世代を超えて愛されるトヨタ 86(ハチロク) その軌跡と本質に迫る

トヨタ ハチロク

スポーツカー好きなら誰もが知っているトヨタの86(ハチロク)。

「頭文字D」と共に知名度の高く多くの方の青春を形づくったスポーツカーです。中古車市場でも根強い人気がありますが、大体の値段はどれくらいなのでしょうか?86(ハチロク)の燃費やインテリア(内装)、スペックに触れながら、86(ハチロク)の人気の秘訣に迫ります。

新型86(ハチロク)の足回りとボディ剛性

新型86(ハチロク)の内装にも随所に変更が見られますが、今回のマイナーチェンジは目に見えるところばかりではありません。スポーツカーとしての基本性能も向上しています。新型86 (ハチロク)のボディの後半部分が特に手が加えられており、板厚の変更やスポット溶接の打点を増やして剛性アップを図っています。

足回りではリアホイールハウスの補強、ダンパー構造、減衰力の変更、スプリング・リアのスタビライザーの仕様変更など、全面的に手が加えられています。これにより体感できるほど走行性能は高くなっています。新設計のアルミホイールはトヨタ車最軽量となっており、バネ下軽量化により、軽快な走りが可能となっています。

新型86(ハチロク) わずかにパワーアップ

AT車はマイナーチェンジ前と変更ありませんが、MT車は従来モデルから7psアップし、最高出力は207PS/7,000rpmとなり最大トルクもわずかに向上しています。

これはインテークマニホールド改良、高圧縮比12.5、摩擦抵抗の低減により実現しています。

マイナーチェンジであれば、エンジンはそのままということが多いですが、細かい部分まで手が加えられているのがビッグマイナーチェンジと称される理由かもしれませんね。

<次のページに続く>
次ページ
生きる伝説 86(ハチロク)の4つの魅力