新型エクストレイルが出る前に!日産 エクストレイルはどんなクルマ?

日産 エクストレイル

現在、最もホットなジャンルのクルマとも言えるSUV。そんなSUVの古株にあたる存在となりつつある日産 エクストレイル。新型モデルも噂されているエクストレイルですが、現在までの進化を振り返ってみましょう。

文・西川 昇吾

Chapter
日産 エクストレイルの概要
ガソリンとハイブリッドの比較
エクストリーマーX・NISMO・AUTECH・LV(福祉車両)の標準モデルとの違い
アウトドアでの使用勝手(車中泊)
新車で買うべきか?中古で買うべきか?
新型エクストレイル情報
全シートが撥水仕様【 日産 エクストレイル T32 】SUV 中古車 を徹底解説!桜田莉奈が気に入った理由は、 安い のに充実した機能性?

日産 エクストレイルの概要

初代モデル(T30系)は2000年11月に販売が開始されました。初代モデルの商品コンセプトは「4人が快適で楽しい、200万円の使える四駆」とアナウンスされており、当時の需要が高まりつつあったSUV市場に「アウトドアを楽しむ若者向け」として発売されました。

パワートレインはFFレイアウトをベースにしながらも4WDも用意。エンジンは2.0L4気筒NAエンジンQR20DEが基本でありながら、ターボエンジンSR20VETを搭載した上級グレードを2001年からラインアップしており、さらにミッションは4速ATと5速MTの2種類は用意され、走りも期待できるSUVとして販売されていました。

余談ながらシルビアに搭載されたSR 20系エンジンですが、SR20エンジン史上最高出力280馬力を誇るのはこのエクストレイルに搭載されたSR20VETだったりします。以降2003年6月にマイナーチェンジ、2005年5月と2006年11月に一部改良を受け、2007年8月に販売を終了します。

2代目モデル(T31系)は2007年8月から国内販売が開始されました。エクステリアデザインからもわかるように基本コンセプトは変更せずに、SUVとしての走行性と機能性が重視されました。発表時にアナウンスされたコンセプトは「アウトドアスポーツを最大限満喫するためのタフ・ギア」。

このフルモデルチェンジで挙げられるトピックスとしては、進化した4輪駆動システム。「ヒルディセントコントロール」と「ヒルスタートアシスト」などといった運転サポートシステムですが、アウトドアユーザーにとって嬉しいのは何と言っても「フル防水インテリア」ではないでしょうか。

そんな2代目モデルは2010年に7月にマイナーチェンジを受けます。エクステリアデザインが大きく変更されるとともにクリーンディーゼルグレードが追加されました。2代目は2013年末で販売を終了します。

現行となる3代目モデル(T32系)は2013年12月に販売開始。エクストレイルの特徴とも言える4輪駆動システムは正常進化し、その人気を支える防水インテリアは、ラゲッジスペースを自由に仕切ることができる「防水フレキシブルラゲッジ」が採用され、使い勝手が向上しました。

このフルモデルチェンジでは「エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」「LDW(車線逸脱警報)」「進入禁止標識検知」などといった運転支援技術の装備が一気に進んだのも大きなトピックスと言えるでしょう。2015年4月にはハイブリッドモデルを追加。SUV戦国時代とも言える市場での販売力を強化します。

2017年にマイナーチェンジを受け、日産のウリである高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」や、ハンズフリーでラゲッジルームを開閉できる「リモコンオートバックドア」などが採用されました。

ガソリンとハイブリッドの比較

2015年より追加されたハイブリッドモデルとガソリンモデルの違いですが、やはり多くの人が注目するのは燃費でしょう。JC08モードでガソリン2WDモデルの燃費が16.4km/Lとなっているのに対して、ハイブリットモデルは20.8km/Lとなっています。

ちなみに車両重量は90〜100kgほどハイブリッドモデルの方が重たくなっています。きになる主要装備面での差はほとんどありません。

<次のページに続く>
次ページ
エクストリーマーX・NISMO・AUTECH・LV(福祉車両)の標準モデルとの違い

西川 昇吾|にしかわ しょうご

1997年生まれ。富士スピードウェイ近隣で生まれ育ち、大学で自動車に関する学習をする傍ら、自動車ライターとしての活動を始める。過去にはコミュニティFMのモータースポーツコーナーにてレギュラー出演経験あり。「書くこと、喋ることで自動車やモータースポーツの面白さを伝える」を目標とし、様々なジャンルのライティングや企画に挑戦中。

西川 昇吾