鹿児島でおすすめのカーリース業者6選|選び方や特徴を解説

鹿児島

カーリースは、車を購入した場合と比較して出費が抑えられるとして注目を集めているサービスです。鹿児島県内にも数多くのカーリース業者があり、それぞれに異なるサービスを行っています。そこで、鹿児島でおすすめのカーリース業者と、カーリースで失敗しないための業者選びのポイントを解説します。

Chapter
鹿児島にあるおすすめのカーリース業者
鹿児島にあるおすすめの地域密着型カーリース業者
カーリース業者の選び方
鹿児島でカーリースを利用してみよう

鹿児島にあるおすすめのカーリース業者

鹿児島には多くのカーリース業者が存在しており、業態によって無店舗型で全国展開している業者と、店舗を構えている地域密着型の業者に分けることができます。ここでは、鹿児島で利用できる全国展開型のカーリース業者を紹介します。

おトクにマイカー 定額カルモくん

ナイル株式会社 おトクにマイカー 定額カルモくん

月額11,220円(税込)

初期費用なしで月額1万円〜

「おトクにマイカー 定額カルモくん」のカーリースは、頭金などの初期費用なしで月額1万円からというリーズナブルな価格で車をレンタルすることができます。

全ての国内メーカーの車を扱っており、新車はもちろんのこと中古車も扱っています。

また、カーリースでは走行距離に制限が設けられることが一般的ですが、カルモくんでは7年以上の契約をすれば、その制限もなくなります。

業界で初めて最長11年の長期契約を可能にしたカーリースサービスであるため、車に長く乗れば乗るほどお得になるカーリースだといえるでしょう。

月額料金(税込)
11,220円〜
リース期間
1〜11年
対応メーカー
国内全メーカー
走行距離制限
1,500km/月
月額料金内訳
車両代金、登録諸費用、税金、自賠責保険、(車検代)、(メンテナンス費用)
新車・中古車
どちらも対応
残価設定
クローズドエンド方式

KINTO

株式会社KINTO KINTO

月額14,740円(税込)

取り扱い車種はトヨタ車とレクサス車

KINTOは、トヨタグループが運営しているカーリースサービスです。

取り扱い車種は全てトヨタ車もしくはレクサス車となっており、モデリスタやGRといったドレスアップパーツも装着することができます。

KINTOの月々の支払いには車に関するおよそ全ての費用が含まれており、任意保険料も含まれているのが特徴です。

また、オプションがパッケージ化されており、車にあまり詳しくない人でもオプション選びで迷いにくい工夫がなされています。

月額料金(税込)
14,740円〜
リース期間
3、5、7年
対応メーカー
トヨタ、レクサス
走行距離制限
1,500km/月
月額料金内訳
車両代金、登録諸費用、税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用、任意保険料
新車・中古車
新車のみ
残価設定
クローズドエンド方式

ニコノリ

株式会社MIC ニコノリ

月額5,500円(税込)

新車を月々5,500円からの支払いで乗ることができる

ニコノリが提供しているカーリースは、新車を月々5,500円からの支払いで乗ることができるリーズナブルなサービスとなっています。

さらに、契約期間中はガソリンがリッターあたり最大5円引きになるという独自のサービスを行っています。ユーザーは月々支払う定額料金を抑えつつ、日頃のランニングコストも抑えられるようになっています。

メンテナンスパックとして、ライトプランとバリュープランという2つのプランを用意。契約期間中、レンタルしている車の状態を綺麗に保ちたいという人も安心できるプランを展開しています。

月額料金(税込)
5,500円〜
リース期間
1〜9年
対応メーカー
国内全メーカー
走行距離制限
500km/月〜無制限
月額料金内訳
車両代金、登録諸費用、税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用
新車・中古車
どちらも対応
残価設定
オープンエンド方式・クローズドエンド方式

鹿児島にあるおすすめの地域密着型カーリース業者

鹿児島では、全国どこからでも申し込みができる全国展開型のカーリース業者を利用することもできますが、実際に店舗を構えている地域密着型のカーリース業者も数多く存在しています。ここでは、鹿児島にあるおすすめの地域密着型カーリース業者を紹介します。

ケイワンカフェ

ケイワンカフェは、新車の軽自動車を取り扱うカーリースサービスを行っています。

フラット7に加盟しているため契約期間は7年となり、月額費用には期間中の車検費用やオイルの交換代も含まれています。

また、洗車料金を0円にできたり、ガソリンをリッターあたり5円の割引きにしたりできます。店舗を利用する際には、1年間で最大60杯コーヒーを無料で飲むことができるなど、独自の特典が用意されています。

店舗名ケイワンカフェ
住所〒899-5103
鹿児島県霧島市隼人町小浜91-1
電話番号0995-443-2700
受付時間10:00~7:00
定休日水曜日(祝日の場合は木曜日)

株式会社南九州自販

株式会社南九州自販は、鹿児島の姶良市でカーリースだけでなく中古車の売買や車検・鈑金塗装などのサービスを行っている会社です。

マイカーリースでは契約期間を5年か7年のどちらかから選ぶことができます。月額料金には、車両代金や登録費用、車検代や24時間365日対応のロードサービスの費用も含まれています。

また、国産車であれば、国内の全メーカーからほぼすべての車種を選ぶことができるのも特徴の1つです。

店舗名株式会社南九州自販
住所〒899-5231
鹿児島県姶良市加治木町反土1443-3
電話番号0995-63-0755
受付時間平日8:30~19:00
土曜 8:30~19:00
日祝 9:00~19:00
定休日無休

株式会社カーシティー鹿児島

カーシティ鹿児島ではコアラクラブのカーリースを利用できます。

月々1万4,000円から新車をレンタルすることができます。初期費用0円で車体代や保険料だけではなく、メンテナンス費用もついているので契約後も安心です。

リース期間の満了時にも、再リース・乗り換え・買取り・返却の4つの選択肢の中から選ぶことができます。契約期間中にライフスタイルが変化する可能性がある人にとっても利用しやすいカーリースだといえるでしょう。

店舗名株式会社カーシティー鹿児島
住所〒891-0104
鹿児島県鹿児島市山田町1991-12
電話番号099-275-7700
受付時間平日9:00~19:00
土曜9:00~18:00
定休日日曜・祝日

カーリース業者の選び方

鹿児島には多くカーリース業者が存在しているため、業者選びで困っている人も少なくないでしょう。

自分に適したカーリース業者を選ぶことは、カーライフを充実させるためにも重要なことです。そこで、カーリース業者を選ぶ時に抑えておきたいポイントを解説します。

費用で選ぶ

カーリース業者の選び方として、費用で選ぶ方法があります。

カーリースの利用料金には、車の本体代をはじめとして税金、保険料などが含まれています。さらに、業者によっては車検代や消耗品の交換代といったメンテナンス代も含んでいる場合があります。

そのため、月々の支払いはカーリース業者によって異なり、比較する上で分かりやすい指標の1つとなるのです。

多くの場合、カーリース業者は車検や消耗品の交換代をパッケージ化したプランをメンテナンスプランとして用意しています。メンテナンスプランは、基本となる月額料金にプラスするオプションのようなサービスです。

このようなメンテナンスプランを初めから盛り込んだ契約にしておくことで、車が急に故障したり消耗品の交換が必要になったりしても、突発的な出費を抑えることができるでしょう。

選べる車の多さで選ぶ

カーリースを利用する理由は、人によってさまざまでしょう。

そのため、自分の目的に応じた車をレンタルしたいのであれば、車の取り揃えが多いカーリース業者が選択肢となるでしょう。

多くのカーリース業者では、さまざまなメーカーのさまざまな車種を扱っています。しかし、自動車メーカーが運営しているカーリースでは、そのメーカーの車しか扱っていないことが多いです。

メーカーにこだわりがないないのであれば、全国産メーカー・全車種・全グレードから選べるカーリース業者を選ぶのがよいでしょう。

カーリースを利用する期間で選ぶ

カーリースの契約期間は、業者によって異なります。

多くのカーリースサービスでは3・5・7年程度の期間が設定されています。しかし、中には1年契約ができる業者や、数か月単位での契約ができる業者もあります。

そのため、引っ越しを控えていたり、転勤が決まっていたりする場合には、短期間の契約が可能な業者を選ぶことで中途解約によって発生する違約金の支払いを避けることが可能です。

あえて長期契約を選ぶ

1台の車に長く乗りたかったい人や、途中で車を変える必要がないと考えている人であれば、あえて長期間の契約が可能な業者を選ぶという方法もあります。

カーリースでは、定額費用の中に車両の本体代が含まれています。

車両の本体代は、残価を差し引いた残りの金額を契約期間で割った額となるため、契約が長期間になるほど月々の出費を抑えられるというメリットもあります。

契約方法で選ぶ

カーリースによって、お得な金額で車に乗ることができる理由の1つが残価の存在です。

残価とは、残存価格を略した言葉です。カーリースの契約期間が満了した時点で残っている車の市場価値を指します。

カーリースは車の本体代から残価を差し引いた金額を月々の分割で支払う方式のため、カーリースはお手頃な月額料金で車に乗ることが可能です。

そして、カーリースでは業者によって、残価の扱いが異なる場合があります。

残価とは、未来の車の価値であるため、将来的に100%保証されるものではありません。そのため、契約時に決めた残価が契約期間終了時に想定を下回ってしまう可能性があるのです。

カーリース業者では、契約方式をオープンエンド方式かクローズドエンド方式としている場合がほとんどです。

クローズドエンド方式では差額を業者側が負担しますが、オープンエンド方式では利用者が差額を清算しなければなりません。

このことから、契約期間終了時に出費を増やしたくないのであれば、クローズドエンド方式を採用しているカーリース業者を選ぶのがベターといえるでしょう。

鹿児島でカーリースを利用してみよう

鹿児島県内には、業態やサービス、プランが異なるカーリース業者が数多く存在しています。そのため、自分の中で優先したい条件や月額費用の額を明確にしたうえで、各社のサービスを比較することで、より快適なカーライフを実現できるでしょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道