頭文字D仕様と湾岸ミッドナイト仕様…果たしてどちらが速いチューニングなのか?

クルマでのバトルをテーマにした漫画は、いつの時代も存在するものです。中でも近年大成功した作品として、「頭文字D」と「湾岸ミッドナイト」の2つが挙げられます。それぞれカスタマイズしたクルマ達が躍動するストーリーですが、チューニングカーとして考えると、どちらの作品の方が速いチューニングなのでしょうか?

Chapter
メディアミックスで多大な成功を収めた頭文字D
頭文字Dと双璧となる「湾岸ミッドナイト」
頭文字D、湾岸ミッドナイト…どちらのカスタムカーが速いのか!?

メディアミックスで多大な成功を収めた頭文字D

いまさら詳細を説明するまでもないほどの人気コミック「頭文字D」。アニメ化、OVA、アニメ映画に実写映画化、そしてゲーム化と、さまざまなメディアミックス展開で多くのファンを獲得しています。

登場するモデルは、ご存じAE86、FC3S、FD3S、ランエボ、シビック、シルビア/180SX、スカイラインGT-R、カプチーノなど。

ステージは「峠」。ワインディングでのバトルで、不利な状況からでも、時にトリッキーなテクニックでオーバーテイクしていく、という点にカタルシスを感じさせる内容になっています。

そのため、ダウンヒルバトルではハイパワーよりもアジリティに優れるライトウェイトスポーツもしばしば登場。主人公のAE86は、その軽量ボディと運動性能で、パワーに勝るライバルたちを倒す場面が多く描かれていました。

カスタマイズの方向性としては、やはり峠に適した軽量、加速を重視した仕様がメインといえますね。

頭文字Dと双璧となる「湾岸ミッドナイト」

頭文字D同様、メディアミックスの展開で人気の広がりを見せたのが「湾岸ミッドナイト」です。頭文字Dとの大きな違いは、そのタイトル通り、首都高がステージとなっていることでしょう。

おのずと高速域でのスリリングな戦いになるため、登場車種もカスタマイズされた旧車のS30Zをはじめ、ポルシェ911ターボ、フェラーリテスタロッサ、スカイラインGT-RやFD3Sなど、ハイパワーなモデルが多く登場します。

内容としても、頭文字Dがテクニック重視、峠での最速を目指す若者たちの群像劇であるのに対し、湾岸ミッドナイトはチューニングに魅せられた男たちの生き様も描かれており、ある種ハードでソリッドな内容となっています。

当然カスタマイズの方向性も、ライトウェイトスポーツの頭文字Dとは違い、500馬力~600馬力といったハイパワーを叩き出すカスタマイズを繰り広げます。

頭文字D、湾岸ミッドナイト…どちらのカスタムカーが速いのか!?

ではどちらの作品のクルマが速いのか、といえばもう皆さんもおわかりかと思います。

この両作品ではメインステージが異なるため、求める性能や方向性が違っています。頭文字Dの世界のクルマが首都高で悪魔のZと勝負しても、直線加速で突き放されてしまうでしょう。

その逆も然りで、ハイパワー化されたZがダウンヒル特化仕様のAE86と互角の戦いをする、というのもなかなか想像し難いところ。

また仮にサーキットでレースに出るとするならば、カテゴリー違いになるものが多く、一緒くたに速さを語るのは少々ナンセンスでもありますね。

いずれにせよ、作者の作風・個性も違う作品なので、登場車種同様にどちらも甲乙つけがたい魅力を持っています。

このクルマ好きに訴求する両作品ですが、「頭文字D」は2013年に惜しまれつつ完結。一方の「湾岸ミッドナイト」は、その世界観を引き継いだ「銀灰のスピードスター」が物語を紡いでいます。

これを機にそれぞれ読み返してみてはいかがでしょうか。


■おすすめ記事
AE86、インプレッサ、RX-7…頭文字D(イニD)登場車、人気の5選!
悪魔のZにBNR32、テスタロッサ...湾岸ミッドナイト登場車種4選!
昔は頭文字Dのような峠でレースが頻繁だった?!なぜ今は少なくなってしまったのか?
バブル期の社会問題?!首都高の「ルーレット族」とは一体何だったのか?