1990年代の日本の名車が勢ぞろい!初代『ワイルド・スピード』の登場車種は?

三菱 エクリプス 1999年式

2017年公開のICE BREAKで8作目まで公開された大人気シリーズ『ワイルド・スピード』。ストーリーもさることながら、登場する車に注目が集まります。今回は、その記念すべき1作目に登場した日本車を振り返ってみましょう。

Chapter
①トヨタ スープラ
②日産 スカイラインGT-R
③日産 240SX
④日産 マキシマ
⑤ホンダ インテグラ
⑥ホンダ S2000
⑦ホンダ シビック
⑧ホンダ アコード
⑨マツダ RX-7
⑩三菱 エクリプス

①トヨタ スープラ

主人公のブライアンが、大破したエクリプスに変わる愛車にする車が、80スープラです。

スープラは、ラテン語で「〜を超えて」、「~を上回って」を意味するsupraに由来します。一見謎めいた車名にもちゃんと由来がありますね。

https://www.youtube.com/watch?v=jqp4l3YpWE0&feature=youtu.be

②日産 スカイラインGT-R

ドミニクの仲間、レオンが乗るのは、スカイラインGT-R(R33)です。

2007年には日産が書店の丸善と協力して「スカイライン検定」というものを行いました。みなさんのなかにも、受けた方がいるのではないでしょうか?

<次のページに続く>
次ページ
③日産 240SX