最新鋭の運転支援システムをチェック!日産 新型エクストレイルの安全装備を紹介【プロ徹底解説】

日産 エクストレイル

新型エクストレイルは、高速道路などでドライバーの負担を軽減するプロパイロットをはじめ、縦列駐車や駐車場での車庫入れをシステムが行うプロパイロットパーキングなど最新鋭の運転支援システムが満載です。

ここではエクストレイルに搭載された運転支援・安全装備を紹介しましょう。

文・写真/萩原 文博

Chapter
安全装備一覧

安全装備一覧

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
インテリジェントエマージェンシーブレーキは、衝突の可能性が高まると表示とブザーで回避操作を促し、安全に減速できなかった場合にはブレーキを作動させる機能です。より遠くまで検知でき、天候や周囲の明るさにも影響されにくいミリ波レーダーとフロントカメラという2つのデバイスを採用し、自動車だけでなく、人が乗車した自転車や夜間の歩行者も検知可能です。

・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
インテリジェントFCW(前方予測警報)は2台前を走行する車両の車間・相対速度をミリ波レーダーでモニタリングし、ブレーキの踏み遅れによる玉突き事故回避を支援する機能です。自車からは見えない前方の状況を検知して、減速が必要と判断した場合にはディスプレイ表示とブザーでドライバーに注意を促します。

・インテリジェントDA(ふらつき警報)
インテリジェントDA(ふらつき警報)は、ハンドル操作から運転者の注意力が低下していると判断したときに、メーター内のディスプレイ表示とブザーによりドライバーに休憩を促す機能です。

・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)は車両が車線をはみ出す可能性がある場合、警報音とメーター内の表示で注意喚起します。同時に、ブレーキを制御し、車線のはみ出しを回避するよう、ドライバーをアシストする機能です。

・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)
インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)は、隣車線に車両がいるときにドライバーが車線変更を開始した場合、警報とともに車両をもとの車線内に戻す方向に力を発生させ、隣接車両との接触を回避するよう支援する機能です。


・インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)
上空から見下ろしているかのような映像を、ナビゲーション画面またはインテリジェントルームミラーに表示する機能がインテリジェントアラウンドビューモニターです。ひと目で周囲の状況がわかるため、駐車がスムーズに行えます。さらに人や自転車など周囲に動くものがいる場合に表示とブザーで注意を促します。

・インテリジェントルームミラー
車両後方のカメラ映像をミラー面に映し出して、いつでもクリアな後方視界を確保するのが、インテリジェントルームミラーです。2列目・3列目に乗っている人やヘッドレスト、荷室に積んだ大きな荷物などが写り込んで見にくくなりがちなルームミラーの後方視界。インテリジェント ルームミラーは、車両後方のカメラ映像をミラー面に映し出すので、車内の状況や、天候などに影響されずいつでもクリアな後方視界が得られます。

・踏み間違い衝突防止アシスト
踏み間違い衝突防止アシストはブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ時に、エンジン出力を抑制し、ブレーキを制御する機能です。前進時は壁などの障害物、車両や歩行者との衝突回避を行い、後退時は壁などの障害物と車両との衝突回避を支援する機能です。

・標識検知機能(進入禁止・最高速度・一時停止)
各標識を検知して、警告などでドライバーに注意を喚起する機能が標識検知機能です。フロントカメラによって前方の「車両進入禁止表示」「最高速度標識」「一時停止標識」を検知。進入禁止の道路へ親友しそうになった場合や一時停止が必要な場所では、メーター内のディスプレイに警告表示とブザー(侵入禁止標識検知のみ)でドライバーに伝えて、安全運転をサポートします。

・LDW(車線逸脱警報)
LDW(車線逸脱警報)は車両が車線をはみ出す可能性がある場合、警報と表示によって注意を促し、車両のはみ出しを回避するよう、ドライバーに注意喚起を行う機能です。

・BSW(後側方車両検知警報)
BSW(後側方車両検知警報)は、車線変更をするとき、隣車線に車両がいる場合に警報によってドライバーに注意を促す機能です。

・RCTA(後退時車両検知警報)
ドライバーからの目視では確認の難しい視界の悪い場所などで、後退を行う時に近づいてくるクルマを検知してブザーで注意喚起するのがRCTA(後退時車両検知警報)です。

・SOSコール
SOSコールは、急病やあおり運転との遭遇など、緊急時には走行中でもスイッチを押すだけで、専門のオペレータに接続し、警察や消防に連絡し、緊急車両の手配をサポートする機能です。スイッチを押すとクルマの位置情報も、オペレータへの接続と同時に共有されます。また、事故の際には、エアバッグ展開と連動しオペレータに自動通報されます。

・アドバンスドヒルディセントコントロール(速度設定機能付)
アドバンスドヒルディセントコントロール(速度設定機能付)は、エンジンブレーキだけでは十分な減速ができないような急な下り坂や、オフロードのような滑りやすい路面を下るとき、一定の低車速を保ち、下り坂での走行を補助する機能です。

・アダプティブLEDヘッドライトシステム
アダプティブLEDヘッドライトシステムは照射パターンを変化させて、対向車や先行車が眩しくならないようにハイビームをキープする機能で、良好な視界を確保します。

・プロパイロット(ナビリンク機能付)
プロパイロットは高速道路などで、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作をシステムがアシストしてドライバーの負担を軽減する機能です。プロパイロットは、インテリジェントクルーズコントロールとハンドル支援を組み合わせたシステムです。インテリジェント クルーズコントロールは、先行車を検出しているときは、運転者がセットした車速(約30km/h以上)を上限に、車速に応じた車間距離を保つように車間制御を行い走行します。そして、先行車が停止したときは、先行車に続いて自車も停止します。一度停止すると、インテリジェント クルーズコントロールは停止した状態を保持します。ハンドル支援は車線中央付近を走行するようにステアリングを制御し、運転者のハンドル操作を支援するという機能です。(約50km/h以下では前方に車両がいる場合に作動できます。)この2つを組み合わせて高速道路などで追従走行を可能として、ドライバーの負担を軽減するのがプロパイロットとなります。エクストレイルに搭載されたプロパイロットは、NissanConnectナビゲーションシステムと連動し、予めカーブやジャンクションを把握し、スムースに曲がれるよう車速をコントロールするナビ機能付きのバージョンです。

・プロパイロット緊急停止支援システム(SOSコール機能付)
プロパイロット緊急停止支援システム(SOSコール機能付)は、プロパイロットを使用しての走行中に、予期せぬ事象が発生し、ハンドル操作が一定時間検知されず、さらにメーター表示や音による警告にもドライバーの意識反応が得られなかった時には、ハザードを点灯して徐々に減速し停止させる機能です。NissanConnect サービスに加入している場合は、その後に緊急通報センターに音声接続し、必要に応じて警察・消防に連絡して緊急車両がかけつけます。

・プロパイロットパーキング
縦列駐車も車庫入れも指先だけの簡単な操作でスムースに行えるのがプロパイロットパーキングです。3ステップの操作だけで駐車完了するまでドライバーをアシスト。ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフト、さらにパーキングブレーキまですべて制御。道路脇の縦列駐車、ショッピングモールの並列駐車、車庫入れなどさまざまな駐車スペースで、素早くスムースに行える機能です。

エクストレイルは車両の前方だけでなく、車両の周囲360°を監視し運転をサポートする360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)を搭載し、高い安全性を実現しています。

運転支援システムの充実度は最新モデルということもありクラストップの充実を誇っています。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
商品詳細