【完全版】新型ホンダ シビックそろそろ日本で公開くるか!? 車種情報・燃費・中古価格はいくら?

ホンダ シビック

ホンダ シビックといえば、ホンダ車を代表する車です。その車の中古相場、燃費、維持費、走行性能など全ての情報を網羅した記事になります。もしホンダ シビックの中古車購入を検討している方は、ぜひお役立てください。

また、2016年3月にタイでの生産•販売が開始されたホンダ シビックの新型が絶好調。2015年11月に北米でモデルチェンジした新型シビックはタイでの生産開始と共に右ハンドル車もデビューし、オーストラリア市場への投入も決まっていますが、日本でも2年以内の導入が検討されているようです。新型ホンダシビックについても深く掘り下げていきます。

Chapter
ホンダ シビックとは
初代シビックは1972年開始
ホンダ シビックの燃費・維持費について
ホンダ シビックの走行性能は?
歴代シビックの中古価格表
国内販売が終了してもシビックブランドは海外で健在
タイでのホンダ車は大人気
新型シビックのエクステリアとインテリアは?
日本復刻版シビックは、グレイス後継との噂も...
日本仕様はどうなるのか?
新型シビック ハッチバックの市販モデルの姿をキャッチ!
ホンダ シビックのライバル車について

ホンダ シビックとは

かつてはホンダの代表車としての異名を持っていたホンダ シビック。

初代シビックは1972年に販売が開始され、10代目シビックまで続いた超ロングセラー製品。後に、シッビックタイプRという車種名で販売された車は有名ではないでしょうか。

1997年、ホンダは6代目シビックに「タイプR」を追加設定し、発売されました。しかし、2000年9月の7代目シビックへのフルモデルチェンジに際し、生産終了となりました。

さらに、10代目シビックが日本国内では販売終了となりましたが、2018年に日本での再販売が決まり、今ホンダファンの中で話題になっている車種がホンダ シビックです。パリモーターショーで公開されたタイプRがこちらの動画で公開されました。是非ご覧になってください。


【完全版】シビックEK9の中古価格・維持費は?人気のカスタムもご紹介!


初代シビックは1972年開始

上の画像は初代シビックです。初代シビックは、1972年に2ボックススタイル・2ドアセダンとして販売されました。

排気量は、1200cc、トランスミッションは4速MTのみでしたが、すぐに3ドアハッチバックモデルの「GL」が追加されました。

これが何十年と続くシビックシリーズの始まりです。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ シビックの燃費・維持費について