ポルシェ カイエン、後発でもさすがの“速さ”でトップランナーに躍り出た【高山正寛のテレマティクス Now!】

ポルシェ カイエン 2018年

「うおおっ、これは…」思わず息を呑むほど驚いた。そのハンドリングの素晴らしさ・・・ではなく搭載するインフォテインメントシステムの驚くべき進化に対してである。

文・高山正寛

Chapter
PCMが変えた新時代のインフォテインメント
高い基本性能に驚き、サービスの追加でさらなる進化が体験できる
“高材疾足”という言葉が似合いそう

PCMが変えた新時代のインフォテインメント

先に言ってしまうと筆者はそれほどポルシェに強い思い入れがあるわけではない。もちろん、この仕事を長くしている限り、憧れのブランドではあるし、ハンドリング性能の高さなどは試乗する度に「うむむ」と唸ってしまうほど「クルマに乗るという意味」を考えさせてくれるほどある種の哲学が伝わってくる。

しかし過去カーナビゲーションをコアとするシステムに関してはそこへの資源集中、言い換えれば“プライオリティ”は低めであった。実際知り合いの「ポルシェ乗り」と話していてもナビゲーションの話などは「何かいい商品あったら紹介してよ」と最後に少しだけ出る程度(ちょっと悲しい)。もちろんそれ自体は全然否定しないし、ユーザーのポルシェへの愛も感じていたものだ。

しかし世の中は進んでいる。そもそもインフォテインメントはインフォメーション(情報)とエンタテインメント(娯楽)の造語、さらに昨今では通信を活用し外部から情報を取得しドライブに役立てる「テレマティクス技術」は当たり前になりつつある。

その中でポルシェが採用したのがPCM(ポルシェコミュニケーション・マネージメントシステム)である。他社に追従する形になったポルシェのインフォテインメントシステムだが、その進化の速度は極めて早く、後発ながらあっという間に先頭集団に追いつき、今や追い越そうという程の勢いがある。

高い基本性能に驚き、サービスの追加でさらなる進化が体験できる

車内に乗り込んでみてまず目に飛び込んできたのがコアシステムとなる「PCM」の大画面化だ。サイズは12.3インチと昨今の高級輸入車と同等ではあるが、評価すべきはそのディスプレイの美しさと地図画面の見やすさだ。

ディスプレイ自体はHD(High Definition)化されており、地図上の文字のジャギー(ギザギザ)感も少ない。また3D画面で市街地地図を表示した際にはビル群などの建物も3D化されるが、これを表示する際のスピードが早い。

最近では少なくなってきたが実際の走行速度に3D画面の生成が待ち合わず表示された時にはすでその場所を通過していた…なんてほとんど意味のないナビも存在した。その点カイエンのPCMは必要な情報をバランス良く表示する(VICSの渋滞情報も見やすい)ので3D化しても周辺の情報も掴みやすい。

次にUIだが、「ポルシェ アドバンストコックピット」の採用により、ほとんどの車両機能をPCM上のタッチパネルや音声認識のほか、ステアリングスイッチ、さらにセンターコンソール上のダイレクトタッチなどで各種操作が行える。

一見、項目としては多く感じるかもしれないが、人によってどのUIを使うかは自ずと変わってくる。その点でも選択の自由がある点はユーザービリティの点でも高いと思うし、それほどハードルは高くない。またメーター内には7インチのフルHDディスプレイがタコメーターの両サイドに2個配置されているが、これらを切り替えることでナビ画面などを表示できるなど昨今のトレンドもしっかりと取り入れている。

そして何よりも注目すべきは「ネットワークへの対応」であろう。元々カイエンのナビゲーションシステムは最先端の「ナビゲーションプラス」となっているが、LTEやWi-Fiに対応することで一気にその性能を高めている。

特にLTEを使うことでリアルタイムの交通情報を取得し最適なルートを提案する「オンライン交通情報」が活用できる点は大きな進化だ。元々PCMのルート探索能力は実際使ってみても高いレベルと感じたが、ナビゲーションプラスは並列処理を行っているようでオン/オフラインいずれか最適なルートを提案するように感じた。

<次のページに続く>
次ページ
“高材疾足”という言葉が似合いそう