左ハンドル車は不便だけど憧れ?メリットやデメリットは?

BMW ステアリング

※この記事には広告が含まれます

現在では、ほとんどの輸入車メーカーが、右ハンドルモデルを導入するようになり、むしろ左ハンドルが設定されている車種を探すほうが難しくなっています。めっきり少なくなってきた左ハンドルモデルですが、世の中には左ハンドルにこだわるドライバーも少なくありません。ここでは、左ハンドルのメリットとデメリットについてまとめてみました。
Chapter
左ハンドルのデメリット
左ハンドルのメリット

左ハンドルのデメリット

左ハンドルのデメリット|運転しにくい

言わずもがなですが、日本は左側通行です。右ハンドル車であれば、センターラインの近くにドライバーの身体があるので、道路をバランスよく見渡せます。

一方、左ハンドル車は道路の左端からの視野になるので、右折時や追い越し時などで、前走車が壁になり対向車が見にくかったり、高速道路の合流など注意して運転する必要があります。

左ハンドルのデメリット|チケットが取りにくい

多くの駐車場や有料道路の発券機は、右ハンドルを前提に作られています。

左ハンドルだと、一度車を降りて取りに行くか、助手席の人に取ってもらうなどしないといけません。後ろが混んでいる時は、特に気まずいですよね。

また、ドライブスルーも多くは右ハンドル車に対応した作り。メニューは大声で言わなければなりませんし、商品の受け取りも大変ですね。

左ハンドルのデメリット|路上駐車時に降りにくい

路上で駐車したときに、塀やガードレールなどが道路脇にあると、ドアを開けることが出来ず、降りにくいことがあります。かといって、ドアが開閉できるように停めると、今度は自分の車だけが列からはみ出して迷惑になります。

どうしても降りられない場合は、助手席側から降りる場合もあります。


では反対に、左ハンドルのメリットはなんでしょうか?

左ハンドルのメリット

左ハンドルのメリット|左側の見切りがいい

駐車するとき、運転席側は目視で車体を路肩や壁ギリギリに寄せることが可能です。それにより左ハンドルは、縦列駐車も右ハンドルより容易になります。

また、狭い道での離合の際にも自車を左側に寄せて対向車に道をゆずることができますし、歩行者や自転車にも配慮できます。車に慣れていない場合のほうが、運転がしやすいと感じるかもしれません。

苦労することもある左ハンドルですが、シチュエーションによっては、便利な部分もあるんです。

左ハンドルのメリット|縦列で乗り降りしやすい

縦列駐車といったシチュエーションでは、ガードレールや壁があると乗り降りがしにくいと前述しましたが、反対にガードレールや壁が無い状況では、圧倒的に乗り降りがしやすくなります。

左ハンドルのメリット|ペダル位置がズレていない

最近では少なくなってきましたが、左ハンドルを基準に作られた輸入車の場合、右ハンドルだとアクセルやブレーキの位置が左側にオフセットしていることがあり、ドライビングポジションに違和感のある車種があります。これはおもに、タイヤハウスの影響が大きいようです。

また、メルセデス・ベンツなどゲート式シフトレバーを採用する車種の場合、ハンドルの左右にあわせてゲートの向きを変更するということはなく、右ハンドル(左手)の操作に合っていなかったり、スイッチ操作でレバーが邪魔になるということもあります。

これらが気になる人は、あえて左ハンドルを選ぶようです。

商品詳細