スズキ ワゴンRスマイルをライバル「ムーヴキャンバス」といろいろ比較してみた!スペーシアやN-BOXとの比較動画も公開中【プロ徹底解説】

ダイハツ ムーヴキャンバス

新感覚軽ワゴンと呼ばれるワゴンRスマイル。同じコンセプトのライバルと言えば、ダイハツムーヴキャンバスが思い浮かびます。

ムーブキャンバスは2022年7月にニューモデルが登場し、大きく進化しています。ここではワゴンRスマイルとライバル車のムーヴキャンバスの違いを紹介します。

文・写真/萩原 文博

Chapter
ライバルのダイハツ ムーヴキャンバスとは?
ワゴンRスマイルの良い点は?
ムーヴキャンバスの良い点は?
ダイハツ スペーシアとの比較はコチラ!
ホンダ N-BOXとの比較はコチラ!

ライバルのダイハツ ムーヴキャンバスとは?

スズキワゴンRスマイルのライバルとして、取り上げたのはダイハツムーヴキャンバスです。ワゴンRスマイルがワゴンRの派生モデルであるように、ムーヴキャンバスは、ワゴンRのライバル車であるムーヴの派生モデルとして、2016年9月に初代モデルが登場しました。

ムーヴキャンバスは、女性ユーザーをメインターゲットに、ライフスタイルを楽しむ女性に寄り添うデザイン性と機能性を両立した新感覚スタイルワゴンがコンセプト。ワゴンRスマイルはターゲットを女性と絞っていませんが、「デザイン性と機能性を両立した新感覚スタイルワゴン」というコンセプトは似ています。

似ているのはコンセプトだけでなく、ボディサイズは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,655mm。リアには両側スライドドアを採用するなど、低く抑えた全高、ユーティリティに優れたリアスライドドアの採用などと多くなっています。

搭載しているエンジンは最高出力52ps、最大トルク60Nmを発生する660cc直列3気筒DOHCのみ。組み合わされるトランスミッションは全車CVT。そして駆動方式は全グレードで2WDと4WDが用意されている部分もワゴンRスマイルと同じです。

しかし、2022年7月にムーヴキャンバスはフルモデルチェンジを行い、世代交代を行います。初代を踏襲したキュートなデザインのストライプスに加えて、上質で落ち着いた世界観のセオリーを設定。初代モデルがターゲットとした女性だけでなく、幅広いユーザーへのアピールを行っています。

そして、新型ムーヴキャンバスの特長は自然吸気エンジンに加えて、最高出力64ps、最大トルク100Nmを発生するターボエンジンを設定したことでしょう。軽自動車の中ではヘビー級といえるほど車両重量の重いムーヴキャンバスをスムーズに加速させます。

エンジンのラインアップは異なりますが、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスは、コンセプトなどが非常に似たライバル車と言えます。

ワゴンRスマイルの良い点は?

ムーヴキャンバスが自然吸気&ターボという2種類のエンジンを搭載しているのに対して、ワゴンRスマイルは自然吸気エンジンのみとなっています。しかし、ワゴンRスマイルの上級グレードには、ISGと呼ばれるモーター機能付発電機とリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを採用しています。

このシステムは、ブレーキを掛けた時などの減速時のエネルギーを利用して発電を行い、専用バッテリーに充電します。加速時にはその電力を使用してモーターでエンジンをアシストします。

その結果、自然吸気エンジンでもスムーズな発進加速が可能となっています。また、燃費性能もWLTCモードでムーブキャンバスの自然吸気車の21.6~22.9km/Lに対して、ワゴンRスマイルのマイルドハイブリッド車は23.6~25.1km/Lとアドバンテージがあります。

また、構造用接着剤や高減衰マスチックシーラーの採用によって操縦安定性や乗り心地を向上。そして不快な音や振動を低減する遮音材を最適に配置して高い静粛性を確保しているのが特長です。

ムーヴキャンバスの良い点は?

続いてはワゴンRスマイルとライバル車のムーヴキャンバスを比較して、ムーヴキャンバスの優れているポイントを紹介します。燃費性能はワゴンRスマイルがリードしていますが、ムーヴキャンバスはターボエンジンを設定しているのは大きなアドバンテージと言えます。

ムーヴキャンバスの車両重量は870~950kgで、4人乗車すると1トンを軽く超えてしまいます。マイルドハイブリッドのワゴンRスマイルは発進加速などではモーターのアシストの効果は大きいですが、高速道路などでの合流や追い抜きなどのシーンではターボのパワー感には及びません。

ムーヴキャンバスは、電動パーキングブレーキ+オートブレーキホールド機能を採用しているのは魅力です。この機能は、シフト操作に連動したパーキングブレーキの作動やアクセル操作による解除で、日常の運転時から渋滞時までお客様の疲労軽減に効果があります。

一部グレードですが、軽自動車初の装備として、 肌寒い季節に嬉しい保温機能付「ホッとカップホルダー」を採用。ワイヤレス充電規格Qiに対応したスマートフォンをインパネトレイに設置することでケーブルに接続せず充電可能とするなど、快適装備が充実しています。

そして、緊急時以外の様子の見守り機能も充実した、最新のダイハツコネクトを採用。スマートアシストの作動回数を過去7日分表示し、安全運転を促進する「スマアシレポート」、ドアロックやハザードランプ消灯忘れ等をスマートフォンに通知する「うっかりアシスト」を新設定するなど“コネクティビティ”機能も充実しています。

ムーヴキャンバスの初代モデルは女性をメインターゲットに絞っていましたが、2代目の現行モデルはワゴンRスマイル同様、老若男女すべてをターゲットとしています。搭載するエンジンも従来の自然吸気エンジンに加えて、ターボ車を追加するなどワゴンRスマイルとの違いを明確化しています。

一方のワゴンRスマイルはターボエンジンはありませんが、燃費とパワーを両立するマイルドハイブリッドシステムを採用しています。ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスは実力伯仲のライバルと言えます。

ダイハツ スペーシアとの比較はコチラ!

ホンダ N-BOXとの比較はコチラ!

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博