新型カイエン。第3世代の注目すべき優秀装備とは?

ポルシェ カイエン 2017年

ポルシェ カイエンはスポーツカー顔負けの走行性能を持つSUVとして2002年に登場しました。2018年に現行型となる3代目へとフルモデルチェンジされました。新たなジャンルとニーズを切り開いたモデルで、力強いデザイン性に魅了されるユーザーも多く、現在ではポルシェの屋台骨を支える重要なモデルに成長しています。

そんなカイエンに搭載された注目すべき装備をご紹介します。

Chapter
ポルシェらしいSUV、ポルシェ カイエンはどんなクルマ?
エンジンは大刷新!3代目で新しくなったポルシェ カイエンのスペックは?
エクステリアデザインは先代モデルをさらに洗練
時代の趨勢、3代目ポルシェ カイエンではデジタル装備も充実

新型ポルシェ カイエンターボ徹底解説動画

ポルシェらしいSUV、ポルシェ カイエンはどんなクルマ?

ポルシェ カイエンといえば、スポーツ性の強いクロスオーバーSUVとして人気の高いモデルです。911をモチーフとしたデザインは、どこから見てもポルシェとわかります。

デビューしたのは2002年ですが、それぞれの世代で大幅なマイナーチェンジを行っているため、同世代でも異なる特徴を持ちます。2002年から2010年まで販売された初代は前期型と後期型、2010年から2017年まで販売された2代目では初期型、中期型、後期型にまで分類されています。

3代目にフルモデルチェンジした現行モデルでは、『GTS』や『ターボS』などのポルシェらしいラインナップに加えて、『Eハイブリッド』といった時代に即した技術を盛り込んだグレードも追加されています。

エンジンは大刷新!3代目で新しくなったポルシェ カイエンのスペックは?

■ポルシェ・カイエン スペック
ボディサイズ…全長4,918mm×全幅1,983mm×全高1,701mm
エンジン…3.0L 直6ターボエンジン
最高出力…250kW(340ps)
最大トルク450Nm(45.9kgm)
0-100km/h…6.2秒(スポーツクロノパッケージ仕様車は5.9秒)
最高速度…245km/h

■ポルシェ・カイエンS スペック
ボディサイズ…全長4,918mm×全幅1,983mm×全高1,701mm
エンジン…2.9L V6ターボエンジン
最高出力…324kW(440ps)
最大トルク550Nm(56.1kgm)
0-100km/h…5.2秒(スポーツクロノパッケージ仕様車は4.9秒)
最高速度…265km/h

2代目では3.6L、4.8Lなど大排気量エンジンであったのに対して、3代目は排気量を小さくし、過給器でパワーアップを図ったダウンサイジングターボを採用。時代の流れに即した進化を遂げています。一方で最高速度は245km/hに達するなど、ポルシェらしさも健在です。(ベースグレード)

組み合わされるトランスミッションであるティプトロニックも進化を続け、3代目では『8速ティプロトロニックSトランスミッション』が採用されています。これによりエンジンパワーを効率よく路面に伝え、最適な燃費が達成されています。 

こうした要素は、運動性能、環境性能向上につながっているのは間違いないでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
エクステリアデザインは先代モデルをさらに洗練