーですが、ひと口にドライブレコーダーといっても、さまざまなタイプがあり、カー用品店に行っても迷って決めかねている、という方も多いのではないでしょうか?

万がいち、いざというときに活躍するアイテムなので、いますぐに装着する必要がないのも、決めかねる要因ですよね。

とはいえ、ドライブレコーダーを設置することによって、あおり運転を受けにくくなるとも言われており、事故にあった場合も強力な証拠となるアイテムですから、転ばぬ先の杖的に早めに導入することが吉です。

撮影形態で見るドライブレコーダーの特徴

本体とカメラは一体?それともセパレート?形状によるタイプ

撮影形態のまえに、形状によるタイプを解説します。ドライブレコーダーは、おおきく分けると、カメラ本体一体型・セパレート型・ミラー型の3つに分けることができます。

カメラ本体一体型は、レコーダー本体にカメラが内蔵されているもので、設置も比較的簡単です。セパレート型は、本体とカメラが分かれたものです。

撮影カメラによるタイプ分け

カメラは「フロント」「フロント+リア」「360度」「360度+リア」の4つです。

フロント1カメラは、もっともベーシックな形態。フロント+リアカメラは、車両の前方と合わせて後方も同時に録画します。

360度は、フロント、左右、車内、後方を撮影できますが、多くはフロントガラスに本体を設置するため、後方の映像がリアウインドウ越し、さらに遠いという問題がありました。そこで後方の映像を追加したタイプとして、360度カメラ+リアカメラが生まれました。

360度録画タイプドライブレコーダーの長所

360度カメラを使ったドライブレコーダーのメリットは、前後左右、車両の周囲をぐるっと撮影・録画できることです。

一般的に普及しているのはフロントの360度カメラで、側方や後方は室内のウインドウ越しになります。後方の接触や追突、あおり運転車両のナンバーが見えにくくなることが欠点です。

その欠点を補い、さらに360度カメラのデメリットもカバーできるのが、360度カメラ+リアカメラです。保険という意味でドライブレコーダーの装着を考えているなら、多少出費がかさんでもこのタイプが断然おすすめです。

360度+リアカメラドライブレコーダーのおすすめ

おすすめの360度カメラ+リアカメラドライブレコーダーをピックアップしました。それぞれメーカーの解説と合わせて、製品を解説します。

製品によっては独自の機能や技術が詰め込まれたものがあります。どのような機能があるといいのか、愛車にはあっているのかなど、360度カメラ+リアカメラドライブレコーダーを選ぶ際の参考にしてください。

1:コムテック「ドライブレコーダー HDR360GW」

株式会社コムテックは、レーダー探知機でも有名なカー用品メーカーです

ドライブレコーダーを始め、さまざまなカー用品を取り扱っています。ドライブレコーダーはフロントカメラにリアカメラ、360度カメラとすべて揃っています。また、保証期間も最長3年と安心感もあることから、人気のあるメーカーです。

コムテック(COMTEC) コムテック 360度全方向カメラ+リヤカメラ搭載 ドライブレコーダー HDR360GW 340万画素 ノイズ対応 夜間画像補正 LED信号対応 専用microSD(32GB)付Gセンサー GPS 12/24V対応 3年保証 日本製 駐車監視機能付 補償サービス2万円 COMTEC

28,800円〜(税込)

340万画素の高画質で、鮮明な画像や動画を記録

安心の日本製、テレビCMでおなじみのコムテック HDR360GWは、360度カメラにリアカメラがついているセパレートタイプのドライブレコーダーです。

有効画素数340万画素、画像補正付きの高画質で、より鮮明な画像や動画を記録してくれます。バックアップ機能も搭載しており、事故の衝撃でファイルが破損しても記録した映像は保護されます。

3年保証、補償サービスもついています。ただし補償サービスを受けるには、ホームページにて事前登録が必須です。

メーカー
コムテック(COMTEC)
ブランド
コムテック(COMTEC)
モデル名
HDR360GW
梱包サイズ
4.2 x 6.6 x 10.9 cm; 595 g
商品モデル番号
HDR360GW
商品の重量
595 g

コムテック(COMTEC) コムテック ドライブレコーダー HDR361GW 360°カメラで全方位録画+リヤカメラで車両後方を録画 microSDカードメンテナンスフリー対応 32GBmicroSDカード付属 日本製 3年保証 常時録画 衝撃録画 GPS 駐車監視 補償サービス2万円

29,371円〜(税込)

コムテック最新の360度+リアカメラモデル

コムテック HDR361GWは、上記のHDR360GWの進化版。SDカードの定期的なフォーマットから開放される”SDカードフォーマットフリー”にくわえ、駐車監視モードでは1ファイル5分(通常は1ファイル1分)として重要なシーンの上書きを防止しています。

この駐車監視モードのみフレームレートを5fpsとしているので、1ファイルの容量は通常時(メイン27.5fps/リア28fps)と変わりません。また使用できるカード容量も128GBまでと大幅にアップ(※HDR360GWはファームウェアの更新で使用可能)。より使いやすくなっています。

メーカー
コムテック
ブランド
コムテック(COMTEC)
モデル名
HDR361GW
梱包サイズ
4.2 x 6.6 x 10.9 cm
商品モデル番号
HDR361GW

2:THANKO(サンコー) 「ミラー型全面液晶360度ドライブレコーダーリアカメラ付き SMFSD3DR」

サンコー株式会社は、生活家電やPC周辺機器の製造、販売からマイクロスコープ、精密機器、工業用カメラまで幅広く扱う電子機器メーカーです。

ドライブレコーダーは、乗用車用のほか業務用やバイク用も手掛けます。なかでもミラー型を得意としており、360度+リアカメラのミラー型ドライブレコーダーが注目されています。

THANKO THANKO ミラー型全面液晶360度ドライブレコーダーリアカメラ付き SMFSD3DR

19,800円〜(税込)

いま流行りのリアビューモニターとしても使える

心配性な方におすすめのミラー型全面液晶360度ドライブレコーダーリアカメラ付きTHANKO(サンコー) SMFSD3DRは、ルームミラーへ簡単装着できるミラー型の360度+リアカメラのドライブレコーダーです。

5つのカメラモードが搭載されており、通常のリアモニターにくわえて、通常のフロントカメラ映像に近いワイドアングルカメラモード、球体状の映像を映し出す球面モード、上下2画面モード、360度を4分割したマルチモードで映像を確認できます。

メーカー
サンコー
ブランド
THANKO
モデル名
SMFSD3DR
梱包サイズ
26.6 x 2.5 x 10 cm; 341 g
商品モデル番号
SMFSD3DR
商品の重量
341 g

THANKO THANKO 3インチ360度ドライブレコーダー&リアカメラ DR360D3R

18,353円〜(税込)

コンパクトでリーズナブルな360度ドライブレコーダー

3インチのダッチパネルモニターを備えたTHANKO(サンコー) DR360D3Rは、フロント360度、リア80度(水平画角)の2つのカメラでクルマの全周囲をカバーします。

画像はフロント200万画素で、Gセンサーによるイベント録画機能もついているほか、バックアップバッテリーが内蔵されており、駐停車中にエンジンが掛かってないときでもボディへの衝撃を検知すると録画を開始します。

360度+リアカメラのなかではリーズナブルな価格魅力です。

メーカー
サンコー
ブランド
THANKO
モデル名
DR360D3R
梱包サイズ
3.1 x 9.3 x 6.3 cm; 102 g
商品モデル番号
DR360D3R
商品の重量
102 g

3:ユピテル「360°撮影対応ドライブレコーダー marumie Q-30R」

株式会社ユピテル映像技術とGPS応用機器の製造販売のために設立した、東京に本部を構えるメーカーです。カー用品を始め、ロボットやバイク用品、ゴルフ・スポーツ用品まで幅広い製品を取り扱っています。

ドライブレコーダーはフロントカメラから360度カメラまで揃っており、4Kの高性能ドライブレコーダーを取り扱っているなどユーザーにもとても人気の高いメーカーです。

ユピテル(YUPITERU) ユピテル 全方向対応 360度カメラ+リアカメラ搭載 ドライブレコーダー Q-31R 約360万画素 + 200万画素 SONY製CMOSセンサー「STARVIS」搭載 夜間対応 後方あおり運転自動保存 地デジノイズ対策済 GPS Gセンサー搭載 microSDカード32GB付属 Yupiteru

37,300円〜(税込)

安全運転サポート機能を搭載した最新機種

2021年用品大賞を受賞したQ-30Rの後継機種ユピテル Q-31Rは、Q-30Rの高性能をそのままに安全運転サポート機能を追加した商品です。

安全運転サポートにより、後方から異常接近する車両を検知すると録画を開始する機能が追加。あおり運転を受けたときに、自動で録画されるので、恐怖感から録画をミスったというトラブルを無くしました。駐車監視は、別売のケーブルを追加することで機能します。

メーカー
ユピテル(Yupiteru)
ブランド
マルミエ(marumie)
モデル名
Q-31R

ユピテル(YUPITERU) ユピテル 全方向対応 360度カメラ+リアカメラ搭載 ドライブレコーダー Q-30R 約360万画素 + 200万画素 SONY製CMOSセンサー「Starvis™」搭載 夜間対応 地デジノイズ対策済 GPS Gセンサー搭載 3年保証 microSDカード32GB付属 Yupiteru

25,000円〜(税込)

直前の大事な信号や看板の記録も可能としたモデル

ユピテル marumie Q-30Rは、360度カメラにリアカメラがプラスされたセパレートタイプのドライブレコーダーです。

通常の360度カメラでは車両直前の上部視野が狭くなるため、カメラを傾けることで垂直240度のカメラアングルを可能としたことにより、重要な信号や看板も広く記録できるようになりました。

またリアカメラにもHDR機能が搭載されており、後方車両のナンバープレートもしっかり鮮明に記録してくれます。

メーカー
ユピテル(YUPITERU)
ブランド
ユピテル(YUPITERU)
モデル名
Q-30R
梱包サイズ
3.9 x 6.9 x 7.2 cm; 0 g
商品モデル番号
Q-30R

4:ケンウッド「360°撮影対応ドライブレコーダーDRV-CW560-K」

カーエレクトロニクス全般を扱うケンウッドは、横浜に本社を構えるメーカーです。

ドライブレコーダーは、フロントカメラ、フロント+リアカメラ、360度カメラを取り扱っています。なかでもデジタルルームミラーを搭載したドライブレコーダーは、12型IPS液晶の大画面で操作もしやすく、通常のミラーより確認しやすいので人気です。

ケンウッド(KENWOOD) KENWOOD(ケンウッド) ドライブレコーダー DRV-C750R 360度カメラ+リアカメラセット 前後左右/360度撮影対応/GPS/駐車監視録画対応/シガープラグコード(3.5m)付属/SDカード付属(32GB) DRV-C750R 【ステッカー付】

30,630円〜(税込)

前後に加え左右や車室内の録画に対応するセパレートタイプ

フロントにトップクラスの明るさを誇るF1.8レンズを採用したケンウッドの360度+リアカメラがセットになったドライブレコーダーがDRV-C750Rです。

前後左右はもちろん、車内まで360度死角なく映像記録に、リアカメラを追加して全方位死角をなくしました。記録映像の書き込みは、断片化が起きない独自のファイルシステムを採用し、定期的なフォーマットを不要としたこともポイントです。

メーカー
ケンウッド(KENWOOD)
ブランド
ケンウッド(KENWOOD)
モデル名
DRV-C750R
梱包サイズ
3.2 x 7.4 x 8.6 cm; 128 g
商品モデル番号
DRV-C750R
商品の重量
128 g

5:セルスター工業「CS-361FHT 」

株式会社セルスター工業カー用品や関連エレクトロニクス製品の製造販売のために設立された、神奈川県に本社を構えるメーカーです。

ドライブレコーダーはフロントカメラ、フロント+リアカメラ、360度カメラ、フロント+車内カメラなど。自社工場で生産から販売まで担っており、純国産、3年保証もついていることから安心・安全を自負しています。

画角180度のカメラを背中合わせにした180°+180°=360度フロントカメラにリアカメラをプラスしたCS-361FHTは、まもなくリリースされるセルスター工業の最新型ドライブレコーダーです。

180°×2カメラにすることでゆがみの少ない映像が記録できるほか、車内暗視カメラ+赤外線LEDを搭載しているため、暗い場所の撮影でも鮮明に記録してくれます。

GPS機能も搭載されており、危険なエリアを画面表示か警告音で知らせてくれます。さらに無料アプリ「MyCellstar」をインストールしておけば最新情報をいつでも更新・確認可能です。

6:WATEX(ワーテックス) DVR-360

株式会社ワーテックス(WATEX)は、もともとトラック市場向けの製品を開発・販売してきた国内メーカーです。

ドライブレコーダーは、2007年にトラック向けを発売するなど、歴史も古く、信頼性とノウハウは折り紙付きなのです。気になる一般向けは、フロントカメラ、前後2カメラ、360度+リアカメラがラインアップされています。

WATEX ワーテックス ドライブレコーダー 360°超広角視野 リアカメラ付属 DVR-360-2

20,979円〜(税込)

わずらわしいSDカードのフォーマットがいらない360度カメラ+リアカメラ

360度+リアカメラで車両を全方位監視できるWATEX DVR-360Vは、フロント368万画素、リア200万画素の精細な画像が特徴です。

HDRを搭載し、夜間やトンネルの出口などでの白飛びや黒つぶれを抑えるほか、ソニー製STARVIS搭載のCMOSセンサーで夜間の撮影にも対応。液晶画面は3インチのタッチスクリーンで、遡行中のライブ映像は前後左右の4画面表示、前後2画面表示、前方表示、リアカメラ表示から選べます。

メーカー
WATEX
ブランド
WATEX
梱包サイズ
cm; 732 g
商品モデル番号
DVR-360-2
商品の重量
732 g

7:Carmate(カーメイト) d'Action 360D DC4000R

カーメイトは、1965年(昭和40)に東京都台東区で創業された歴史あるカー用品ブランドです。創業当時に販売されたオートピロー(ヘッドレスト)やストップランプといったカーアクセサリーのほか、消臭芳香剤、ルーフキャリア(INNO)、チャイルドシート、スノーボード関連用品など、さまざまな製品を世に送り出してきました。

2017年には、同社初のドライブレコーダーとなる”ドライブアクションカメラ d'Action360"をリリース。他にはない発想で注目のブランドとなっています。

カーメイト(CARMATE) カーメイト ドライブレコーダー 【前後2カメラ+360°】 3カメラ搭載 ダクション360D DC4000R

50,505円〜(税込)

360度カメラ+前後カメラでより高精度になったドラレコ

360度カメラ+前後カメラという3カメラが同時録画できるカーメイト d'Action(ダクション) 360D DC4000R

フロントカメラは、HDRとWDRの画像補正にくわえ、あえて画角を絞ることで精細な映像を記録できるように設定されています。またリアカメラはSTARVIS搭載で、濃いスモークガラスにも対応しています。

オプションパーツを追加することで、駐車監視も可能になる高機能なドライブレコーダーです。

メーカー
カーメイト(CARMATE)
ブランド
カーメイト(CARMATE)
モデル名
DC4000R
梱包サイズ
4.7 x 12.2 x 9.2 cm; 204 g
商品モデル番号
DC4000R
商品の重量
204 g

8:THANKO ドライブレコーダー CARDVR32

秋葉原に拠点を置くサンコー株式会社は、コンピュータ本体および周辺機器の販売や家電製品の開発&販売までを手掛ける企業です。

カー用品は、ドライブレコーダーのほか、車中泊に役立つアイテムや年末の大掃除に使えるグッズなど、幅広く取り扱ってます。

THANKO THANKO ミラー型全面液晶360度ドライブレコーダーリアカメラ付き SMFSD3DR

19,800円〜(税込)

操作と映像の確認はミラー内蔵モニターで行う

リアに105度の広角カメラを追加した、車両の全周囲撮影できる360度ドライブレコーダー

ミラー部がタッチパネルになっているので、操作も簡単。映像は、マルチウインドウモード、フロント&バックモード、ワイドアングルモード、左中央右モード、球面モードの5つのカメラモードを選択可能。後退時、リアカメラはバックモニターとして使えます。

LED信号未対応(東日本と西日本で設定の切り替えが必要)だったり、画像補正がなかったりといった気になる点はあるものの、手に取りやすい価格は魅力です。

メーカー
サンコー
ブランド
THANKO
モデル名
SMFSD3DR
梱包サイズ
26.6 x 2.5 x 10 cm; 341 g
商品モデル番号
SMFSD3DR
商品の重量
341 g

ドライブレコーダー360度タイプの選び方

ここからは、360度カメラドライブレコーダーの選び方を解説していきます。目的や画像性能、本体形状や付加機能など、自分にあったドライブレコーダーを選ぶ参考にしてください。

1:目的・用途に合うものを選ぶ

まず第一条件として、目的・用途にあったものを選ぶようにしてください。

ドライブレコーダーを設置する目的は、事故やあおり運転対策がおもなものですが、万全の体制を整えておきたいのあれば、ここまで紹介した360度+リアカメラが最強です。が、予算に制約があるという場合は、前後2カメラ、または360度タイプを選ぶと良いでしょう。

2:画質・映像の鮮明さで選ぶ

ドライブレコーダーを選ぶにはフルHD、200万画素以上のものを選んでください。画質が低いと鮮明な画像が撮影できず、万がいちのときに証明とならない可能性があります。

HDRやWDR機能は、白とびや黒つぶれを予防する機能で明るさ調整もしてくれるので、トンネルや夜間などのに有効。STARVISは、ソニーのCMOSセンサーに追加された機能で、暗い場所でもノイズの少ない鮮明な映像を記録してくれる新しい機能です。

3:本体タイプで選ぶ

360度ドライブレコーダーには、一体型とミラー型があります。一体型はレコーダー本体にカメラが内蔵されているもので、ミラー型は車のルームミラーに設置するものです。

ミラー型の多くはリアカメラの映像をミラーに映し出す機能が付いているので、デジタルミラーとしても活躍してくれます。ただしミラーのサイズや大きさによっては装着できない場合もあるので、注意が必要です。

4:駐車監視機能の有無で選ぶ

駐車監視機能があるかないかで選ぶものおすすめです。駐車監視機能とは、駐車時にも常時撮影する機能のことで、エンジンが停止していても撮影を行います。

万がいち駐車時に車に傷をつけられたり、当て逃げをされたりした場合でも、しっかり証拠を残してくれます。駐車監視機能が標準搭載されているものは少なく、オプションでパーツを購入して使うものがほとんどです。

5:その他の付加機能で選ぶ

ドライブレコーダーによってはそれぞれ搭載された付加機能があります。

たとえばWi-Fi機能は、ドライブレコーダーで撮影したものを瞬時にスマホやタブレットのアプリで確認できる機能で、万がいちの際にあると便利です。これを利用して、ドライブレコーダー本体から液晶画面を取り払った機種も増えてきました。

GPS機能とは、走行時の撮影と一緒に位置情報も記録してくれる機能のことです。

よく知らない土地で万がいち事故にあった場合、うまく説明できなくてもGPS機能が搭載されているドライブレコーダーが正確な情報を証明してくれます。速度も記録してくれているため、より正確な証明となります。

Gセンサーとは加速度センサーのことで、衝撃を受けるとセンサーが働き、前後数十秒間を保存します。

イベント録画やイベント記録とも呼ばれ、事故の瞬間をしっかり記録して、上書きされない場所に自動で保存します。ただし、ドライブレコーダーによってはどの程度の衝撃で記録してくれるかはわからないため、Gセンサーの感度設定を自身で操作する必要があります。

6:取り付け方法で選ぶ

ドライブレコーダーのタイプによっては、設置できない車種があります。

まずはどこに設置するか、どれくらいの大きさまでなら大丈夫かを先に調べておく必要があります。

また配線が複雑なものは、素人で設置するのは難しいため、業者にお願いするのでなければ、簡単に取り付けできるタイプを選ぶようにすると良いでしょう。

お気に入りの360度ドライブレコーダーを見つけよう

今回紹介した360度カメラ+リアカメラ型は、これからドライブレコーダーの購入を考えている方にぜひおすすめです。

フロントカメラのみに比べると、価格は高くなってしまいますが、そのぶん広い範囲をカバーできているという安心感が得られます。

事故やあおり運転対策のため、ぜひお気に入りの360度カメラ+リアカメラ型のドライブレコーダーを探してみてください。