新型のランクルとプラドで維持費はほとんど変わらない!?

ランドクルーザー 300 2021

トヨタのフラッグシップSUVのランドクルーザーと、弟分のランドクルーザープラドは、車格は違えど同じランドクルーザーの名を冠するクルマです。

本格クロスカントリーから、シティユースまで幅広くこなせる人気の2台を、維持費から比較してみました。

Chapter
税金と車検整備費
燃費は大きく変わる!?

税金と車検整備費

ランクルとプラドの維持費を比較するとき、キーとなるのは、税金と点検整備費用、燃料費の3点です。

まず、排気量の違いによる自動車税ですが、ガソリンモデルで比較すると3.5Lのランクルは年額5万8000円、プラドは2.7Lなので年額5万1000円です。

車検整備にかかる費用としては、重量税・自賠責・印紙代・整備費用があり、ランクルでは重量税が6万1500円、自賠責が2万7770円。

プラドでは重量税が0円、自賠責が2万7770円となります。

印紙代や整備費用がほぼ変わらないとしても、重量税の分ランクルが高くなります。

燃費は大きく変わる!?

3.5Lという大きなエンジンを積み、約2.5トンの大柄なボディを動かすランクルの燃費は、WLTCモードで約8km/L。ガソリンモデルはハイオク指定、タンク容量は80Lです。

対して2.7Lのエンジンを積むプラドのWLTCモード燃費は8.3km/Lと燃費の面ではそこまで差はありません。しかし、ガソリンモデルはレギュラー指定、タンク容量は87Lです。

燃料費は、ガソリン1Lあたりレギュラー160円/ハイオク170円とした場合、WLTCモード燃費を使って計算すると、ランクルは1回の満タン給油で13,600円(640km)、プラドは1回の満タン給油で13,920円(722km)の出費。

それで年間1万キロを走行すると、ランクルは16回の給油、プラドは14回の給油が必要となります。

燃料費は、ランクルが21万7600円、プラドが19万4880円となり、差額は2万2720円となります。

以前までは大きく維持費に差があったランクルとプラドですが、3.5Lのエンジンにダウンサイジングしたことなどで、重量税を除くとそこまで大きな違いは無いようです!

新型のランクルが人気なのも納得です。一番のネックは維持費よりも納車まで2年以上かかるところでしょう。

※ 2021年12月現在