三菱だからこそ作れたコンパクトSUVの真髄

ジュネーブ国際モーターショー2017でワールドプレミアとなった「三菱 エクリプス クロス」。そのスタイリッシュな造形も話題となっていますが、往年のスポーツクーペ、”エクリプス”の名を冠したところも気になるポイントといえます。三菱に久々の新型SUV、そしてAWDモデルとして期待が高まっています。

Chapter
エクリプス クロスは三菱の救世主となりうるか?
AWD技術を持つ三菱だからこそ…
エクリプス クロスは完成度の高いSUVとなる!

エクリプス クロスは三菱の救世主となりうるか?

不祥事が続き、企業イメージを再建させなければならないところにある三菱自動車。日産傘下となったことで、今後どのようなクルマづくりとなるのかにも注目が集まっています。

そんななかで発表された新型のスタイリッシュSUV「エクリプス クロス」は、三菱ファンのみならず、多くのクルマ好きに諸手を上げて歓迎されそうな雰囲気があります。

現在、人気かつ激戦区のコンパクトSUV市場に真向勝負をかけた「エクリプス クロス」。トヨタのC-HRのように高い支持を受ければ、三菱のブランド力回復が加速していくとも考えられますね。

日本導入は2018年とも噂されています。このエクリプス クロスがどういった結果を出すか、今から楽しみでなりません。

エクリプスが復活!? エクリプス クロスってどんな車?

AWD技術を持つ三菱だからこそ…

ご存じのように、三菱はラリー界におけるトップコンテンダーとして長年君臨してきたメーカーです。

特にWRC(ラリー世界選手権)では、毎年のように進化するランサーエボリューションが、エースドライバーのトミ・マキネン氏とともに数々の栄光を勝ち取ってきました。

そのなかで培われたのが三菱独自のAWD技術です。

WRCカーに関しては、また違ったシステムが搭載されていましたが、三菱の市販モデルを語るうえで外せないのが、アクティブ・ヨー・コントロール(AYC)。これまで4WDは「曲がらない、アンダーが強い」というのが定説でしたが、これを覆す「曲がる、速い4WD」を体現してみせたのが、ランエボでした。 

AYCは、ハンドル角、旋回G、駆動トルク、ブレーキ、車速などのデータをもとに、ドライバーの操作や車両の挙動を判断し、ドライバーの意志に忠実な挙動となるよう後輪左右の駆動力と制動力をコントロール。これによりコーナリング中に発生するヨーモーメントを制御し、4WDの弱点ともいえる旋回性能を大幅に向上しました。

そのAYCに加え、ランエボVIIよりACD(アクティブ・センター・ディファレンシャル)も搭載。車速、ハンドル角、エンジントルク、ブレーキ、旋回Gなどのデータをもとに、前後輪間の作動制限をコントロールします。

勿論、ABS、ASC(トラクションコントロール)といった4輪スリップコントロール機構も備え、こうした電子デバイスの統合制御によって、どんな路面状況でも最適なトラクションで走り、かつ車体を安定させる…というわけです。

現在では、このAYCを含めたAWC(オールホイールコントロール)というコンセプトで「走る歓び」と「確かな安心」をAWDモデルにもたらしています。

エクリプス クロスは完成度の高いSUVとなる!

エクリプス クロスには、前述のAWD技術に加え、AYCブレーキ制御を追加した車両運動統合制御システムS-AWC(Super All Wheel Control)が搭載されるようです。

元来、悪路を走ることを可能としたものがSUVでした。しかし近年ではスタイリッシュなモデルも多く、都市部でのニーズが高いため、メーカーはこぞって2WD仕様をランナップ。人気にもなっています。

しかし三菱だからこそ、AWDにこだわりをみせたモデルとなるのは間違いないですし、世界戦略車であるというのもポイント。新興国はインフラの整った国ばかりではないため、SUVにはAWD仕様を、というニーズが高いともいえそうです。

いずれにせよ、他メーカーとひと味違う運動性能を持ったSUVがRVRであり、アウトランダーでした。そこにエクリプス クロスが、加わるというわけです。

ラリーの三菱が手掛ける”SUVの神髄”モデルとして、期待したいところですね!


■おすすめ記事

三菱が誇る2つのSUV比較!パジェロとアウトランダーの違い
三菱RVRで考える、SUVなのに4WDではなく2WDを選ぶ理由とは?
エクリプスが復活!? エクリプス クロスってどんな車?
三菱、新型エクリプス クロスを世界初披露!コンパクトSUV首位を奪えるか!?