東京オートサロン2017特集

東京オートサロン2017特集

世界最大級のチュニングカーの祭典「東京オートサロン2017」が、幕張メッセにて1月13日(金)から開催されました!

東京オートサロン2017が遂に開幕!今回のオートサロンではどのようなコンパニオン達が華を添えてくれたのでしょうか。

2017年1月13日〜15日にかけて、幕張メッセにて東京オートサロンが開催されました。主役はやはり、各社一押しの商品達。しかし、それだけではありません。賑やかなオートサロンの実現のために、一役買ってくれているコンパニオン達も忘れてはいけません。ということで、今回の東京オートサロンのコンパニオンをまとめてご紹介します。また、合わせて会場の雰囲気も楽しんでください!

湘南に構える軽キャンピングカー専門店「オートワン」。現在高まっているキャンピングカー人気に応える商品開発で知られています。オートサロンに展示したのは様々な「声をカタチに」したクルマでした。

ワークマイスター、ワークエモーション、ワークエクイップ。各時代で流行を巻き起こしたホイールメーカーが大阪に本社を置く「WORK」である。

ブース内にて展示されていたレクサス、ポルシェ、アウディなど計7台、それぞれにアーティシャンスピリッツ社製エアロを身にまとっていました。

ネットで簡単注文ができるオートウェイ。しかし家にタイヤが届くのはちょっと…と思っている方、安心してください。

汎用性の高いものではなく、計算されつくした専用設計のモノはいかがでしょうか?

高品質なホイールで知られるメーカー、TOPY(トピー)。人気のミニバン系に映えるホイールを多数、この東京オートサロンに持ち込んでいます。

現在、サイドミラーもモニターにするなど、技術革新が進んでいます。これには「車載用カメラ」の進化がまず挙げられます。アフターパーツメーカーでもこの新技術を活かした商品開発をしているメーカーが、株式会社データシステムです。

BLITZといえばターボチューニングの老舗、東京オートサロンにも毎回斬新なターボ仕様を発表しており、今年もどんなモデルがターボ化されるのか楽しみでもあります。

軽スポーツカーのカスタマイズを専門に行っているSpiegel。今回のオートサロンには2台のスポーツモデルを出展しています。

一瞬、MAZDAのブース!?と見紛うほど、レッドのマツダ車で彩られていたのがKNIGHT SPORTS。マツダ車チューンのパイオニアとしての誇りを感じるブースでもありました。

Spiegelと隣接するブースで楽しいK-CARを発信していたのが「KLC」。今回は遊び心あふれるアルトと先代コペンを出展しています。

カーミー読者の皆さんも、日々利用されているであろう「イエローハット」も東京オートサロンに出展。現在のイチオシアイテムを、訊いてみました。

タイヤメーカーの老舗、TOYO TIRESはオートサロンで新しい2タイプのタイヤを発表、オンオフの新作を揃えています。

昨年からD1グランプリ、D1ストリートリーガルシリーズに参戦している「ゼスティノ」。タイヤメーカーとして今年から日本の市場に参入します。

「モンスター田嶋」こと田嶋伸博氏が営む「タジマ・モーター・コーポレーション」。ラリー競技の強い味方である同社から、モンスタースポーツの86/BRZ用のボアアップキット&コンプリートエンジンをクローズアップ。

転ばぬ先の杖、レーダー探知機やドライブレコーダーの備えは万全ですか?

ショックアブソーバーメーカー、カヤバから販売されている「ニューSRシリーズ」の兄貴分にリファインが加わり新登場です!

湘南や、横浜・町田エリアの有名カスタムショップ「JATS」ブースにはエアサスキットや新製品のホイールが多数展示されていました!

格安アジアンタイヤメーカーとして名を馳せている「ワンリ」。2016年に日本市場に参入し、今年は新たなビジョンを描いているようです。

トップフューエル&ZERO-1000といえば、鈴鹿サーキットを持つ三重県に本拠を構える国産チューニングショップ。35年以上の歴史を持ち、現在では全国に多くのファンを抱えています。そんなトップフューエル&ZERO-1000のブースには、カラーリングの対象的な2台のS660が展示されていました。

刺激的なデザインのホイールを提示するのが「weds」です。今回のオートサロンにも多数のランナップを持ち込み、唯一無二の世界観を提示しています。

MOMOといえば「MOMOステ」と浮かぶほど、ステアリングのイメージが強いMOMO。しかしホイールやシフトノブ、また様々なレーシングギアを提供しているブランドでもあるのです。

ヨコハマタイヤのブースに行くと、やはり一際目を惹くのが芸術的なまでに綺麗にレストアされたオレンジのZ432。このZが履いているタイヤはなんと復刻モデルなのです。

ノートe-Powerが好調の日産。東京オートサロンにはNISMO仕様を持ち込み、多くの来場者の注目を集めています。

東京オートサロンには多数のモデルが百花繚乱、クルマ好きにはたまらないシチュエーションです。往年のスポーツカーから最新モデルまで一同に会するわけですが、エコカーの権化、プリウスの展示もかなりあります。しかしその中でもトップクラスのスポーティテイストを見せてくれたのがROWENブースです。

コンパクトカーはリーズナブルな庶民の足。できればちょっと小粋なのがいい、というのは多くの日本人にとって賛同できるのではないでしょうか。

東京オートサロンはカスタムカーの祭典でありますが、近年ではメーカーも新型車発表の機会ともしてるのは周知のこと。マツダブースでは新型CX-5が、メインステージに鎮座していたのです。

カーケア用品王手の「ソフト99」。ブースにはフィアット・パンダが展示され、"レトロカー再生への道"と称された企画が、ケミカルの凄さを物語っていました。

各方面から高い評価を得ているサスペンションメーカー「TEIN」も東京オートサロンに出展中。なかでも「純正サス以上を目指した」という新製品が注目を浴びています。

高性能なブレーキパーツをリリースしている「DIXCEL」。そして更なる新技術を提示すべく、挑戦を続けているブランドでもあるのです。

東洋タイヤの子会社であるNITTO、実は北米で人気に火が付いたタイヤブランドでもあります。そんなNITTOが高い技術力と北米で培った「パッション」を伴ったニューモデルをオートサロンで発表しました。

コンパクトカーメーカーの雄、ダイハツのブースは、様々なカーライフを提案する楽しさに溢れたコンセプトを提示しています。

2015年東京モーターショーで大きな反響を受けた「Vision Tokyo」を鎮座させたメルセデスブース。もちろんAMG仕様のラインナップも展示しており、メルセデスファンにはたまらないブース。しかし今回イチオシの一台は意外なあの「クルマ」でした。

2017年の東京オートサロンが1月13日(金)、ついに開幕しました。クルマいじりの必需品とも言える「5-56」でお馴染み呉工業。昨年末に日本初上陸した洗車グッズが展示されていました。

2017年の東京オートサロンが1月13日(金)、ついに開幕しました。老舗シートメーカー"RECARO"のブースには、新色が加わったモデルが多数展示されています!