車検費用はクレジットカードで支払える?メリット・注意点も解説

クレジット払い

車検にかかる費用は、車の年式や車種、車検の方法によって大きく増減します。中には総額が10万円を超えるケースも珍しくなく、クレジットカードで分割払いをしたいと考えたことがある人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、車検費用はクレジットカードで支払えるのか、併せてクレジットカードで支払うメリットや注意点も解説します。

Chapter
車検費用はクレジットカードで支払える?
車検費用をクレジットカードで支払うメリット
車検費用をクレジットカードで支払うデメリット
車検費用をクレジットカードで払う注意点
車検にかかる費用を把握しよう
クレジットカード払い可能!おすすめ車検業者3選
楽天Car車検:クレカOKの店舗を検索可能
ニコニコ車検:法定費用以外クレカ払い可能
ホリデー車検:法定費用以外クレカ払い可能
クレジットカードで車検費用を支払おう

車検費用はクレジットカードで支払える?

車検にかかる費用は、一般的に車種や車の状態によって増減します。

点検整備を行った結果、総額が10万円を超えるケースも珍しくなく、エンジン周りなどの重要な部品を交換しなければならない場合、それ以上の費用がかかることもあります。

そのため、現金一括では支払いが難しくなる可能性もあります。そこで考えられるのがクレジットカードを用いた分割払いですが、車検の費用はクレジットカードで支払うことができるのでしょうか。

車検基本料金はカード払いに対応しているケースが多い

車検にかかる費用のうち、車検基本料金はクレジットカードで支払えるケースが多いです。

クレジットカード払いに対応すると店舗側としては手数料がかかります。

しかし、クレジットカードで支払える店舗を探しているユーザーも多いからです。

法定費用はカード払いに対応していないケースが多い

車検にかかる費用のうち、法定費用に関してはクレジットカードを使った支払いに対応していないケースがほとんどのようです。

クレジットカードを使った支払いでは、車検を行う業者が売り上げの数%かを手数料としてクレジットカード会社に納めなければなりません。

前述したように法定費用は法によって金額が定められているため、業者側から見れば一時的に国へ支払うお金を預かるだけで手数料を負担することになり、マイナスでしかないのです。

一方で、業者が自分で値段を決められる車検基本料はカード払いに対応している場合もあります。

場合によっては全額カード払いができることも

場合によっては車検にかかる費用を全額クレジットカードで支払うことができることもあります。代表的な例が、ディーラーで車検を受ける場合です。

トヨタや日産、ホンダといった正規ディーラーでは、ほとんどの場合で車検費用のクレジットカード払いに対応しているようです。

現在、キャッシュレス決済が推進されているため、ディーラー以外でもクレジットカードの支払いに対応している業者は増えつつあります。

しかし、法定費用まで含めた全額をカード払いできる業者はまだ少ないのが現状です。

クレジットカードの支払いにどこまで対応しているか事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

車検費用をクレジットカードで支払うメリット

車検費用をクレジットカードで支払うと、以下のようなメリットがあります。

・車検費用を後払いにできる
・車検費用でポイントを貯められる

それぞれのメリットの詳細を解説します。

メリット①:車検費用を後払いにできる

車検費用をクレジットカードで支払うメリットとしてまず挙げられるのは、車検費用を後払いできる点です。

「手元に現金がない」
「その月に出費がかさんでいる」

以上のような状況でも、車検費用を先送りにすることで無理のない支払いが可能になります。

カードでは一括払い以外に、分割払いやボーナス払いも選択可能です。

メリット②:車検費用でポイントを貯められる

カードを利用して車検費用を支払うことでカード会社ごとに設定されたポイントを貯めることができます。

車検費用は支払う金額が大きくなることがほとんどであり、その分まとまったポイントを受け取ることが可能です。

還元率が高いクレジットカードであればあるほどポイントは大きく貯まり、一括払いを選択すれば分割手数料がかからないことからよりお得になるといえるでしょう。

車検費用をクレジットカードで支払うデメリット

車検費用をクレジットカードで支払うデメリットは主に以下の2つです。

・クレジットカード払いに対応していない業者が多い
・分割払いでは車検費用が割増になる

それぞれのデメリットの詳細を解説します。

デメリット①:クレジットカード払いに対応していない業者が多い

車検費用をクレジットカードで支払う最大のデメリットは、そもそもクレジットカードの支払いに対応していない業者が多いことです。

そのため、クレジットカードで車検費用を支払いたい場合、業者の選択肢が少なくなることになります。

デメリット②:分割払いでは車検費用が割増になる

クレジットカードを使って分割払いにした場合、手数料がかかることから結果的に車検費用が割増しになってしまうことも少なくありません。

さらに、2年ごとに検査を受ける継続車検の場合、支払い回数を24回以上に設定すると、次回の車検までに支払いが完了しないという状況が生まれます。

前回の車検費用の支払いを継続したまま、新しい車検の費用を支払わなければならない状態にならないように注意が必要でしょう。

車検費用をクレジットカードで払う注意点

車検の費用をクレジットカード払いに対応している業者は、車検の費用が割高になる傾向にあります。

なぜなら、クレジットカードで支払われた代金は、即刻業者側の売り上げにはならず、業者が一時的に立て替えることで取引が成り立っているためです。

そのため、立て替えるための資金や手数料を見込んだ上で利益が高くなるよう設定しているため、車検費用が割高になっていることも少なくないようです。

車検にかかる費用を把握しよう

車検にかかる費用をクレジットカードで支払う場合、そもそも車検にかかる費用について把握しておくことでカード払いにするメリットなども理解しやすくなります。

車検にかかる費用は大きく分けて法定費用と基本料、部品の交換代に分けられます。それぞれ、どのような費用なのか解説します。

法定費用

法定費用とは、法律によって決められた費用であり、どのような業者で車検を受けたとしても値段が変わることがない費用です。

内訳は、以下の3種類になっています。

・自動車重量税
・自賠責保険料
・印紙代

それぞれの詳細を解説します。


■自動車重量税

自動車重量税とは、車が新規登録されたとき、もしくは車検を受けるときに支払う税金のことです。

税額は車の重量が0.5トン増えるごとに段階的に増えていき、新規登録を受けて13年もしくは18年経過している場合には税額が高くなります。

逆に、環境性能に優れるエコカーである場合には、減税の対象となります。


■自賠責保険料

自賠責保険料は事故を起こした際に、被害を補償するための対人保険です。

車の種類や契約する期間によって料金は異なりますが、提供している保険会社によって価格が変わることはありません。

自賠責保険への加入は自動車損害賠償保障法によって車を運転する人全てに対して義務付けられていることから、必ずかかる車検費用の1つとなります。


■印紙代

印紙代とは、車検を受ける車が国の定めている保安基準に適合しているかどうかを検査するための手数料として支払う費用です。

検査登録印紙と審査証紙で納めるため、車検を行う検査場の窓口で車の種別や車検の種類に応じた金額の印紙を購入して支払うことになります。

車検の基本料

車検の基本料とは、車検を受ける際に車検を行う業者や店舗に支払う費用です。

法定費用のように国によって金額が定められておらず、業者によって金額が一定ではありません。

車検の基本料の内訳は以下のとおりです。

・点検料
・整備費用
・手続きの代行手数料 など

車検の基本料はディーラーでは高くなり、民間の整備工場や車検の専門店では安くなる傾向があるようです。

また、部品を点検するなかで、劣化していたり摩耗している部品は交換しなければならないケースがあります。

そのような場合、部品代に加えて交換工賃も上乗せされることになります。

クレジットカード払い可能!おすすめ車検業者3選

この記事をお読みの人の中にはクレジットカード払い可能な車検業者を探している人もいるでしょう。

そこで、クレジットカード払いに対応した車検業者を3つ紹介します。

・楽天Car車検
・ニコニコ車検
・ホリデー車検

それぞれの車検業者の詳細を解説します。

楽天Car車検:クレカOKの店舗を検索可能

Rakuten 楽天Car車検 (旧 楽天車検)

 

クレカOKの店舗を検索可能

楽天Car車検は4,500店舗以上の車検業者を一括で比較できるポータルサイトです。

さまざまな検索条件で車検業者を絞り込むこともでき、もちろんクレジットカードOKの店舗を探すことも可能です。

他に、自宅の近くの車検業者を探すことも可能であり、車検業者の口コミを見ることも可能です。

楽天Car車検から申し込むことで楽天ポイントを貯められる点も嬉しいですね。

車検基本料
店舗により異なる
車検スピード
店舗により異なる
店舗数
5,600以上掲載
地域
全国
土日祝対応
店舗により異なる
クレジットカード対応
店舗により異なる

ニコニコ車検:法定費用以外クレカ払い可能

ニコニコ車検 ニコニコ車検

 

法定費用以外クレカ払い可能

ニコニコ車検は法定費用以外クレカ払い可能になっています。

ニコニコ車検は車検が安い点でも評価されており、車検基本料は11,000円(税込)〜となっています。

整備した場所には2年間の整備保証がつき、半年間はオイル交換が無料になるなどアフターフォローも充実しています。

車検基本料
11,000円
車検スピード
1〜2日
店舗数
8
地域
東京・神奈川
土日祝対応
クレジットカード対応

ホリデー車検:法定費用以外クレカ払い可能

株式会社ホリデー ホリデー車検

 

法定費用以外クレカ払い可能

ホリデー車検も法定費用以外クレジットカードで支払うことが可能な車検業者です。

ホリデー車検は車検が安くて早いことでも評価されています。

ユーザーが業者の説明を受けながら車検項目を決められる立ち会い車検を実施しているため、車検費用に対する納得感も高くなっています。

車検は複数人の作業員が分担して行うため、短時間での車検を実現しています。

車検基本料
20,130円〜
車検スピード
60分〜
店舗数
220以上
地域
全国
土日祝対応
◯※休みの店舗もあり
クレジットカード対応
店舗により異なる

クレジットカードで車検費用を支払おう

クレジットカードでの車検費用の支払いには、メリットとデメリットが存在しています。

支払いを先送りにできたり、分割払いにできる一方、対応している業者も少なく、費用が割高になる可能性が高くなります。

現金払いかカード払いか、どちらか良いか業者側と相談したり、見積もりを複数取ってみるなどして決めた方がよいでしょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道