AE86の中古価格・グレード・スペックまとめ | レビンとトレノどちらが好み?

リトラクタブルヘッドライト

1983年4代目カローラ、スプリンターのスポーツモデルとしてAEハチロクのレビン、トレノは登場しました。

4AGEUエンジンと後輪駆動はチューニング好きのみならずドリフト愛好者から絶大な支持を受けています。発売から30年、中古車は非常に高値で取引され状態の良い個体は200万を超えるものもあるとか。AEハチロクの中古価格・グレード・走行スペックなどあらゆる情報をまとめてみました。

また、ハチロクという名前で親しまれたAE86には、レビンとトレノの2種類があり、今回はこの違いを見ていきます。

Chapter
カローラレビン AE86型とは
スプリンタートレノ AE86型とは
爆発的人気の裏には"頭文字D"
AE86といえばトレノとレビン
AE86トレノとレビンの違いはフロント周り
AE86レビンとトレノのグレード構成
AE86の維持費について
AE86の中古車価格
AE86を中古車を買う場合の注意点
当時の唯一のFR車 AE86

カローラレビン AE86型とは

カローラレビンとして最後のFR車であり、「ハチロク」と一般的に呼ばれているモデルです。

「レビン」という名前は、そもそも16年も前に廃盤となり、シビックやミラージュと違って現在でも現役で活躍する個体が少ないので知らない人も多いんじゃないかと思います。そこで、トヨタ カローラレビンと兄弟車の、スプリンタートレノ(イニシャルDの主人公車はこっちの車に乗ってましたね)について解説します。

そもそもトヨタがボトムエンドのパブリカ(スターレットを経て今のヴィッツのご先祖)と、コロナ(現在のアリオン)の中間にあたるファミリーセダンとして開発したのが、初代E10系カローラです。そのスポーツバージョンとしてE15型カローラスプリンターが生まれ、若者向けディーラーのトヨタオート店(現在のネッツ店)で販売開始しました。

1970年登場の2代目E20系カローラからは、トヨタオート店でほぼ同じ兄弟車をスプリンターとして販売する事になり、カローラ店でもトヨタオート店でも同じようなセダンとクーペ、バンを売られるようになりました。

スプリンタートレノ AE86型とは

「カローラレビン」の姉妹車として、同時期に誕生したのがスプリンタートレノ AE86型です。

1983年5月、E80系カローラ&スプリンターシリーズのフルモデルチェンジが行われ、この代よりE80系カローラおよびスプリンターのセダンとハッチバックは前輪駆動(FF)レイアウトに移行しました。

走りを最優先したスポーツモデルであるレビン・トレノは当時のFF駆動方式に対して、スポーツカーとして求められる高い走行性能などにおいては未知数であったことなどの要素が絡んだこともあり、セダンとハッチバックは実用重視のFFレイアウトを採用。

走りを重視したレビン・トレノに関しては従来どおり後輪駆動(FR)レイアウトといった“2本立て”でリリースされました!

後にトレノでは当時のスポーツカーの“アイコン的存在”ともいえるリトラクタブル式ヘッドライトを採用し、レビンとの差別化を図りました!

<次のページに続く>
次ページ
爆発的人気の裏には"頭文字D"