悪魔のZにBNR32、テスタロッサ...湾岸ミッドナイト登場車種4選!

主人公 朝倉アキオが乗る「悪魔のZ」

朝倉アキオは最初Z31がに乗っていましたが、ある時、解体場で廃車となり解体寸前のS30と運命的な出会いをして以降、S30に魅せられオーナーに。原作初期は約600馬力、最高速度300km/h以上。ちなみに、S30は1969年にダットサン・フェアレディに代わって登場したモデルです。

魅力的なボディデザインと最高速度180-210km/hという当時としてはかなりハイスペックな走り+比較的安い値段で販売されたこともあってアメリカで大ヒットしました。

アメリカには今も数多くのオーナーズが存在するほど。世界総販売数は55万台でうちの8万台が国内販売というデータから見ても、日本より世界で評価され愛されて来た車と言えます。

首都高速湾岸線の黒い怪鳥ブラックバード 湾岸の帝王の911ターボ

ポルシェ 911

外科医である島達也は朝倉アキオの「悪魔のZ」の前オーナーの親友(事故で死亡)。新たな乗り手によって悪魔のZが復活したことを知り、ストイックな走りでZを追うことに。こちらの911ターボは1974年に試作車が展示され75年に販売開始されました。

ボア×ストロークφ95mm×70.4mmで2,994cc、圧縮比6.5の930/50型エンジンを搭載して最高出力は260馬力/5,500rpm、最大トルクは35.0kgm/4,500rpm。日本仕様は規制適合のため、少しスペックを落として発売されています。

劇中では、後に911(964)ターボ3.6へと乗り換えることなります。

次ページ「Rのビーナス」秋川レイナの日産スカイラインGT-R(BNR32)

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事