ガリバーの車検の評判は悪い?メリット・デメリットを解説

整備士

ガリバーは全国におよそ460店舗の加盟店を持つ、中古車販売のフランチャイズです。

サービスの一環として車検の受付を行っており、多くの場合ガリバーで中古車を購入した人がそのまま車検を受けることが多いようです。

では、ガリバーの車検にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

Chapter
ガリバーで車検を受けるメリット
ガリバーで車検を受けるデメリット
ガリバー車検のおおまかな費用
ガリバーの車検で必要なもの
ガリバーで車検を受ける流れ
ガリバー車検以外でおすすめの車検業者3選
楽天Car車検:4,500店舗以上の車検業者を比較
ニコニコ車検:安さが魅力の車検業者
ホリデー車検:安くて早い車検業者
ガリバーで車検を受けよう

ガリバーで車検を受けるメリット

中古車販売を中心に行っているガリバーですが、車検についても確かなノウハウがあります。ここでは、ガリバーで車検を受けるメリットを以下の3つに分けて解説します。

・車検性能保証を付けられる
・タイヤのパンクが保証される
・代車を無料で借りることができる

メリット①:車検性能保証を付けられる

ガリバーで車検を受けるメリットの1つ目として、車検性能保証を付けられることが挙げられます。

車検性能保証とは、別途加入費用を支払うことで、累積保証限度額100万円までの修理費をガリバーが保証してくれるサービスのことです。

補償内容は、以下の2パターン用意されています。

重要機構車検性能保証:加入費用32,780円
→車のエンジン・ブレーキ・ミッションをはじめとする、走行性能と安全性をつかさどる部分を保証
一般機構車検性能保証:加入費用21,780円
→パワーウィンドウやナビといった重要機構以外の部分を保証

この保証を付けておくと、次回の車検時に保証対象となっている項目に整備や修理が発生した場合、車検費用を抑えることが可能です。

メリット②:タイヤのパンクが保証される

ガリバーで車検を受ける2つ目のメリットとして、別途料金を支払うことでタイヤのパンクに対して保証が付く点が挙げられます。

保証期間は車検が終わって納車されて2年間となっており、普通車なら80,000円、軽自動車なら40,000円が保証の限度額となります。

タイヤのパンクやバーストは、ロードサービスの出動理由でも上位にランクインするトラブルの1つです。

この保証によって、釘が刺さったりいたずらに遭ってタイヤが1本でもパンクしたら4本を新品に交換することができます。

加入しておくことで、万が一のトラブルにも備えることができるでしょう。

メリット③:代車を無料で借りることができる

ガリバーで車検を受けるメリットの3つ目として挙げられるのが、代車を無料で借りることができることでしょう。

現在、車検を受け付けている業者では、代車の貸し出しが有料であったり、そもそも代車の貸し出しを行っていない場合も少なくありません。

そのため、車検を受けている間代わりの車がないと困る人にとって、代車の有無は車検業者を選ぶポイントの1つになるでしょう。

しかし、代車の数にも限りがあります。予約をする段階で代車があるかどうか確認しておいた方がよいでしょう。

ガリバーで車検を受けるデメリット

ガリバーの車検には、メリットもある一方いくつかのデメリットも存在しています。ここではガリバーの車検のデメリットを以下の2つに分けて紹介します。

・車検に時間がかかる可能性がある
・車検費用が相場より僅かに高い

デメリット①:車検に時間がかかる可能性がある

ガリバーの車検は時間がかかる可能性があります。

車検を受ける車が入庫したのち、ガリバーネットワークに加盟している整備工場に車をさらに移動させて車検を行うためです。

車検の専門チェーンが行っているような1時間以内で車検が終わるスピーディな車検は受けることができないようです。

ガリバーの車検では一般的な車検と同じく終わるまでに2~4日ほどかかります。

車検の有効期限がぎりぎりの場合や、なるべく早く車検を終わらせたい人にとっては車検にかかる時間がネックになる場合もあるでしょう。

デメリット②:車検費用が相場より僅かに高い

ガリバーで車検を受けるデメリットは、車検を専門に行っているチェーン店と比較すると車検費用が僅かに高いことも挙げられます。

ガリバー車検の費用は以下のとおり設定されています。

  費用
軽自動車 総額61,680円〜
1トン以下のコンパクトカークラス 総額73,160円〜
2トン以下の3ナンバークラス 総額91,860円〜
相場と比べると、10,000~20,000円ほど車検費用が高く設定されています。

このことから、車検費用をなるべく抑えたい場合にはガリバーでの車検は選択肢から外れる可能性が高くなります。

ガリバー車検のおおまかな費用

ガリバーで受ける車検の大まかな費用は、以下の表のとおりです。

  費用
1トン以下の車種
(フィット、スイフトなど)
73,160円
1.5トン以下の車種
(ノート、シエンタなど)
82,560円
2トン以下の車種
(クラウン、セレナなど)
91,860円
2.5トン以下の車種
(ランドクルーザーなど)
101,160円
これらは法定費用と車検基本料をあわせた最低金額です。

点検を行った結果、交換が必要な部品があれば、部品代と工賃が上乗せされます。

ちなみに、車検にかかる費用は業者によってさまざまです。

基本的には車検専門のチェーンやカー用品店の車検が安い傾向にあります。本来中古車販売店であるガリバーの車検費用はディーラー車検に近い車検費用となっています。

また、支払い方法については店舗によって対応が異なります。

クレジットカードへの対応も店舗によって異なるため、支払いにクレジットカードを使いたいのであれば、事前に確認しておいた方がよいでしょう。

ガリバーの車検で必要なもの

ガリバーで車検を受けるために必要な書類は以下のとおりです。

・自動車検査証(車検証)
・自賠責保険証明書
・自動車税納税証明書
・印鑑

これらに加え、ホイールに防犯対策でロックナットを使用している場合はロックナットアダプターも必要となります。

自動車検査証と自賠責保険証明書は、普段から車に載せている人がほとんどでしょう。

しかし、自動車税納税証明書は自宅で保管している場合が多いと考えられます。車検を受ける前に集めておくことで手続きがスムーズに行えるでしょう。

いずれかを紛失している場合には再発行が必要となり、手続きには数日かかります。そのため、事前に書類が全てあるかどうかチェックしておくと慌てずに済むでしょう。

ガリバーで車検を受ける流れ

ここではガリバーで車検を受ける流れを解説します。

①電話でガリバーに車検を予約する
電話予約時、車検を受ける車の情報が確認されるため、車検証を用意しておくと確認作業もスムーズです。

②店舗に車を持ち込む
車を持ち込むと見積もりが作られます。その見積もりの内容に納得出来たら実際に検査と整備を依頼することになります。

車検にかかる詳細な費用が分かるのは、車を持ち込んで見積もりが作られたあととなります。

そのため、見積もりは細かい部分まで確認しておき、不明点は質問するなどして解消しておくとよいでしょう。

③車検費用を払う
点検と整備を終えたら車検費用を支払い、車を引き渡してもらって手続きは終了となります。

ガリバー車検以外でおすすめの車検業者3選

ガリバー車検にはメリットもありますが、基本的にはガリバーで中古車を購入した人用の車検業者です。

普通に車検を受ける場合には、以下の3つの車検業者から選ぶのがおすすめです。

・楽天Car車検
・ニコニコ車検
・ホリデー車検

それぞれの車検業者の詳細を解説します。

楽天Car車検:4,500店舗以上の車検業者を比較

Rakuten 楽天Car車検 (旧 楽天車検)

 

4,500店舗以上の車検業者を比較

楽天Car車検では4,500店舗以上の車検業者を一括で比較することが可能です。

自宅の近くにある車検業者を探せるだけでなく、1日で車検が終わる業者を検索したり、土日祝でも受け付けてくれる車検業者を探したりできます。

さらに、車検業者も口コミや参考車検価格も見ることが可能です。

楽天Car車検からの申し込みで楽天ポイントが貯まる点も見逃せないメリットですね。

車検基本料
店舗により異なる
車検スピード
店舗により異なる
店舗数
5,600以上掲載
地域
全国
土日祝対応
店舗により異なる
クレジットカード対応
店舗により異なる

ニコニコ車検:安さが魅力の車検業者

ニコニコ車検 ニコニコ車検

 

安さが魅力の車検業者

ニコニコ車検はとにかく安い点が評価されている車検業者です。

国産車の場合車検基本料が11,000円(税込)に設定されており、これは他の大手チェーンと比べても1万円ほどやすいです。

それでいて整備項目も112項目とディーラー車検並の項目数になっています。

アフターフォローをも充実しており、2年間オイル交換が無料になったり、ガソリン代の割引クーポンを得られたりします。

車検基本料
11,000円
車検スピード
1〜2日
店舗数
8
地域
東京・神奈川
土日祝対応
クレジットカード対応

ホリデー車検:安くて早い車検業者

株式会社ホリデー ホリデー車検

 

安くて早い車検業者

ホリデー車検は安くて早い点が魅力的な車検業者です。

立ち会い車検を初めて導入した会社で、ユーザーと話し合って車検項目を決めるため、納得感の高い車検にすることが可能です。

複数人で分担して作業するため車検スピードも早く、60分程度で終わる場合が多いようです。

全国に220店舗あるため、きっとあなたの家の近くにもあるはずです。

車検基本料
20,130円〜
車検スピード
60分〜
店舗数
220以上
地域
全国
土日祝対応
◯※休みの店舗もあり
クレジットカード対応
店舗により異なる

ガリバーで車検を受けよう

ガリバーは全国に460店舗を構え、整備拠点として800の認定工場を持っています。

そして、中古車販売だけでなく、累計39万台にのぼる車検の実績があります。

ガリバー以外で車を購入した人がガリバーで車検を受けるケースは珍しいとも言えます。

しかし、ガリバーで車を購入した人にとっては信頼して車を預けることができる車検業者といえるでしょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道