イニシャルDの登場車種まとめ!AE86、インプレッサ、RX-7など人物ごとに紹介します

走り屋の若者たちを描いた大人気マンガ「頭文字D(イニシャルD)」。当時の若い世代の車好きには大流行しました。今回は、藤原拓海や藤原文太、高橋涼介、高橋啓介、スマイリー酒井など人物ごとに車種を紹介!人気のAE86(ハチロク)やRX-7も登場します!

Chapter
藤原拓海:トヨタ AE86
藤原文太:スバル GC8 インプレッサ
高橋涼介:マツダ FC3S RX-7
高橋啓介:マツダ FD3S RX-7
スマイリー酒井:ホンダ DC2 インテグラタイプ R

藤原拓海:トヨタ AE86

AE86 ギャラリー

1990年代後半から若者の間で人気を博したのは、主人公である「藤原拓海」の愛車「トヨタ AE86」です。

ハチロクの愛称はあまりにも有名ですよね。頭文字Dに登場する前から人気の車でしたが、登場後は人気が大爆発しました!中古車の価格上昇は序の口で、アメリカから左ハンドル版を逆輸入する業者まで現れたと言われています。

藤原文太:スバル GC8 インプレッサ

インプレッサ(GC8)

藤原拓海の父、「藤原文太」の愛車は「スバル GC8 インプレッサ」です。

拓海の愛車、AE86は父である文太のものでしたが、拓海に譲って自分はGC8型インプレッサに乗り換えました。「1万1千回転まできっちり回してこい。」のような名言が今でも読者の間では名言として愛されています。

インプレッサのライバルと言えば、三菱のランエボ。互いにモデルチェンジを繰り返して切磋琢磨しました。

高橋涼介:マツダ FC3S RX-7

マツダ FC3S

「赤城の白い彗星」こと「高橋涼介」は「マツダ FC3S RX-7」に乗っています。

FC3SはRX-7の最初のフルモデルチェンジで誕生しました。

長所、短所がはっきりした車で、デザインやエンジン音の人気は非常に高いですが、燃費や維持費に苦労する方が多いようです。財布と相談してから買いましょう

ちなみに、RX-7は世界の美しい車100選に日本車として最高位である61位でランクインするという名誉を打ち立てています。

高橋啓介:マツダ FD3S RX-7

マツダ アンフィニ RX-7(FD3S)

第二部では拓海と並ぶ主人公として描かれる「高橋啓介」はイエローが映える「マツダ FD3S RX-7」を乗りこなします。

FC3Sの後継機で、このモデルから「サバンナ」という名前が外されました。

1996年にユーノス・コスモが生産終了してからは世界で唯一のロータリーエンジン搭載車でしたが、排ガス規制強化やスポーツカーの需要低下に伴い、2002年に生産が終了しました。

スマイリー酒井:ホンダ DC2 インテグラタイプ R

ホンダ インテグラタイプR DC2

集中した際の笑い方に特徴があることからスマイリーのあだ名を付けられた「スマイリー酒井」の愛車は「ホンダ DC2 インテグラ TYPE R」です。

NSXに続くタイプRシリーズで、インテグラのスポーティバージョンとなっています。

しかし、NSXのタイプRは1000万越えの高嶺の花。200万円台のインテRに歓喜した方もいるのではないでしょうか。このタイプRは、通常のインテグラに比べて大ヒットしました。

 あなたの好きなイニD登場車はありましたか?