夜間走行時のヘッドライトはハイビーム?ロービーム?どちらが正解?

以前、夜間のヘッドランプは、ロービームを基本に、暗い道でハイビームに切り替えていたドライバーが多かったように思います。しかしここ数年、夜間走行はハイビームが基本ということをよく耳にするようになり、警察やJAFもハイビーム使用を推奨しています。夜間のヘッドランプの使い方には、正解があるのでしょうか?

Chapter
ハイビーム/ロービームの別名をご存知ですか?
ハイビーム/ロービームのそれぞれの役割とは?
通常時はハイビームを使用しないと違法になるのか?

ハイビーム/ロービームの別名をご存知ですか?

ヘッドライト シビック タイプR

交通量の多い街中ではロービーム、車通りが少ない郊外などではハイビーム、というドライバーは多いと思います。しかし教習所では、夜間の運転は、ハイビーム/ロービームの切り替えを積極的に活用するよう習いました。

ところで、このハイビームとロービームには、別の呼び方があるのはご存知ですか?

道路運送車両の保安基準第32条によれば、ハイビームは「走行用前照灯」、ロービームは「すれ違い用前照灯」と定められています。

ロービームは基本的に対向車とすれ違うとき、前方に車がいるときだけ使用するのが正しい使用方法です。

ハイビーム/ロービームのそれぞれの役割とは?

オートハイビーム 夜間走行

ハイビームとロービームの照射範囲は、ロービームはおおよそ40m先まで、ハイビームは約100m先まで照らすことができるようになっています。

ハイビームのほうが倍以上先まで照らせるのです。走行するうえで安全なのはハイビームであることは言うまでもありませんね。ロービームによる事故が多いということからも、近年はハイビームの使用を促す動きがあります。

つまり、通常時はハイビームを使用することが基本。では、ハイビームを使用しないと違法となるのでしょうか?

次ページ
通常時はハイビームを使用しないと違法になるのか?