日産 新型エクストレイルの見積価格は587万210円!気になるグレード構成や特徴は?

日産 エクストレイル 見積書

日産 エクストレイルは、2000年に初代が登場して以降、国内SUV市場を牽引してきた存在です。現行のエクストレイルは3代目となっており、2013年に発売されました。3代目の登場から9年目を迎えるモデルということもあり、フルモデルチェンジが噂される車でもあります。

実際、国外ではすでに登場されており、日本国内でも、2022年の夏には発表されるのではないかと言われているようです。明確な発表時期はふせられているものの、ディーラー担当者によると6月17日から先行販売を開始しており、店舗によっては注文も受け付けているようです。

今回は、そんな新型エクストレイルの見積額やグレードについてみていきましょう。

Chapter
日産 新型エクストレイルのグレード構成は?
日産 新型エクストレイル「G」の見積価格は485万6,165円!

日産 新型エクストレイルのグレード構成は?

まずデザイン面に関してですが、エクストレイルのDNAである「タフギア」を継承しながらも、上質感を高めた内外装に仕上げられており、ディーラー担当者も「スクエアを強調したボディになっていて、内装が格段に良くなっている」と話していました。

グレードに関しては、今回用意されるのは、ベースグレードの「S」、中間グレードの「X」、上級グレードの「G」という3つが基本となるようです。その他、カスタム志向ユーザーにおすすめの「エクストリーマーX」、「AUTECH」も用意されるとしています。

それぞれのエクステリアデザインの違いを見ると、「S」と「X」では18インチアルミホイールが標準となり、「G」では19インチアルミホイールが標準となるとされています。

また、インテリアではシートの部分に違いがあり、「S」と「X」ではファブリックシートが標準で用意されており、「X」に関しては、メーカーオプションで防水シートが選択可能のようです。加えて上級グレードの「G」では、ナッパーレザーがメーカーオプションで選択可能となっています。

なお、ボディカラーについては2トーンカラーを含む全12色展開となるとされており、ディーラー担当者によると「シルバー×ブラックのツートンが人気になるのではないか」と話していました。

そんな新型エクストレイルですが、今回は上級モデルである「G」の見積もりを取ってみました。

日産 新型エクストレイル「G」の見積価格は485万6,165円!

メーカー:日産
車種:エクストレイル「G」
外装色:シャルブロンド(M)/スーパーブラック ブラック(XEWG)
駆動:2WD
ドア:4ドア
定員:5名

メーカーオプション:シャルブロンド(M)/スーパーブラック ブラック(XEWG)(5万5,000円)

販売店オプション:DSRCセットアップ(5,885円)、ウィンドウ撥水 12ヶ月(8,360円)、プラスチックバイザー(3万4,800円)、フロアカーペット(3万5,800円)、5YEARS COAT Premium(14万3,000円)

【見積もり内容】
車両本体:429万8,800円
メーカーオプション:5万5,000万円
販売店オプション:22万7,845円
税金・保険料等:5万570円
販売諸費用(課税):5万8,740円
販売諸費用(非課税):16万5,210円

支払総額:485万6,165円

前述した通り、店舗によってはすでに注文が始まっており、4WDのモデル、色はツートーンカラーが人気のようです。

また、ディーラー担当者は「アリアに搭載されているe4ORCEが搭載されていて、アリアより先に7月下旬に発売となる予定」、「先に4WDを7月発売して、その後FFを8月頃に発売予定(駆動方式によって発売時期が違う)」といいます。

これらの情報を見ると、7月中には詳細が発表されそうですね!購入を考えている方は、要チェックです。

※2022年6月末現在
※写真は海外仕様車

新車見積もり
新車見積もり

商品詳細