年間17万台から4,000台に…日産 スカイラインはかつての人気車に戻ることはできるのか?

1957年4月に初代モデルが発売されたスカイラインも、2017年4月で誕生60年を迎えました。最盛期には、年間17万台ものセールスを記録しましたが、2016年度の販売は、4,000台強にまで落ち込んでいます。はたしてスカイラインは、再び日本国内で絶大な人気を取り戻すことができるのでしょうか?

今後、ヒットの期待が薄い?その理由とは?

日産 スカイライン 200GT-t

ケンメリが大ヒットした理由が、今後のスカイラインに当てはまるのかという観点で見ると、大ヒットは難しいと考えられます。その理由は以下2点が挙げられます。

●スカイラインのイメージの継承
スカイラインのイメージは、いまなおC10型に端を発したサーキットのイメージです。しかし、2017年現在は当時ほどモータースポーツは大衆の興味を集めていません。

さらに、ハコで速い2.0L直6のFR車でないと「スカイライン」として認めないファンに訴求することは難しそうです。かといって、モデルチェンジに莫大な費用を投入するほど、国内マーケットがあるとも思えません。ライバルの多いセグメントでヒットをとばすのは至難のワザかもしれません。

●社会情勢の違い
経済があまり上向いていないこともマイナスに作用しそうです。500万円クラスとなったスカイラインが、そうそう売れるはずがありません。また、少子高齢化や公共交通機関の発展により、そもそもの車に対する需要が減っているためと考えます。

日本では4,000台強ほどの販売に留まるV37型ですが、同車はインフィニティQ50としてワールドワイドで販売され、2016年度全世界で8万台強のセールスを記録しています。合計すると8万4,000台強もの台数が売れています。

日本の新車市場は、年々縮小し、スカイラインも販売台数を減らしていますが、世界的に見ればインフィニティで健闘を続けています。国内で「スカイライン」ブランドが消滅したとしても、そのコンセプトはインフィニティへと引き継がれることでしょう。