トヨタ 新型ノア&ヴォクシーの先進安全装備チェック【プロ徹底解説】

トヨタ ノア

4世代目へとフルモデルチェンジを果たした新型ノア&ヴォクシー。

トヨタ渾身の一台ということもあり、先進安全装備ついてはデビュー時点でトヨタ車として最新のものが多く備わっています。

そこでここからは新型ノア&ヴォクシーに標準装備&オプション設定されている先進安全装備の内容についてチェックしていきたいと思います。

文・写真/小鮒 康一

Chapter
予防安全装備「Toyota Safety Sense」
オプションでプラスできる先進安全装備
オプションで装着できる駐車・走行支援システム「トヨタチームメイト」
ディーラーオプションでも更なる安心をプラス

予防安全装備「Toyota Safety Sense」

トヨタ車の予防安全装備として多くの車種に備わっている「Toyota Safety Sense」ですが、実は車種によってその装備内容が微妙に異なっています。

新型ノア&ヴォクシーに備わるものは、登場の時点では最新のものとなっており、プリクラッシュセーフティ(衝突被害軽減ブレーキ)についてはミリ波レーダーと単眼カメラ方式のシステムが採用されており、歩行者と自転車については昼夜、自動二輪車(バイク)については昼間の検知機能付き回避支援タイプが備わります。

このプリクラッシュセーフティは交差点での危険にも対応しており、右折時の対向車や交差点での出会い頭時の危険に対しても検知してくれるものとなっています。

トヨタ車として初搭載となるものとしては、安全運転をさりげなくサポートしてくれるプロアクティブドライビングアシスト(PDA)があり、これは歩行者の横断や飛び出し、自転車やバイク、駐車車両など運転の状況に応じたリスクの先読みをすることで危険に近づきすぎないように運転操作をサポートしてくれるもので、操舵や減速の支援をしてくれるもので、そのほかにはカーブに対する減速支援まで行ってくれるという装備です。

そのほかでは全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールに加え、車線の中央を走行するために必要なステアリング操作の一部をアシストしてくれるレーントレーシングアシスト(LTA)や車線逸脱を警報&アシストで抑制してくれるレーンディパーチャーアラート(LDA)のほか、オートマチックハイビーム、標識検知機能のロードサインアシスト(RSA)、前走車が発進したことをお知らせする発進遅れ告知機能(TMN)、ドライバー異常時対応システムが全てのグレードで標準装備となります。

オプションでプラスできる先進安全装備

一部のグレードでメーカーオプションとして追加することができる先進安全装備としては、Toyota Safety Senseにプラスするかたちで、衝突の可能性が高く自車線内に充分な回避スペースがある場合、ブレーキと操舵のアシストを行って衝突回避を支援する緊急時操舵支援(アクティブ操舵機能付)や、前方の死角をカバーするフロントクロストラフィックアラート(FCTA)、レーンチェンジアシスト(LDA)、パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)、ブラインドスポットモニター(BSM)と降車時に後方から自転車や車両などが接近している際にお知らせをし、スライドドア操作中の場合は動作がストップする安心降車システム(ドアオープン制御付)がセットとなるオプションが用意されています。

オプションで装着できる駐車・走行支援システム「トヨタチームメイト」

Toyota Safety Senseのほかにメーカーオプションとして装着できる先進安全装備としては、駐車・走行支援システム「トヨタチームメイト」が存在します。

こちらは駐車支援システムのアドバンストパーク(リモート機能付はハイブリッド車、リモート機能なしはガソリン車)+パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)と、高速道路や自動車専用道路上での渋滞時、一定の条件を満たすとハンズオフ走行が可能になるアドバンストドライブ(渋滞時支援)の2つで構成されており、どちらも運転時のサポートをしてくれる支援システムとなっています。

前述のToyota Safety Senseとアドバンストドライブの一部のプログラムについては、車両に標準搭載されているDCMによる無線通信により、販売店などに入庫することなく最新のソフトウェアに更新することができるようになっており、機能・性能が段階的に進化し、常に最新の安全機能が提供されることがアナウンスされている点も注目したいところです。

ディーラーオプションでも更なる安心をプラス

ここまでは標準装備、もしくはメーカーオプションとして選択できる先進安全装備をご紹介してきましたが、これ以外にもディーラーオプションとしてプラスサポート(急アクセル時加速抑制)を装着することが可能となりました。

これは障害物の有無にかかわらず、アクセルの踏み過ぎや踏み間違いを検知するとクルマの加速を抑制し、警報とディスプレイ表示でドライバーに注意をするもので、専用のスマートキーでドアを開錠したときのみに動作するため、面倒な操作が不要というものになっています。

そのため、家族で車両を共有するときなど、運転に不慣れな人に専用キーを渡しておくことで、万が一のトラブル時も安心と言えるでしょう。

小鮒 康一|こぶな こういち

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。
国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とするが、実は現行車へのチェックも欠かさない。また、中古車販売店に勤務していた経験も活かし、中古車系の媒体でも活動中。現行車を所持しながらも、NAロードスターも手放さないオールマイティな車愛が持ち味。

小鮒 康一
商品詳細