【2022年版】高還元率でおすすめのETCカード10選|ポイントを二重取りする方法まで解説

クレジットカード

「ETCカードを利用したら、どれくらいポイントが付くのかな?」
「ETCカードの還元率を教えてほしい」
「お得なETCカードを知りたい」

還元率が高くてお得なETCカードを持ちたいけれど、各カードの特徴がわからなくて疑問や不安を感じている人もいるでしょう。

この記事では、還元率の高いおすすめのETCカード、還元率以外でETCカードを選ぶポイント、ETCカードを発行するメリットについてまとめました。併せて、ETCカードのポイントを二重取りする方法、アンケート調査結果についても紹介しています。

この記事を読めば、還元率の高いETCカードやお得なETCカードについて理解できるでしょう。この記事を参考に、あなたに適したETCカードを作ってください。

Chapter
還元率の高いETCカードおすすめランキング10選
リクルートカード:基本還元率1.2%
楽天カード:基本還元率1%
JCBCARD W:基本還元率1%
dカード:基本還元率1%
Orico Card THE POINT:基本還元率1%
au PAY カード:基本還元率1%
三井住友カード RevoStyle(リボスタイル):基本還元率1%
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:基本還元率1%
PayPayカード:基本還元率1%
VIASOカード:ETC還元率1%
還元率以外でETCカードを選ぶ4つのポイント
【お得】ETCカードのポイントを二重取りする方法
ETCカードを発行する4つのメリット
ETCカードに関するアンケート調査
高還元率のETCカードでポイントをザクザク貯めよう

還元率の高いETCカードおすすめランキング10選

数あるETCカードの中でも、還元率が高いETCカードをランキング形式で紹介すると以下のようになります。

・リクルートカード
・楽天カード
・JCBCARD W
・dカード
・Orico Card THE POINT
・au PAY カード
・三井住友カード RevoStyle(リボスタイル)
・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
・PayPayカード
・VIASOカード

それぞれのETCカードの詳細を解説します。

なお、今回は各ETCカードの基本還元率が高い順に紹介しています。

リクルートカード:基本還元率1.2%

リクルート リクルートカード

年会費無料

基本還元率1.2%でトップレベルのお得さ

リクルートカードは基本還元率が1.2%と一般カードの中ではトップレベルの還元率です。

ETCでの利用はもちろん、普段のショッピングでもポイントが貯まり、大変オトクです。

しかも、リクルート系のサービスでは、ポイント還元率が最大で4.2%になる場合もあります。

トヨタレンタカー、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカーなど、レンタカーの主要各社が優待店舗になっている店も嬉しいですね。

これだけのサービスがついていながら、年会費は無料に設定されています。

ETC還元率
1.2%
ETC年会費(税込)
無料
ETC発行手数料(税込)
1,100円 ※JCBのみ無料
ETCカード発行スピード
約1週間
クレジットカード年会費(税込)
無料
クレジットカード還元率
1.2〜4.2%
ブランド
Visa、Mastercard、JCB
ポイント
リクルートポイント

楽天カード:基本還元率1%

Rakuten 楽天カード(楽天ETCカード)

年会費無料

基本還元率1%で楽天会員ならさらにオトク

楽天カードは基本還元率1%と高還元率のカードである上に、楽天会員ではさらにポイントの上乗せがある点が魅力的です。

具体的には、楽天モバイル、楽天銀行など楽天系のサービスを利用するとポイント還元率がさらにプラスされていき、最大14倍になります。

車関係では、マイカー登録をすることでポイント倍率を上げることが可能です。

ETC年会費は通常550円かかりますが、楽天PointClubのプラチナ・ダイヤモンド会員の場合には無料になります。

ENEOSの利用で最大1.5倍のポイントが貯まる点も嬉しいですね。

ETC還元率
1%
ETC年会費(税込)
550円
ETC発行手数料(税込)
無料
ETCカード発行スピード
約1週間
クレジットカード年会費(税込)
永年無料
クレジットカード還元率
1〜4.5%
ブランド
Visa、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS
ポイント
楽天ポイント

JCBCARD W:基本還元率1%

JCB JCBCARD W(ETCスルーカード)

年会費無料

39歳以下が申し込める還元率1%の高還元カード

JCBCARD Wは18〜39歳が申し込めるカードで、基本還元率が1%でお得です。

ETC発行手数料や年会費がかからないため、普段はあまり高速道路を利用しない方でも適したカードです。

ポイントが2倍になる特約店の中に、シェルSS、タイムズパーキング、ニッポンレンタカーなどが含まれている点も評価が高いです。

貯まったOkiDokiポイントはAmazonでも使えるため、使い勝手が良いです。

ETC還元率
1%
ETC年会費(税込)
無料
ETC発行手数料(税込)
無料
ETCカード発行スピード
約2週間
クレジットカード年会費(税込)
永年無料
クレジットカード還元率
1〜10%
ブランド
JCB
ポイント
Oki Dokiポイント

dカード:基本還元率1%

NTT docomo dカード(dカード ETCカード)

年会費無料

docomoユーザーにおすすめの高還元カード

dカードはdocomoユーザーにおすすめの高還元カードです。

ETCカードの年会費は初年度無料ですが、2年目以降も前年にETCカードを1回でも利用していれば無料になります。

ENEOSやオリックスレンタカーが特約店に含まれており、ポイントが上乗せされる点も嬉しいですね。

ETC還元率
1%
ETC年会費(税込)
初年度無料
ETC発行手数料(税込)
無料
ETCカード発行スピード
約2週間
クレジットカード年会費(税込)
永年無料
クレジットカード還元率
1〜4.5%
ブランド
Visa、Mastercard
ポイント
dポイント

Orico Card THE POINT:基本還元率1%

Orico Orico Card THE POINT

年会費無料

入会後6ヶ月間はポイント還元率2%

Orico Card THE POINTは基本還元率が1%と高いことに加えて、入会後6ヶ月間はポイント還元率が2%になる点も嬉しいカードです。

さらに、オリコモール経由で買い物をすることで、ポイント還元率が最大で15.5%になります。

ETCカードの発行手数料、年会費がともに無料に設定されている点も嬉しいですね。

レンタカーでの優待も充実しており、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカーなどで事前に予約しOrico Card THE POINTで支払うと基本料金の5〜20%の割引を受けられます。

ETC還元率
1%
ETC年会費(税込)
無料
ETC発行手数料(税込)
無料
ETCカード発行スピード
1〜2週間程度
クレジットカード年会費(税込)
無料
クレジットカード還元率
1〜2%
ブランド
Mastercard、JCB
ポイント
オリコポイント

au PAY カード:基本還元率1%

au au PAY カード

年会費1,375円(年1回利用で無料)

最大10,000ポイントの入会キャンペーンあり

au PAY カードは最大10,000Pontaポイントがもらえる入会キャンペーンが魅力的なカードです。

特にau PAYとの相性が良く、au PAYへのポイントチャージを行い、au PAYを利用すると還元率が1.5倍にアップします。

オリックスレンタカー、出光SS、得タクで優待を受けられる点も嬉しいですね。

ちなみに、ETCカードの発行手数料は1,100円ですが、ETCカードの初回通行料から差し引かれるため、実質無料になっています。

ETC還元率
1%
ETC年会費(税込)
無料
ETC発行手数料(税込)
1,100円
ETCカード発行スピード
1〜2週間程度
クレジットカード年会費(税込)
1,375円(年1回利用で無料)
クレジットカード還元率
1%
ブランド
Visa、MasterCard
ポイント
Pontaポイント

三井住友カード RevoStyle(リボスタイル):基本還元率1%

三井住友カード 三井住友カード RevoStyle(リボスタイル)

年会費無料

基本還元率1%のリボ払い専用カード

三井住友カード RevoStyleはリボ払い専用のカードです。

通常リボ払いの手数料は15%程度ですが、9.8%というオトクな手数料で利用することが可能です。

還元率は通常1%ですが、リボ払い手数料が発生した月にはポイントが2倍になり、さらにお得になります。

ETCの発行手数料や年会費もかかりません。

ETC還元率
1%
ETC年会費(税込)
初年度無料
ETC発行手数料(税込)
無料
ETCカード発行スピード
約2週間
クレジットカード年会費(税込)
無料
クレジットカード還元率
1〜2.5%
ブランド
Visa
ポイント
Vポイント

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:基本還元率1%

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド アメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カード

31,900円(税込)

基本還元率1%

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの基本還元率は1%です。たとえば、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでの買い物、携帯電話料金の支払いなどでカードを使えば、利用料金100円につき1ポイント還元されます。

因みに、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費は31,900円(税込)で、家族カードの1枚目は無料です。ただし、家族カードの2枚目からは13,200円(税込)掛かります。

ETCカードも、利用すればポイントが貯まるシステムです。個人用のETCカードの場合、発行手数料が935円(税込)掛かり、有効期限は5年となっています。

個人用ETCカードの発行枚数は、基本カード会員1人につき5枚まで可能です。家族会員の場合は、1人につき1枚のため注意しましょう。

ETC還元率
1%
ETC年会費(税込)
無料
ETC発行手数料
935円(税込)
ETCカード発行スピード
約2週間
クレジットカード年会費(税込)
31,900円
クレジットカード還元率
0.5%
ブランド
AMERICAN EXPRESS
ポイント
メンバーシップ・リワード

PayPayカード:基本還元率1%

PayPay PayPayカード

年会費無料

基本還元率1%

PayPayカードの特徴として「基本還元率が1%」「PayPayポイントが貯まる」「年会費が永年無料」といった点が挙げられるでしょう。

PayPayカードを、PayPay加盟店及びクレジットカード加盟店での支払いに使用すれば、利用金額100円につきPayPayポイント1%が還元されます。

PayPayカードからETCカードを追加する際、1枚あたりの年会費が550円(税込)必要です。因みに、ETCカードは5枚まで申し込みできます。ただし、複数のETCカードを申し込めば、枚数分の年会費が発生するため注意してください。

ETC還元率
1%
ETC年会費(税込)
550円
ETC発行手数料(税込)
無料
ETCカード発行スピード
7〜10日程度
クレジットカード年会費(税込)
無料
クレジットカード還元率
1〜3%
ブランド
Visa、Mastercard、JCB
ポイント
PayPayポイント

VIASOカード:ETC還元率1%

三菱UFJカード 三菱UFJカード VIASOカード

年会費無料

ETC還元率1%

VIASO(ビアソ)カードとは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。主な特徴として「年会費無料」「オートキャッシュバック機能」「ETC還元率1%」が挙げられます。

VIASOカードは条件なしで年会費が無料です。また、貯まったポイントを自動で還元するオートキャッシュ機能が付いているため、ポイントを失効させる心配もありません。

VIASOカードでショッピングをした場合、利用代金1,000円に対して5ポイント貯まります。ただし、ETCを利用した場合はポイントが2倍になるため、還元率が1%になります。

ETCカードを新規で発行する場合、手数料が1,100円(税込)必要です。ETCカードを使用すれば、利用代金1,000円で10ポイント貯まります。貯まったポイントは自動でキャッシュバックされるため安心です。

ETC還元率
1%
ETC年会費(税込)
無料
ETC発行手数料(税込)
1,100円
ETCカード発行スピード
1〜2週間程度
クレジットカード年会費(税込)
無料
クレジットカード還元率
0.5〜1%
ブランド
MasterCard
ポイント
VIASOポイント

還元率以外でETCカードを選ぶ4つのポイント

ETCカードを選ぶ時に、ポイント還元率は非常に重要です。

実際、当社が300名に行ったアンケート調査でも、ポイント還元率を重視する人は2番目に多い結果となりました。

しかし、ETCカードを選ぶ時には以下のポイントも重要になります。

・年会費・発行手数料
・発行スピード
・クレジットカード機能が必要か
・個人用カードにするか、法人用カードにするか

特に年会費はアンケート調査で重視する人が一番多かった項目です。

それぞれの選び方の詳細と、その選び方を重視する場合におすすめのカードについて見ていきましょう。

ポイント①:年会費・発行手数料

ETCカードを選ぶポイントとして、特に重要なのが年会費と発行手数料です。

具体的には、以下の3つのポイントを比較検討しましょう。

・ETC年会費
・クレジットカード年会費
・ETC発行手数料

この3点すべてが0円のカードがベストです。

特に、高速道路を利用する機会が少ない方は、ポイント還元率が高くてもETCカードを持つのにコストがかかってしまうとお得になりません。

年会費・発行手数料の面でおすすめのETCカードは以下のものです。

Orico Orico Card THE POINT

年会費無料

入会後6ヶ月間はポイント還元率2%

Orico Card THE POINTは1%の高還元カードでありながら、ETCカードの発行手数料、ETC年会費、クレジットカード年会費がすべて無料に設定されています。

ポイント還元率も基本還元率が1%と高く、入会後6ヶ月間はポイント還元率が2%になります。

さらに、オリコモール経由で買い物をすることで、ポイント還元率が最大で15.5%になります。

レンタカーでの優待も充実しており、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカーなどで事前に予約しOrico Card THE POINTで支払うと基本料金の5〜20%の割引を受けられます。

ETC還元率
1%
ETC年会費(税込)
無料
ETC発行手数料(税込)
無料
ETCカード発行スピード
1〜2週間程度
クレジットカード年会費(税込)
無料
クレジットカード還元率
1〜2%
ブランド
Mastercard、JCB
ポイント
オリコポイント

ポイント②:発行スピード

すぐにETCカードが必要な場合には、発行スピードも重要になります。

ETCカードの発行スピードは通常2週間程度ですが、セゾン系のカードの一部とイオン系のカードは最短即日で発行することが可能です。

発行スピードの点でおすすめできるETCカードは以下のものです。

イオン コスモ・ザ・カード・オーパス(ETC専用カード)

年会費無料

最短即日発行&コスモ石油が会員価格に

コスモ・ザ・カード・オーパスでは以下の手順を踏むことでクレジットカードとETCカードを即日発行することが可能です。

★イオンETCカードを即日発行する方法★
公式ページからイオンカードを申し込む
②ETCカードは発行せず、クレジットカードを店舗で受け取る設定にする
③審査が完了したら受取店舗と持ち物を確認する
④10〜18時の間にイオン店頭のイオン銀行かイオンクレジットサービスカウンターに行く
⑤クレジットカードを受け取ってETCカードを申し込む

また、コスモ石油での給油が会員価格になる点もお得です。

ETC発行手数料・年会費ともに無料であり、ETCカードにコストがかからない点も嬉しいポイントです。

ETC還元率
0.5%
ETC年会費(税込)
無料
ETC発行手数料(税込)
無料
ETCカード発行スピード
最短即日
クレジットカード年会費(税込)
無料
クレジットカード還元率
0.5〜1.33%
ブランド
Visa、Mastercard、JCB
ポイント
WAON POINT

ポイント③:クレジットカード機能が必要か

ETCカードを選ぶ時には、そもそもクレジットカード機能が必要かという視点も必要になります。

せっかくなら一緒にクレジットカードを発行したいという場合には、これまでに紹介したクレジットカード付帯型ETCカードを発行して問題ありません。

しかし、クレジットカードが不要だったり、クレジットカードが発行できない事情がある場合には、ETCパーソナルカードを発行するという選択肢があります。

ETCパーソナルカードについて詳しく解説します。

ETC協同組合 ETCパーソナルカード

-

クレジットカードなしで発行可能

ETCパーソナルカードはクレジットカード機能なしでETCカードを発行したい場合に最適です。

ETCパーソナルカードはデポジット形式のカードで、特に審査も必要ありません。

16歳以上なら、未成年でも親権者の同意があれば作れます。

ETCパーソナルカードのデポジットでは、高速道路・有料道路の月平均利用額を申告し、その金額の4倍を納めます。

そして、デポジットした金額の80%までを毎月利用することができます。

ちなみに、デポジットした金額はサービス解約時に返金してもらうことが可能です。

ETC還元率
-
ETC年会費(税込)
1,257円
ETC発行手数料(税込)
無料※保証金が必要
ETCカード発行スピード
約2週間
クレジットカード年会費(税込)
-
クレジットカード還元率
-
ブランド
-
ポイント
-

ポイント④:個人用カードにするか、法人用カードにするか

ETCカードを選ぶ時には、個人用カードにするか、法人用カードにするかという選び方もあります。

今回紹介したカードは個人用カードになりますが、法人で発行するのであれば、別のカードがおすすめになる場合もあります。

おすすめの法人カードを下で紹介します。

高速情報協同組合 ETCコーポレートカード

年会費617円(税込)

中規模以上の会社に最適

ETCコーポレートカードは特に中規模以上の会社にメリットが大きい法人用ETCカードです。

大口、多頻度割引を活用することで、高速道路をお得な金額で通行することが可能です。

1車両に1枚カードを発行する形式です。

年会費(税込)
617円

【お得】ETCカードのポイントを二重取りする方法

クレジットカード付帯型ETCカードのポイントは、実は以下の2つで二重取りすることが可能です。

・クレジットカードのポイント
・ETCマイレージサービスのポイント

★クレジットカードのポイントについて★
まず、クレジットカードではETCの利用でもポイントを獲得することができます。

たとえば、特に還元率の高いリクルートカードの場合には、ETCの利用で1.2%のポイントを得ることが可能です。

ポイントをどこで使えるかはクレジットカードによって異なります。

★ETCマイレージサービスのポイント★
ETCマイレージサービスで貯まるポイントは、会社別に以下のとおりです。

道路事業者ポイント
NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社10円で1ポイント
本州四国連絡高速道路株式会社10円で1ポイント
愛知県道路公社100円で1ポイント
神戸市道路公社50円で3ポイント
広島高速道路公社100円で1ポイント
福岡北九州高速道路公社100円で1ポイント
たとえば、NEXCOの場合には、実質5%のポイントがつくことになります。

付与されたポイントを使って、高速道路料金の割引を受けることができます。


ETCカードを発行する4つのメリット

ETCカードを発行するメリットは主に以下の3つです。

・料金所で停車する必要がない
・高速道路料金の割引を受けられる
・ポイント還元を受けることも可能
・ETCマイレージサービスが利用できる

それぞれのメリットの詳細を解説します。

メリット①:料金所で停車する必要がない

ETCカードを持っていれば、料金所で停車する必要はありません。

ETCカードを持っていない場合、料金所の入口で通行券を受け取り、出口で料金を支払う必要があります。

一方、ETCカードを持っていれば料金の支払いは自動的に行われるため、ETCゲートを時速20km以下で通過するだけで済みます。

メリット②:高速道路料金の割引を受けられる

ETCカードでは以下のような高速道路料金の割引を受けることも可能です。

・平日の午前、午後の定められた時間に、一定回数以上高速道路を利用すると30〜50%の割引(地方部に限る)
・休日、地方の高速道路を利用すると30%の割引
・深夜0時〜4時に高速道路を利用すると30%の割引

メリット③:ポイント還元を受けられる

ETCカードではこれまでも解説してきたように、ポイント還元を受けることも可能です。

クレジットカードの中にETCの利用でポイント還元を受けられるものがある上、ETCマイレージサービスでもポイント獲得が可能です。

メリット④:ETCマイレージサービスが利用できる

ETCカードを持つメリットに「ETCマイレージサービスの利用」が挙げられるでしょう。ETCマイレージサービスとは、ETCカードでの通行料金の支払額に応じてポイントが付くサービスを指します。

付与されたポイントは還元額に交換できるため、通行料金の支払いに利用できます。また、ETCマイレージサービスの登録は無料で、年会費も必要ありません。

ETCマイレージサービスには「平日朝夕割引」という割引制度もあります。「平日朝夕割引制度」は、NEXCO東日本・中日本・西日本、本州四国連絡高速道路株式会社、宮城県道路公社で実施されています。詳細については各会社のサイトで確認しましょう。

ETCカードに関するアンケート調査

CarMeでは2022年7月に「ETCカードに関するアンケート」を行いました。


■調査概要

アンケート対象者:全国の男女
回答者数:300名
調査方法:Webアンケートシステムを利用
アンケート実施日:2022/06/30
調査メディア:CarMe (https://car-me.jp/ )

Q1. ETCカードを持っていますか?

ETCカードを持っている人は意外と少ないという結果になりました。

車を運転しない人を覗いても、ETCカードを持っている人は60%です。

ETCカードは便利で、今後はETC専用の料金所も増えてくるため、持っていない方はこの機にETCカードを発行してみてはいかがでしょうか。

Q2. 利用しているETCカードのタイプは?

利用しているETCカードのタイプはクレジットカード付帯型が78.7%で多数派でした。

クレジットカード付帯型ETCカードであればポイントが貯まりますし、デポジット金を支払う必要もなく便利なので多数派を占めているのではないでしょうか。

Q3. ETCカード選びで重視したことは?

ETCカード選びで重視したことは、年会費が84名で最多でした。

その次はポイント還元率で、発行スピードや審査が必要かはあまり重視されていない結果となりました。

ETCカード選びでは金銭的にお得かどうかで選ぶ方が多いようです。

高還元率のETCカードでポイントをザクザク貯めよう

高還元率のETCカードならポイントをザクザク貯めてETCをお得に利用できます。

特にリクルートカードは基本還元率が1.2%でポイント還元率が高いです。

ぜひETCカードを発行してみてはいかがでしょうか。