【東京オートサロン 2017】マツダ車のチューニングに拘りをみせるKNIGHT SPORTS

【東京オートサロン2017】Knight sports

一瞬、MAZDAのブース!?と見紛うほど、レッドのマツダ車で彩られていたのがKNIGHT SPORTS。マツダ車チューンのパイオニアとしての誇りを感じるブースでもありました。

Chapter
デミオからRX-7まで…マツダチューンの雄
KNIGHT SPORTSの画像ギャラリー

デミオからRX-7まで…マツダチューンの雄

KNIGHT SPORTSのブースには真っ赤なデミオとロードスターが展示されていました。マツダの象徴であるカラーリングをチョイスしているのは、マツダ車チューニングの第一人者としての自負…と受け止められます。

エアロパーツはもちろん、吸排気、足回りやブレーキユニットまで開発しているのがKNIGHT SPORTS。

「4BEAT-D」と名付けられたスポーツROMも開発しており、SKYACTIVE-Dをさらにパワーアップさせます。アテンザでは約20馬力アップするとのことで、新世代のディーゼルエンジンのチューニングを提示しているといえます。

ロードスター用には、フロント&リアスポイラー、リアディフューザーを用意。またエンジンチューンには「4BEAT-RC」というレスポンスと燃費も向上させるROMも販売中と、高い開発力を感じさせるところ。

マツダファンに心強い存在であり続けるのがKNIGHT SPORTS。今後の商品開発にも期待していきましょう。

KNIGHT SPORTSの画像ギャラリー