スズキ ワゴンRスマイルのインテリア(内装)と荷室は質感の高いデザインを追求【プロ徹底解説】

スズキ ワゴンRスマイル

ワゴンRスマイルのインテリアは、居心地の良さと質感の高さを感じられるデザインを追求しています。

カワイイだけではなく、質感の高さを感じられるデザインとは一体どのような手法なのか。

ここではワゴンRスマイルのインテリアデザインやシートアレンジなどの利便性について紹介します。

文・写真/萩原 文博


萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
インパネの特徴
運転席のレビュー
助手席の快適性について
後部座席の広さや快適性について
荷室の広さについて

インパネの特徴

ワゴンRのインテリアは柔らかな造形のインパネカラーパネルにカッパーゴールドのアクセントを組み合わせることで、居心地の良さと質感の高さを追求しています。

インストルメントパネル周りには、インパネセンターポケットをはじめ、インパネトレー(助手席)、インパネドリンクホルダーをはじめとした大きさの異なる収納スペースが用意されていて、高い利便性を実現しています。

運転席のレビュー

ドライバーシートには体格が異なる人でも、運転しやすいドライビングポジションを設定できるように、240mmのシートスライドをはじめ、運転席シートリフターは前後方向50mm、上下方向60mm。そしてチルトステアリングは上下35mm調整可能となっています。

フラットなダッシュボードによって、ドライバーは、運転しやすいスッキリとした前方視界を確保しています。さらに、運転席前にあるAピラーを2本にすることで、死角を減らし、右左折時の視認性を確保しています。

メーターパネルはシンプルな表示で見やすくなっています。さらに、マルチインフォメーションディスプレイを採用し、ドライブをサポートする情報や各種警報などをスピードメーター内に配置。必要な情報をひと目で認識することができます。

さらに、セーフティパッケージを装着すると、運転席前方のダッシュボード上に車速をはじめ、シフト位置、警告などの情報をカラーで表示し、ドライバーが視線をずらすことなく、必要な情報が得られるヘッドアップディスプレイを採用しています。

助手席の快適性について

インパネとドアトリムに革を手縫いしたようなステッチ風の模様を施し、質感を高めています。そのうえ、ルーフにはキルティング加工を施すことで、あたたかさを表現しています。シート表皮にはファブリックを採用。グレードによってライトグレーとダークグレーの2色を設定し、落ち着いて、いつまでも居たくなるような雰囲気が漂っています。

助手席側にもインパネトレーをはじめ、ドリンクホルダー、シートアンダーボックスなど様々な収納スペースが設置されており、快適に移動できます。そして運転席だけでなく、助手席にも座面にヒーター機能を内蔵していますので、寒い冬でもすぐに温かさを感じることができます。

後部座席の広さや快適性について

リアシートは、左右それぞれが、前後にスライド調整および、リクライングが可能。乗る人の好みに合わせて、快適な角度に調整できます。

フロントシートだけでなく、リアシートも左右が独立してスライド&リクライニングが可能なので、乗車人数と荷物の量に合わせて、多彩なシートアレンジが可能です。

フルフラットにすれば、大人二人の車中泊もできます。

さらに、リアシートに乗る人には様々な大きさのモノが入れられるシートバックケットをはじめ、ドリンクホルダーが2個設置されたパーソナルテーブル、リアドア両側にドアペットボトルホルダーなどの収納スペースや装備が充実しています。

そして後席には足元に温風を送り込むリアヒーターダクトを設置し、寒い日でも暖かさをキープしてくれます。

荷室の広さについて

リアシートがスライド&リクライニングすることで、4人乗車時でもラゲッジスペースの収納量を変化することができます。

さらに、ワンタッチダブルフォールディングリアシートを利用すれば、ワンタッチでリアシートの背もたれが倒れて、床面がほぼフラットの広々としたラゲッジスペースが出現。

リアのテールゲートだけでなく、スライドドア側からでも簡単に操作することが可能です。

インストルメントパネルやドアトリムに革を手縫いしたようなステッチ風の模様を施すだけでなく、ルーフにもキルティング加工を行うなど、見える部分だけでなく、普段は気がつかない部分にまで処理を施すことで、質感を高めています

液晶パネルなどデジタルのパーツを多用していますが、先進性と落ち着いた雰囲気を見事にマッチさせたインテリアは秀逸です。

商品詳細