これで決着!?ランエボVSインプ、記憶に残るマシン・限定モデル特集!!

進化の歴史にはライバルが必ず存在するもの。長年、しのぎを削ってきた国産高性能4WDターボ、ランサーエボリューションとインプレッサしかり。
先頃、ファイナルエディションが発表され惜しまれつつその歴史に幕を閉じたランエボ。ライバルであるSTIモデルが「WRX」と独立モデルとなったインプレッサ。
いずれも一つの時代の区切りがついた、ともいえます。
その歴史を振り返りつつ、両雄の魅力を探ってみましょう。

はたして決着は…

2015年現在、インプレッサWRXというグレードは独立した「WRX」としてラインナップされています。またアイサイトをはじめとした安全装備や新技術を導入し、さらに進化を続けております。
対してランエボは、開発終了、ファイナルエディションの発表となりました。三菱もガソリンエンジンでのランエボは、もう開発しないであろう旨のコメントをしております。寂しくもありますが、両雄がしのぎを削った時代は2015年、ランエボの引退という形で幕を下ろした、といえます。

車画像

しかしランエボで培われたAYCをはじめとした技術は、新型パジェロスポーツにも引き継がれていますし、今後のモデルに活かされていくことでしょう。
いつの日か、ランエボ後継車が現れるのを心待ちにするファンは決して少なくないと思います。それまで、インプレッサ(WRX)には進化を止めずに待っていて欲しいと願わずにはおれません。