ランクル「20万kmまでは慣らし」とまで言わしめるその男前っぷりとは?

ランドクルーザー 2016

その卓越した耐久性と整備性の良さで、世界中で走っているトヨタ ランドクルーザー。「20万キロまでは慣らし」とも言われますが、本当なのでしょうか?

Chapter
ランドクルーザーという車
世界のランドクルーザーは、30、40万kmも当たり前?
ランドクルーザーの慣らしが20万キロって?
慣らし運転が必要な車とは?

ランドクルーザーという車

トヨタの歴史を紐解くと、「ランドクルーザー」という車名が登場したのは1954年。そのルーツは1951年に誕生したトヨタ BJジープまでさかのぼることができます。

BJジープは、当時の警察予備隊(現在の陸上自衛隊)向けに計画された車両で、小型トラック用シャシーをベースに4WDとしたものでした。

その後、1955年に20系がデビュー。この2代目から海外への輸出が開始され、現在では、200系として海外へ輸出されています。

ランクルは、世界でもっとも有名な日本車のひとつであり、またその高い耐久性と故障が少ないことでもっとも信頼される4×4とも言われています。

そのためか10年以上経過した中古車であっても、国内はもちろん世界中で高い人気を得ており、中古車の値段が下がりにくいことで有名です。

通常、国産中古車では10万キロを超えるとまったく価値がなくなると言われていますが、ランクルに関しては関係がないのです。

※写真はFJ25型


世界のランドクルーザーは、30、40万kmも当たり前?

現在までの累計販売台数は800万台以上。発展途上国や中東、東南アジアでの需要が高いことでも知られています。

もっと台数が多いのでは?と思いますが、これはランクルが非常に耐久性のある車で、買い替えニーズが少ないことに理由があるようです。

車歴30年以上、総走行距離30万kmというランクルが、世界各地で現役で活躍しています。また、整備性が大変良いのも特長です。

もともと頑丈な車ではありますが、日本では考えられないような過酷な環境下で使われることも多く、たとえ最新の整備設備を備えた工場がなくても、整備がしやすく、また壊れてもきちんと直せば元の性能を取り戻せる車、それがランクルです。

<次のページに続く>
次ページ
ランドクルーザーの慣らしが20万キロって?