頭文字Dの86にも搭載の「ワタナベホイール」…かつてアルミホイールはどんな存在だった?

アドミレイション AMISTADホイール

かつて「定番」とも言われた「ワタナベホイール」。旧車等に履かせるアルミとしていまだに根強い人気があります。頭文字Dで主人公が駆るハチロクが履いているのも「ワタナベ」ですね。この人気に迫ってみましょう。

Chapter
「定番」と呼ばれたワタナベホイール
必然性からのデザインだったワタナベホイール
モータリゼーションの発展と共にあったアルミホイール
他車との差別化に重要な意味合いのあった「アルミホイール」

「定番」と呼ばれたワタナベホイール

足回りのチューニングの定番といえるは、サスペンションは勿論のこと、「アルミホイール」でしょう。鉄ホイールより軽いアルミホイールを履かせる事は「バネ下重量」の軽減に繋がり、これは運動性能の向上にも繋がるとされており、定番のカスタムといえます。また同時に「ファッション性」の向上という部分もあり、そのチョイスはオーナーのセンスが問われるともいえますね。

今では旧車の定番、といわれるほど「ワタナベホイール」は人気があります。無骨な6本~8本の太めのスポークで仕上げられたデザイン。ノスタルジーもあるとは思いますが、現代の感覚でも「素晴らしい」と思わせる魅力があります。これはデザインの妙と言えますが、同時に「必要に迫られた」デザインだったともされています。

必然性からのデザインだったワタナベホイール

現在のアルミホイールは様々なデザインがあります、「細い」スポークで仕上げられたものも多く見受けられます。これはアルミホイールの製造技術が向上した為、デザイン性も確保しながら強度も担保出来るようになった為です。

アルミニウムは鉄よりも強度が小さく、また疲労特性も異なります。それ故に強度に余裕をもって設計しなければなりませんでした。ましてやワタナベホイールがリリースされた1960年代後半頃であればなおさらの事です。

その為、強度を確保するために、円状のデザインの太目のスポークを配した、というのがワタナベのデザインに繋がっているとされています。結果的にデザイン性も伴っていた為、今日に至るまで「定番」となっていると言えます。

<次のページに続く>
次ページ
モータリゼーションの発展と共にあったアルミホイール