高速道路で物を落としてしまった!どうすればいい?対処法は?

落下物

2016年、高速道路上に落ちていたタイヤが原因で2人が命を落とす痛ましい事故が起きました。これにより高速道路での落下物がどれほど危険かが認知され、より問題視されるきっかけにもなりました。すべての車両が高速で移動している高速道路での落下物は、ときに大事故を誘発することもあります。もし、高速道路で物を落としてしまった場合、ドライバーはどうすれば良いのでしょうか?

Chapter
高速道路落下物は90秒に1件
高速道路で物を落としたらどうれば良い?
落下物の"放置"は絶対にだめ

高速道路落下物は90秒に1件

※写真提供:NEXCO東日本

2016年度の高速道路の落下物は、約36万件(動物処理を含む)。約90秒に1件の割合で起きていると言います。

NEXCOでは365日24時間体制で落下物の排除を行っているのですが、その原因のほとんどは高速道路を走る一般車にあり、NEXCOの努力だけで解決はできないでしょう。

落下物と聞くと、なんとなくトラックの荷台に積まれた物のイメージですが、一般車でも後付けのパーツや腐食によって取り付け部が傷んだパーツが、振動や風の抵抗などによって脱落を起こしやすくなります。

自動車パーツの他には、布類や木材、冬にはスノーボードなどが多く見られます。

では、高速道路で物を落としたらどうすれば良いのでしょうか。

高速道路で物を落としたらどうれば良い?

自車から物が落下したことに気付いた場合、なかには拾いに戻ろうするドライバーもいるようですが、高速道路上から物を回収するのは大変危険な行為です。

物を落下させてしまった場合は、すみやかに"道路緊急ダイヤル#9910"か本線上やSA・PAに設置されている非常電話、または料金所の係員に通報します。このとき車線やキロポストなども覚えておくと、回収作業がスムーズに行われます。

連絡を入れると、道路情報板やVICSなどで情報提供がされ、2次災害を防ぐのにも役立ちます。緊急ダイヤルは24時間無料なので、落下物を見つけた場合も、同様の方法で通報してください。

<次のページに続く>
次ページ
落下物の"放置"は絶対にだめ