三菱 エクリプスクロスディーゼル ブラックエディション デザインは?インテリアは?Apple CarPlayは?機能をチェックしてみました

三菱が得意とする、オフロードSUVのルックスで、ひと目で「走り」を感じ取ることができる「エプリクスクロス」。そのデザインの魅力は、エクステリアのみならず、実用性の高いインテリアにもあります。今回は、「エクリプスクロス」の内外装デザインの魅力についてご紹介します。

文・吉川賢一/写真・鈴木祐子

Chapter
1. エクステリアデザインの特徴は?
インテリアデザインの特徴は?
シートの特徴は?

1. エクステリアデザインの特徴は?

三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子
三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子

エクリプスクロスのサイズは4,405×1,805×1,685(全長×全幅×全高[mm])。車幅は広く、全高も高いSUVですが、全長が短いため、「きゅっ」と詰まったようなボディスタイルをしています。フロント周りの特徴はヘッドライトにあります。小振りながら吊り上がった造形をしており、シンプルでスクエアな形状は、エクリプスクロスの持つ「ダイナミック感」を演出しています。ヘッドライトの下部に入っているシルバーのキャラクターラインは、グリルを縦に通過して、フォグランプの下まで繋がっており、盾形の大型フォグランプも、デリカD:5やeKクロスから始まったミツビシのデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を表した、大変迫力のあるフロントフェイスをしています。

三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子
三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子

また、今回試乗したBLACK EDITIONには、光沢のあるブラックのフロントグリルとアンダーガードが装着されており、無骨な印象よりも、やや都会的な「クロスオーバーSUV」の雰囲気も醸し出しています。サイドには、フロントドアからテールランプまで繋がる、強烈なキャラクターラインが施されており、これにより一段と「ダイナミックな印象」が強調されています。

三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子

フロントとリアのフェンダーには、ブラックのアーチモールが付いており、試乗したBLACK EDITIONでは、専用の18インチ切削光輝仕上げのブラックホイールとも相まって、足元のデザインが、より引き締まった印象です。なおタイヤは、前後とも225/55R18のタイヤ(TOYO PROXES R44)が装着されており、ボディサイズに適した、十分なエアボリューム&サイズ感となっています。なおベースグレードの「M」には215/70R16のタイヤになります。また、サイドシルの下側についた光沢のあるブラックガーニッシュは、BLACK EDITION専用となります。

三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子

リアに関しては、左右がつながったような造形のテールランプによって、高い位置に水平ラインが強調されており、尻上がりのシャープな印象を与えています。また、分割されているリアハッチガラスは、リアデザインにアクセントを与えているだけでなく、車内からの視認性が非常に高く、実用性に優れた形状です。ちなみにマフラーは下からのぞき込まないと見ることができません。デザイン上、隠しているようです。なお、リアについている光沢のあるブラックのアンダープロテクターも、BLACK EDITION専用です。

インテリアデザインの特徴は?

三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子
三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子

ブラックを基調としたインテリアは、全体的にシャープで高品質な印象を与えてくれます。ところどころにブラックの光沢のあるデザインを入れ込んだり、操作系をコンパクトにまとめていたりと、デリカD:5などとデザインのコンセプトは同じように見えます。

三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子
三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子

インパネの最上段に収まっているナビゲーションモニターは、Apple CarPlayです。シフトノブの奥にあるUSBジャックとスマホをケーブルでつなげれば、そのままナビゲーションやオーディオとして機能するのは、大変便利でした。メーターはオーソドックスな回転計とスピードメーターのデザインです。中央にはデジタル液晶画面がありますが、最近の競合車の進化に比べると、やや古さを感じます。

すこし気になったのは、センターコンソールに置かれているタッチパネルの操作感です。上下や左右の移動が感覚的に合わせにくく、液晶画面をタッチする方が楽という状況でした。もちろん「慣れ」の要素はありますが、手元を見ながら操作しなければ操作しにくいタッチパネルでは、運転中のちょっとした操作には不向きであり、要改善です。

シートの特徴は?

三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子
三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子

前席シートは、座面がたっぷりとした形状で、シート表面は柔らかいのですが、体重をかけていくと固くなるクッションをしています。長時間座っていても、姿勢が崩れにくく、長距離ドライブにも向いているシートだと思います。

三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子
三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子

また、背中側のシートのサポートも良く、肋骨の下側を左右から支えてくれるので、コーナーや交差点で曲がる際に身体が保持されて、とても楽です。後席シートは、左4:右6の分割可倒式です。膝前はコブシ2個、頭上は1個半のスペースで、前席よりもアイポイントが高いので、見晴らしがよく快適です。また背もたれの角度が15度ほど、後ろ側へも倒すことができますので、後席で仮眠程度ならばとることも可能です。なお、エクリプスクロスで後席に座る場合は、後席のヘッドレストを必ず伸ばして、適切な位置に置くようにしてください。安全性確保のためだけでなく、ヘッドレストに頭を乗せることで正しい姿勢となり、疲れにくくなります。

三菱 エクリプスクロスディーゼル 吉川賢一 鈴木祐子

ミツビシらしい「ダイナミックシールド」のフロントフェイスや、ナビゲーションモニター、収納、メーター類といったインテリア、そして大ぶりで快適な前後シートなど、エクリプスクロスは、ミツビシらしい「質実剛健」としたデザインをしています。燃費の良いディーゼルターボ×4WDを搭載した、エクリプスクロスの走りは、流石の一言です。「走行性能」についてのレポートもしていますので、そちらもぜひ、ご覧ください。

吉川 賢一|よしかわ けんいち

モーターエンジニア兼YouTubeクリエイター。11年間、日産自動車にて操縦安定性-乗心地の性能技術開発を担当。次世代車の先行開発を経て、スカイラインやフーガ等のFR高級車開発に従事。その後、クルマの持つ「本音と建前」を情報発信していきたいと考え、2016年10月に日産自動車を退職。ライター兼YouTube動画作成をしながら、モータージャーナリストへのキャリア形成を目指している。

吉川 賢一|よしかわ けんいち